犬の皮膚疾患の一般的な原因

執筆: ジーン・マリー・バウハウス
所要時間:

犬の皮膚トラブルは、非常によく見られます。アレルギー反応によって、絶え間なくかきむしる、舐める、噛む、そわそわするといった症状が生じ、愛犬にとって生活がとても不快になってしまうことがあります。また、適切なケアをしないと脱毛や痛みを伴う病に発展してしまう場合も。PetMDによると、愛犬・愛猫における皮膚炎は、皮膚の症状として最も一般的なものだと言います。

Vet tech examples lab puppy on medical table.

環境要因

犬は時々、かゆみを引き起こす芝生に対して過敏になります。また、水分が皮膚に閉じ込められると、「ホットスポット」と呼ばれる皮膚トラブルを発症することも。これは、被毛が厚い犬や、被毛が長くもつれやすい犬に特によく見られるものです。

ほこり、カビ、花粉、その他の空中浮遊アレルゲンなどの環境要因も、犬のかゆみや不快感を引き起こし、痛みを伴う症状や脱毛を引き起こす原因になります。犬は香水やタバコの煙に過敏になる可能性があるので注意しましょう。

食べ物

食物アレルギーは犬ではかなりまれです。アレルギー反応の原因は、牛肉、豚肉、ラム肉、鶏肉、卵、魚に含まれるたんぱく質、および小麦の植物性タンパク質であることが一般的です。牛肉、乳製品、小麦は犬にとって特に問題となる傾向があります。

食物アレルギーの主な症状は、皮膚の炎症と過剰な掻きむしりですが、嘔吐や下痢などの消化器系の問題が見られる場合もあります。どのような症状でも、愛犬がこれらのいずれかの問題に抱えていることに気付いた場合は、獣医師に相談するのが最善です。

寄生虫

犬はノミの咬傷に対してアレルギー反応を起こす場合があります。これは実際には寄生性皮膚炎として知られるノミの唾液に対する免疫反応であり、過度のかゆみ、炎症、脱毛を引き起こします。

ノミは寄生性皮膚炎の中でも最も一般的な原因ですが、ダニに刺された場合も同様の反応を引き起こすことがあります。犬はツメダニや疥癬などのさまざまな種類のダニから反応を起こしやすいため、寄生性皮膚炎の正確な原因を特定するのは難しいでしょう。ノミやダニを駆除しても症状が改善しない場合は、獣医師に相談して、犬がダニ感染症にかかっていないか確認してください。

感染性

犬は細菌、真菌、酵母菌感染症による感染性皮膚炎も発症することがあります。一般的な原因の1つは、皮膚糸状菌と呼ばれる真菌で、一般的には「白癬」として知られています。もう1つの原因は、マラセチア パチデルマティスと呼ばれる酵母菌感染症で、これは他の健康問題を引き起こす可能性もあります。この種類の皮膚炎の対処には、基礎疾患の治療に加えて、通常、抗生物質や抗真菌薬が処方されます。

対処方法

寄生性皮膚炎は、最も対処が簡単な皮膚症状です。これが愛犬のかゆみの原因であると思われる場合は、ご自宅とすべてのペットにノミ対策を施し、ノミ予防薬を与えてください。しかし、これ以外のアレルゲンや原因を自分自身で診断するのは困難です。そのため、ノミを制御してもなお、犬が制御不能なかゆみ、皮膚の炎症、脱毛に苦しんでいる場合は、獣医師に相談して原因を特定してください。ペットを不快にさせている原因を突き止めるためには、一連の血液検査、皮膚サンプル抽出、またその他の臨床検査が必要となります。

かゆみの根本的原因を絞り込むには、ある程度の試行錯誤が必要になるかもしれませんが、忍耐強く取り組む価値があります。獣医師がかゆみの緩和をサポートする治療用ペットフードを与えるよう勧めることがあります。アレルゲンや原因が特定されたら、ペットの生活環境と食べ物からそれらを取り除くようにしましょう。他の健康上の理由からそれができない場合は、獣医師が推奨する外用の抗炎症剤または内服薬の投与を検討してください。

重度の皮膚損傷や感染の兆候を示す皮膚損傷も、抗生物質による治療が必要な場合があります。また、しばらくの間不快感を緩和することができる専用のシャンプーやリンスを獣医師が勧めることもあります。

皮膚疾患は、犬に大きな不快感を与えます。愛犬が苦しむ様子を見ることは、飼い主にとって耐え難いこと。原因を特定し、獣医師に相談することこそが、ペットの回復と飼い主の安心への第一歩なのです。

Contributor Bio

Jean Marie Bauhaus Contributor Bio Image

ジーン・マリー・バウハウス

 

作家、フリーランスのライター兼編集者。オクラホマ州タルサの自宅オフィスにて、ペットたちに見守られながらペットやペットの健康について執筆活動に勤しんでいる。

関連記事

  • 食物アレルギーの徴候

    Dogs running 特定の食物に対するアレルギーまたは不耐性が疑われる犬に見られるいくつかの一般的徴候と、その場合の必要栄養素の摂取方法をご説明します。
  • トイプードルの病気

    トイプードルの病気について。「トイプードルの目の病気」「トイプードルのてんかん」「トイプードルの副腎皮質機能亢進症」など。
  • チワワの病気

    チワワの病気について。「チワワの膝蓋骨脱臼」「チワワの水頭症」「チワワの尿路結石症」「チワワの低血糖症」など。
  • 犬の腎臓病について、知っておくべきこと。

    腎臓病や腎不全は、犬の死因となることがあります。犬の腎臓病について知っておきましょう。