行動と外見

猫のパーソナリティに関する情報を更新していきます。

0 検索結果

関連順
  • 関連順
  • タイトル順

愛猫はあなたに何を伝えているのでしょう?

猫が言葉を話せれば、飼い主はいろいろな質問ができるかもしれません。「おなかすいてる?」「どうして紙袋に隠れるの?」「どうしてソファで爪とぎするの?」。猫はミステリアスだと言われますが、愛猫の気持ちや行動の理由を理解しようとしてみませんか。体の姿勢や表情、鳴き声など、さまざまな要素に注目することによって「猫の言葉」を学ぶことは可能です。そうすれば猫といっそう仲良くなれるだけでなく、困った行動をやめさせられるかもしれません。

猫の心理と行動

あなたの猫がどのような性格でも、個性的であることはまちがいありません。わがまま、冷静、いたずら好き―どの猫もはっきりとした個性があります。猫の飼い主ならみんな、「猫のすることは面白い」というでしょう。シンクに隠れたり、眠っているあなたの頭をモミモミしたり、キャットフードのかけらにとびかかったり。そんな行動を不思議とか面白いと思うかもしれませんが、猫はただ自分の本能に従っているだけなのです。猫の問題行動で頭を悩ませているのなら、猫はあなたに何かを伝えようとしているのだということを覚えておいてください。愛猫の言いたいことを理解するひとつの方法は、猫のたてる音に耳を澄ますことです。ニャーニャーという鳴き声、ゴロゴロと喉を鳴らす音、シャーっと威嚇する声、唸り声など、どの音も猫の気持ちをうかがい知るためのヒントになります。

猫のボディランゲージ

猫は自分の要求や感情をボディーランゲージで示します。言いたいことが「遊んで」でも「かまわないで」でも、しっぽは猫の気分をそのまま語ります。クエスチョンマークのようにしっぽがカーブを描いているときは、かまって欲しいということですし、しっぽがまっすぐ下を向いているときは攻撃性を表しています。同様に、頭をあなたの足にこすりつけてきたり、仰向けに寝転がるといった仕草は、猫が心地よく、あなたを信頼していることを意味しています。耳も感情がよく表れる場所であり、怒っているときは耳がぺたっと頭にくっつきますし、耳が前向きにぴんと立っているときは、リラックスしていて機嫌がよい時です。