愛犬の関節にこわばりがありますか?

「関節のこわばり」とは、関節部分の正常または異常な摩耗によって生じる関節の変化の総称です。一般的には加齢が原因となりますが、過度な運動や、自然に発症することもあります。関節の痛みは犬たちの毎日の生活に直接影響するため、注意深く観察する必要があります。

関節のこわばりの原因は、軟骨(関節の骨の間のクッションになる組織)が早くすり減ってしまい、修復が追いつかないことにあります。たとえば股関節の軟骨がすり減ると、可動性が低下し、痛みによる歩行障害がひどくなっていきます。関節のこわばりが完全に治ることはありませんが、栄養と適切な運動で関節の健康を管理することは可能です。

 

関節のこわばりの原因は何ですか?

 

関節のこわばりや、関節痛の発症理由はたくさんあります。

 

加齢

加齢に伴って、関節軟骨はどんどんすり減っていきます。そのため関節のこわばりが起こるのは高齢犬のほうが多いと言われていますが、若い犬でも起こることがあります。

犬種

関節のこわばりを起こしやすい犬種があります。「リスクの高い」犬種は、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、ジャーマン・シェパード、ロットワイラーなどです。

過体重

重すぎる体重は、関節と軟骨に過剰な負担をかけます。その結果、関節のこわばりのリスクが高まります。

先天性または遺伝性の異常

犬種によっては、加齢により関節のこわばりを起こしやすい先天性または遺伝性の異常の可能性があります。

事故または外傷

軟骨の外傷は、後になって関節のこわばりを起こし、可動性に悪影響を及ぼすことがあります。

 

関節のこわばりにはどのような症状がありますか?

 

 

次のような兆候に気づいたら、関節のこわばりがあるかもしれません。獣医師の診察をうけることを検討しましょう。

 
  • 階段の上り下りを嫌がる。
  • 散歩中に遅れをとったり、疲れやすかったりする。
  • 座っていたり立っていたりするより、寝ていることを好むようになる。
  • 関節に触れると、クンクン鳴く、うなる、かみつこうとする。

関節と運動

犬にとって、軽度の運動はとても良いことです。関節の自由な動きを保つことに役立つだけでなく、適正体重を維持し、関節への過剰な負担を回避することに役立ちます。これは、関節の健康全般に重要です。

関節に負担をかけすぎないよう、運動量をコントロールすることが大切です。犬たちは広い場所で放すと、喜んでエネルギーの限界まで走り回ってしまいます。その結果、後になって痛みが出て、足を引きずるということになりがちです。しかし、少しだけ走らせて、しばらくリードでつないでゆったりと散歩させるようにするだけでも、運動量をコントロールすることができます。エネルギー発散のための運動量を確保しながら、ダメージを与えることなく関節の可動性を維持することが重要です。

必要以上に運動をさせているのではないかと心配な場合には、獣医師が適切な運動メニューについて相談してみてください。

 

食事の切り替えが有効かもしれません

 

食べている食事も、関節の健康と可動性に影響します。バランスのとれた食事は、犬たちの活動的で健康的なライフスタイルに不可欠です。関節の健康に不安がある場合は、獣医師に最良のフードについて相談してください。

犬との暮らし

お役立ち情報

ペットケアセンター