猫下部尿路疾患とはどのような病気ですか?

猫下部尿路疾患(FLUTD)とは、尿道や膀胱(下部尿路)に関する疾患の総称で、たとえば尿路結石や膀胱の炎症を引き起こすものを含んでいます。

これらの疾患の中で最も多く認められるのは、猫の特発性膀胱炎(FIC)です。特発性膀胱炎の炎症の原因は分かっていませんが、ストレスが重要な因子であると考えられています。

猫下部尿路疾患で尿路感染症がみられることはあまりありません。血尿が見られたら、その原因は感染症ではなく、おそらく膀胱結石や尿道栓子の兆候であることが多いからです。犬の血尿は感染症の兆候であることが多いのですが、猫では若齢から中年に至るまで感染が原因となることはまれです。

猫下部尿路疾患はまた、尿路内の結晶や結石の形成を伴うこともあります。これらは痛みを伴うさまざまな疾患を引き起こすおそれがあります。結石の種類としては、ストルバイトとシュウ酸カルシウムが一般的です。

尿中のストルバイト結晶は、粘液と結合して尿道栓子となることがあります。尿道とは、尿を膀胱から体外へと運ぶ管のことです。

自由に排尿できないときは、尿路が詰まっている可能性があります。この状態は緊急事態です。放置していると命に関わることもあるので、すぐにかかりつけの獣医師に連絡してください。

 

猫下部尿路疾患の症状

 

 

次の症状が見られたら、猫下部尿路疾患が疑われます。獣医師の診察を受けてください。

  • トイレ以外の場所で排尿する(不適切な排尿)
  • 排尿時に力む
  • 膀胱コントロールの喪失(尿失禁)
  • 頻尿(大抵の場合、少量の尿しか出ない)
  • ピンク色もしくは濃い色の尿または血尿
  • 排尿しようとしている時に痛そうに鳴く/声を出す
  • 陰部をなめる
  • 食欲の低下
  • 元気の喪失または日常活動への関心の喪失

 

猫下部尿路疾患に対する栄養面のリスク

 

みなさんが与えているフードは、猫たちの健康にとても重要です。間違ったフードを与えることで、猫下部尿路疾患を発症することもあります。

 

一部のキャットフードに多く含まれるカルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラル成分により、尿中で結晶が形成されることがあり、これが尿路結石の原因となります。

フードは、尿のpHすなわち酸性度に影響します。ストルバイト結晶は酸性環境内では形成されにくいので、尿路の健康のためには、尿はやや酸性である必要があります。

家庭環境によるリスクとその他の原因

 

ストレス

猫はストレスを内に秘めてしまいがちですが、それが痛みのある炎症となって尿路に現れることがあります。ストレスは、来客、他のペットとの対立、休んだり隠れたりできる場所の欠如といった要因によって引き起こされます。

過体重

太り過ぎの猫も猫下部尿路疾患を起こしやすくなります。

少ない水分摂取

飲水量が少ないと尿が濃くなるので、結石が形成されやすくなります。

トイレ

痛みを伴う排尿とトイレを関連づけてしまうことがあります。そうなるとトイレを使わなくなってしまうかもしれません。

 

猫下部尿路疾患の治療、食事管理と再発

 

 

猫下部尿路疾患は重大な疾患です。そのため適切な治療が必要です。幸いなことに、獣医師による治療と適切な猫下部尿路疾患用の特別療法食で栄養学的に管理することができます。

ただし、尿路疾患は、生涯つきあうことになる病気になるかもしれません。尿路疾患の治療を受けたことがある猫は、再発するリスクがあります。適切な治療後でも、症状の再発や定期的な発症を避けられないことがあります。兆候や症状に常に注意し、再発が見られたら獣医師の診察を受けてください。

猫との暮らし

お役立ち情報

ペットケアセンター

 

おしっこの問題で悩まないために

 

下部尿路の悩みは飼い主にも猫ちゃんにも難しい問題です。尿路の健康を保つにはどんなことができるでしょうか。総合栄養食もご紹介します。

詳細はこちら