あなたの愛猫は適正体重ですか?

 

ほんの0.5キロか1キロ重いだけで、健康、幸福度、そして生活の質全般に大きな違いが生まれる可能性があります。どの猫にも、その 大きさと品種に合った適正体重があり、獣医師に尋ねれば教えてくれます。

過体重は、遊び時間の減少と意気消沈につながるおそれがあります。適正体重の猫と比べて、寿命を著しく縮めてしまうことさえあります。糖尿病、骨関節炎、尿路結石、心臓病、呼吸困難、さらには膀胱がんといった、深刻な健康問題を引き起こすリスクが大幅に増大します。

愛猫が太り気味だとしても、それはめずらしいことではありません。日本の飼い猫の3匹に1匹は過体重*なのです。体重の増加は時間をかけて徐々に起こるため、なかなか気づきにくいかもしれません。大切なのは、減量して適正体重になるための手助けをすることです。

*「平成19年 犬猫飼育率全国調査」一般社団法人ペットフード協会

体重が増える原因

 

体重増加は、体脂肪が増加した結果です。この原因の多くは食べ過ぎです。さらに運動不足が重なっている場合もあります。もちろん、他の原因も考えてみましょう。

 

加齢

高齢になるほど活動が鈍くなり、必要カロリーが減少します。健康のためには、栄養を年齢に合わせて調整することが重要になります。

品種

体重が増えやすい品種があります。最も顕著なのはミックス種です。

性別

雌猫の方が太りやすいようです。

内科疾患

ごくまれに、体重の増加が、治療を要する内科疾患に関連していることがあります。

避妊・去勢手術

基礎代謝を低下させることが臨床研究によってわかっています。実際、避妊・去勢手術を受けた猫は、必要カロリーが減少します。しかも不活発なライフスタイルになりがちなので、肥満になる可能性が2倍になります。(ペットに避妊・去勢手術を受けさせることには、多くの重要な健康上の理由があります。体重をこまめにチェックするようにしてください。)

 

食事の与え過ぎ

無制限に食事が食べられる環境にあると、当然のことながら必要以上に食べてしまいます。

食べ過ぎ

多くの市販フードには塩分と脂肪分が加えられていますが、これは味を良くする一方で、暴食の原因にもなります。

食事習慣

「人間の食べ物」を与えると肥満を招くおそれがあります。

運動不足

多すぎるフードと少なすぎる運動は、肥満という当然の結果をもたらします。

 

たとえ過体重の兆候を示していなくても、適正体重が維持されていることを確認するために、動物病院で定期的に体重測定を受けることが重要です。

 

 

 

過体重の兆候

 

 

次の健康診断まで待たなくても、簡単な検査で適正体重を維持できているかどうかを自分で確認することができます。脇腹に手を当ててみてください。肋骨がわかりにくい、またはまったくわからなくなっていませんか? もしそうなら、過体重である可能性が高いです。加えて、次の兆候も確認してみましょう。

  • 腰のくびれがはっきりしない
  • 首輪がきつくなった
  • 歩行が困難
  • 動きが遅い
  • 息切れする
  • 怒りっぽい
  • よく眠るようになった

 

減量させるための方法を考える

 

健康的な減量は、適切な栄養を与えるだけでなく、定期的に運動させることも重要です。あなたと愛猫が一緒に楽しめる運動をいくつかご紹介します。

 

おもちゃで遊ぶ

 

手作りまたは市販のおもちゃを与えることにより、運動を促すことができます。

光をつかまえる

 

壁に白色光の懐中電灯を照らして、遊ばせましょう。赤いレーザー光は目を傷めるおそれがあるので、使わないでください。

パワーウォーキング

 

ハーネスを付けて散歩に連れ出してみてください。猫用ハーネスはペットショップで手に入ります。外では、落ち葉の山などの自然の「おもちゃ」を使って、遊ばせたりジャンプさせたりしましょう。

食事について獣医師に相談しよう

 

食事は適正体重を維持するために最も重要です。減量のためにお勧めのキャットフードや給与量を獣医師に相談し、できる限り守るようにしてください。一度過体重になった猫は太りやすい体質になってしまうため、食事管理がキーとなります。適切な栄養、運動、そして定期的な健康診断と体重測定を基本とした、継続的な体重管理計画を実行しましょう。

anchor

猫との暮らし

お役立ち情報

ペットケアセンター

 


太り過ぎの猫ちゃんのために

 

愛猫を適正体重に戻すために、飼い主としてできることを学びましょう。総合栄養食もご紹介します。

 

詳細はこちら