子犬に最適な食事を選んであげませんか

子犬の食事は、栄養素、カロリー、美味しさのバランスが最適化されていなければなりません。 また、1歳までの発育期は特に健康な免疫力を保つことが大切です。ここでは免疫力の健康を維持する抗酸化成分をはじめとした、発育期に必要な栄養素など、新しい大切な家族の食事を選ぶポイントをご紹介します。

サイエンスのチカラで 子犬の食事を最適化

人間の赤ちゃんもそうですが、子犬にとっても1歳を迎えるまでは、特別な栄養バランスが取れた食事が必要です。

子犬には特別な栄養ニーズがあります

成長期にあたる最初の1年間に子犬たちは様々な経験を重ねます。だからこそ成長期の子犬に特化した栄養ニーズに応えるフードを選ぶことが大切です。 抗酸化成分(ビタミンE+C)が子犬本来の健康な免疫力維持をサポート。 オメガ-3脂肪酸とDHAは脳と眼の発達を、カルシウムは強い骨格の成長を、そしてたんぱく質が筋肉の成長をサポートします。

また、成長期の子犬はとりわけ活発に活動するため、その後の成犬期以上に多くのカロリー量を必要とします。

犬種サイズによるニーズの違い

犬種によって成長後の体の大きさは異なり、それぞれの将来の成長に合わせた栄養ニーズを満たすことが大切です。大型犬の子犬(25 kg以上に成長)は成長が早く、骨や関節の問題が生じやすい傾向があります。かかりつけの獣医師に相談し、あなたの子犬の栄養バランスが適切か確認してもらいましょう。

発育期に抗酸化成分が重要な理由

1歳までの発育期は犬の一生の土台にあたる部分で、犬はたった半年で人間の15歳相当まで成長します。
また、全国で登録されている600万頭以上の犬の70%超が狂犬病の予防接種を受けていますが、予防接種は免疫刺激となり、「フリーラジカル」を産生させる場合があります。このフリーラジカルと反応し、健康な免疫力の維持を助けるのが、ヒルズのフードにたっぷり含まれている抗酸化成分「ビタミンE+C」です。これは、ヒルズが臨床試験で実証した抗酸化テクノロジーになります。
*出典:厚生労働省 犬の登録頭数と予防注射頭数等の年次別推移(昭和35年~令和元年度)

健康的な給与プラン

毎日の食事をできるだけ決まった時間にすることで、食べ過ぎを防いだり、食事管理もしやすくなります。給与量ガイド*を参考に、適切な給与量を計算しましょう。また、気になることがあれば、かかりつけの獣医師にも相談してみましょう。

 

 

適した食事のタイプ

子犬にとって、味がそのまま食事という行為と結び付けられます。だからこそヒルズは様々な種類のフードをご用意しています。「ペットニュートリションセンター」と呼ばれる研究所で暮らす犬たちに実際に試食してもらい、あなたの大切な新しい家族が飛びつくような美味しさに仕上げています。

関連製品

ヒルズの子犬用フードをブランド別で選ぶ

 

ヒルズのサイエンス・ダイエッ

子犬用フード

年齢や身体の大きさに合わせて栄養バランスを最適化。 健やかな一生をサポートしま
す。


製品一覧

インターネットで買う

お店で買う

ヒルズのサイエンス・ダイエット<プ
ロ>
子犬用フード

病気をよせつけない免疫力*を。健康な本来の免疫力の維持を助ける、抗酸化成分配合の機能性健康食
*ビタミンE+Cを含む優れた栄養バランスで健康を維持し免疫力を保つ

製品一覧

インターネットで買う

お店で買う

子犬のケア

記事とツール

ペットケアセンター