病気の原因?猫がノミやマダニ・蚊・寄生虫と接触するリスクとは?

執筆:
所要時間:

内部寄生虫、ノミ、マダニ、蚊は、ペットが最もよく感染する寄生虫です。これらの寄生虫の中には、猫(特に子猫)に重い病気を運んでいるケースもあるため、愛猫を守るために必要な予防策を積極的に講じることが重要です。

内部寄生虫

多くの子猫は、内部寄生虫を持って生まれてくるか、生後間もなくそれらに感染します。これは、内部寄生虫が子猫の健康に直接的なリスクをもたらし得ることを意味します。母猫か子猫自身がノミを持っている場合は条虫もよくみられます。獣医師と一緒に、これらの寄生虫を子猫から駆除するための定期的な駆虫計画を立てましょう。

ノミ

ノミは猫に咬みついて血を吸い、かゆみと刺激を引き起こします。これは、ノミアレルギー性皮膚炎、皮膚感染症、条虫症、貧血といった問題だけでなく、重度な感染では死亡にすらつながることがあります。

獣医師は、あなたが愛猫をノミから守るための最良の予防策を決める手助けをしてくれるでしょう。

マダニ

この危険な病気のキャリア(保因者)はペットにも人にも寄生し、吸血する宿主に付いたときに病原体を伝播します。

愛猫がマダニと接触したことが疑われるときは、できるだけ早く獣医師に連絡して、治療選択肢について相談してください。

蚊は、ただうっとうしいだけではなく、フィラリア(犬糸状虫)症を伝播したり、その他の医学的な問題を引き起こしたりすることが知られています。

愛猫が蚊と接触するかもしれないと思われるときは、獣医師にフィラリアやその他の寄生虫を予防するために推奨される方法を尋ねてください。

関連記事