犬の環境アレルギーと

食物アレルギーを理解する

犬がかゆがっていたり、引っ掻いていたりしていてもごく普通の行動として見過ごしがちです。しかし、このような行動は特定のアレルゲンに対する身体の異常反応を示していることがあります。そしてその多くが、環境要因によるもので、特定の食物に対するアレルギー反応であることは稀だと言われています。

一般的に皮膚の発疹が原因となる引っ掻く行為は、皮膚の乾燥やその他の炎症を引き起こし、皮膚が赤くなったりカサカサになる可能性があります。どのような皮膚アレルギーだとしても、犬にとっては非常に不快な状態であり、一晩中眠れなくなったり、敏感肌をさらに刺激してしまう可能性があります。

幸いなことに、皮膚トラブル用のドッグフードと投薬治療を、獣医師の指導のもとで適切に組み合わせることにより、かゆみを管理し、健康的な皮膚への回復が期待できます。

犬の環境アレルギー

皮膚トラブルの管理において最も難しいことの一つは、アレルギー反応の原因を特定することでしょう。とはいえ、実際のところ犬の皮膚トラブルは環境中の特定物質によって引き起こされることが多いとされています。このようなアレルギーの場合、獣医師の指導のもと、即時に症状を軽減する投薬治療と、フードによる効果的で長期的なケアを組み合わせた集学的治療で対処することができます。

犬の皮膚トラブルにおける一般的な要因

カビ
カビ
ハウスダストマイト
ハウスダストマイト
花粉
花粉
ノミ
ノミ

犬の食物アレルギー

犬における食物アレルギーは、実際は非常にまれだと言われています。事実、犬が持つアレルギーの中で食物由来となるものはわずか10%。しかしながら、まれに特定の原材料に対してアレルギー反応が生じる犬もいます。これは獣医師が行う除去食試験によって特定することができます。このような食物アレルギーに対して最適なフードは、アレルギー反応を引き起こす可能性が低い単一の新奇たんぱく質または加水分解たんぱく質を使用した療法食です。

新奇たんぱく質

一般的にペットフードには含まれていない単一のたんぱく質。食物有害反応や環境要因によるアレルギー反応のリスクを低減します。

VS

加水分解たんぱく質

免疫反応を起こしにくいよう、たんぱく質を細かく分解したペプチド。

犬の食物アレルギーとして一般的なもの

鶏肉
鶏肉
牛肉
牛肉
乳製品
乳製品

犬の皮膚トラブルの兆候を見極めましょう

かゆみを伴う乾燥した皮膚は、環境アレルギーによって大きな問題が生じていることを示す症状の一つです。まれにですが、犬の食物アレルギーの兆候である場合もあります。あなたの愛犬が身体を引っ掻いているのは、特定のアレルゲンへの反応による不快感が原因かもしれません。残念ながら多くの場合、引っ掻くことで皮膚をさらに刺激してしまい、不快感を増幅させてしまいます。

愛犬がアレルギーを抱えているかもと思った時に注意すべき兆候の例:

  • 赤い斑点や吹き出物
  • 薄片状またはうろこ状の斑
  • 脱毛
  • かさぶた、肥厚した皮膚
  • かゆみ、引っ掻く、舐める、こすり付ける
  • 皮膚のにおい
  • 消化器系の症状
  • 涙目と鼻水

皮膚の乾燥やその他の皮膚トラブルを抱えている犬を助ける方法を理解することは容易ではなく、治療方法はそれぞれの診断に応じて異なります。しかし、一般的にはその兆候を緩和し長期的なケアに役立つ療法食と、獣医師による処方薬を組み合わせることが、皮膚トラブルの将来的な再発防止に役立ちます。

アレルギーの管理

愛犬が四六時中かゆみを感じて、不快そうにしている姿を見るのが好きな人はいないでしょう。 多くの飼い主は、犬の乾燥した皮膚やアレルギーによって生じる症状の管理方法を必死に探しています。かゆみを伴う不快感を和らげるには、敏感肌に使える犬用シャンプーなど、家でできる方法を探すかもしれません。しかし、最善策は獣医師に相談することです。獣医師は、皮膚のアレルギーに対応するドッグフードと、症状を迅速に緩和する薬を組み合わせ、シンプルかつ柔軟にケアの方法を提案してくれます。適切なフードは体の内側から健康的な皮膚を保つとともに、犬の皮膚トラブルの兆候を迅速かつ長期的に軽減するのに役立ちます。

人間と同じように、犬も千差万別であることを忘れてはいけません。最善の解決策は、専門家と協力して愛犬特有のニーズに対応することです。犬によっては、治療中に調整が必要となる兆候が繰り返し見られる場合がありますが、そのような場合でも、獣医師が皮膚トラブルを管理する手助けをしてくれるはずです。

アレルギーの原因が不明で、再発防止に役立つフードをお探しの場合は、獣医師に相談することをおすすめします。

新奇たんぱく質

新奇たんぱく質

犬が食物アレルギーを発症することはまれだと言われています。しかしながら、もし食物アレルギーを発症した場合、新奇たんぱく質または加水分解たんぱく質を使用した療法食を与えることで、アレルギー反応を抑えるサポートをします。また、ある種の原材料、例えば卵のたんぱく質は、かゆみを管理するのにも役立ちます!

皮膚の栄養学的管理

皮膚の栄養学的管理

適切な栄養ブレンドによって、皮膚や被毛に栄養を与え健康を維持。かゆみを管理しながら、健康的な皮膚のバリア機能をサポートします。

投薬

投薬

アレルギーケア用のフードによって、皮膚トラブルを長期的に管理するのと同時に、獣医師からかゆみの軽減と、アレルゲンに対する皮膚のバリア機能の強化に役立つ薬が処方されることがあります。アレルギー症状のある愛犬に何を与えるべきかお悩みの場合でも、市販薬は獣医師の推奨のもとで使用することをご留意ください。

参考記事

犬のアレルギーを含むあらゆる皮膚トラブルの詳しい情報はこちらから。今後のより良いケアに役立つ、ヒルズ獣医師チームからの有益な情報をお届けします。

ペットのその先を見すえた皮膚ケアに関しては、獣医師にご相談ください。

 

ヒルズの皮膚ケア関連製品はこちら

 

 
※プリスクリプション・ダイエットは特別療法食です。必ず獣医師の指導のもとに給与してください。