会社情報

ヒルズの使命

人とペットの深い絆を、より豊かに、より永らえることに貢献する。

ヒルズのビジョン

コンパニオン・アニマルの栄養面での健康管理における世界的なリーダーとして、世界のペットフード市場のプレミアム製品分野で優位を占める。

ヒルズの哲学

すべてのペットは生涯を通じて愛され、大切にされるべきである

ヒルズの歴史

1頭の盲導犬に導かれて

1930年代末、盲目の青年モーリス・フランクは、米国の慈善団体シーイング・アイ®が訓練する盲導犬を普及させるために、彼自身の盲導犬、ジャーマン・シェパードのバディとともに全国を巡っていました。バディは腎機能障害を患っていたため、フランク青年はマーク・モーリス・シニア博士に助けを求めました。

モーリス博士は、バディの疾患を栄養失調によるものと診断し、妻のルイーズ・モーリスと共に新しいペットフードを自宅の台所で開発しました。

詳細はこちら

ヒルズの伝統

マーク・モーリス・シニア博士

1901年生まれ。臨床栄養学の分野で先見性を発揮。健康面で特定の状態にあるペットの生活を改善するために、栄養学を応用できると信じていました。

マーク・モーリス・ジュニア博士

マーク・モーリス・シニア博士の息子は、父が創設したペットニュートリションの遺産を引き継ぎました。小動物の健康にかかわる栄養学の父として広く知られています。

A veterinarian holds a gray cat.

動物福祉に対するヒルズの取り組み

ペットへの質の高いケアは、栄養補給、獣医師による健康管理、日常の運動、そしてたくさんの愛情で成り立つものとヒルズは信じています。ヒルズで暮らしているペットはすべてそうした環境にいます。

ヒルズは、世界中の犬や猫が長く健康に生きられるように、ニュートリション・テクノロジーの開発において、思いやりのある、動物を傷つけない方法のみを採用しています。

詳細はこちら

 

サステナビリティ(持続可能性)

 

ヒルズの基本理念は、コルゲート・パルモリブの一企業として、持続可能な開発へのコミットメントを確立することです。

 

詳細はこちら

社会への取り組み

ヒルズ・シェルター・プログラム

日本ヒルズ・コルゲートは京都動物愛護センターで保護された犬・猫の救済を目的とした「シェルター(動物愛護)プログラム」に取り組んでいます。

詳細はこちら