犬の腎臓病とは?

 


犬の腎臓は、血流からの老廃物の除去や、体内の水分とミネラルの正常なバランスの維持といった重要な役割を果たしています。その役割を果たせなくなるのが腎臓病です。進行すると生命に関わることもあります。


腎臓病は、腎臓の機能障害が進行して腎臓が正常に働かなくなってしまう状態をいいます。腎臓が本来の機能を果たせなくなると命を脅かす結果を招きます。犬の腎臓病の中で最も多く見られるのは慢性腎臓病(CKD)と呼ばれるものです。

腎臓病の早期発見

早くから腎臓病の兆候を示す犬もいますが、重篤な病気の兆候は腎機能の75%が失われないと現れません。腎臓病を早期に発見することが重要なのはそのためなのです。

発見が早ければ、根本原因に対処するための時間が多く得られ、早い段階から病気の進行を遅らせることができます。多くの場合、診察の時点で発症から時間が経っています。ただし生涯にわたって続くこの病気は、適切な栄養を与えることによって良好に管理することが可能です。

重要:のどの渇きの増加(水を以前よりも多く飲むようになる)は、腎臓病の最初の兆候の可能性があります。他にも、下記の症状に気づいたら、すぐにかかりつけの獣医師に相談してください。

犬の腎臓病の原因は何ですか? 

 

年齢

犬が腎臓に問題を起こす確率は、10~15歳では2倍になります。

フード

リン、ナトリウムおよびタンパク質の含有量が多いドッグフードは、慢性腎臓病の進行を早める可能性があります。

犬種

特定の腎臓病を起こしやすい犬種がいます。

 

犬の腎臓病の症状

 

 

腎臓病の症状は、識別するのが難しいかもしれませんが、次のどれかに気づいたときは腎臓に問題がある可能性があります。これらの症状のどれかを目にしたら、獣医師に相談してください。

  • 多飲多尿
  • 食欲の低下
  • 体重の減少
  • 口臭と口の痛み
  • 体重の減少と脱力
  • 嘔吐と下痢

腎臓病と診断された場合、おそらく獣医師はその病気が急性か慢性かを説明してくれます。
急性腎臓病:犬の急性または突然の腎疾患は、以下が原因で起こることがあります。

  • 失血
  • ショック
  • 外科的侵襲
  • 外傷
  • 重度の脱水
  • 毒物
  • 薬物
  • 尿路閉塞
  • 感染

慢性腎臓病:慢性または長期にわたる腎臓病は、上記の因子に加えて、犬種の特性や遺伝的傾向なども考えられます。さらに栄養因子や免疫系の欠陥などが関係して引き起こされることもあります。慢性腎臓病は進行性かつ不可逆性です。

栄養はどう役立つ?

フードは愛犬の健康維持に重要な役割を果たします。もし腎臓病と診断されたなら、タンパク質、リンおよび塩分の量を減らしたフードへの変更が病気の管理に役立つ可能性があります。リンの制限は、腎障害の臨床症状と進行の管理に特に重要であると考えられます。タンパク質量を減らすことも、正常な酸塩基平衡の維持に役立つ可能性があります。


腎臓に問題がある場合、適切な栄養は愛犬の生活の質に良い影響を与えることができます。腎臓病に配慮している特別療法食が愛犬の腎臓の健康に役立つかどうか、獣医師に尋ねてみてください。

anchor

犬との暮らし

お役立ち情報

ペットケアセンター