食事でいたわる犬の肝臓病。慢性腎臓病と急性肝不全の違いとフードの重要性

Published by
所要時間:

腎臓は忘れられがちな臓器ですが、生命維持には欠かせない大切な内臓です。血液中の老廃物を取り除き、体液の調節を行なっています。腎臓がうまく働かなくなると、愛犬の命取りになりかねません。

腎臓病とは?

腎臓は、血液から老廃物を取り除き、体液とミネラルの正常なバランスの維持を行っている非常に重要な器官です。腎臓がダメージを受けた状態を腎臓病と呼びます。早くから腎臓病のサインを示す犬もいますが、多くは腎臓の機能の75%以上が失われて初めて明らかな病気のサインを示すようになります。特に7歳以上の犬で早期発見が非常に重要になってくるのは、これが理由です。腎臓病の診断に必要なのは、簡単な血液検査と尿検査だけです。

犬の腎臓病の原因は?

腎臓は、外傷、感染、毒素、がんなど、さまざまな原因によってダメージを受けます。通常、ダメージは不可逆的です。犬の腎臓病はよくある病気ですが、早期に発見と治療を行えば、進行を抑えて何年も幸せに生きていくことができます。次のような要因が腎臓病を起こしやすくすると考えられています。

年齢:犬では7歳を過ぎると腎臓病になる確率が高くなります。

食事:リン含量の高いドッグフードやタンパク質の多いドッグフードは、腎臓病の進行を早めることがあります。

犬種:イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ブル・テリア、ジャーマン・シェパード・ドッグなど、一部の犬種ではある種の腎臓病が発症しやすくなっています。腎不全と診断されたバディくんという特別なジャーマン・シェパードの話については、こちらから読むことができます。

環境:ある種の消毒剤を含む化学物質、凍結防止剤、鉛塗料、人用の医薬品には、腎毒性を示すものがあります。

うちの犬の腎臓は大丈夫?

腎臓病の症状は気づきにくく、次のようなサインが現れたら腎臓病かもしれません。気づいたら獣医師に相談しましょう。

  • 飲水量と尿量が多くなった
  • 食欲が低下してきている
  • 体重が減っている
  • 口臭がある
  • 嘔吐または下痢することがある
  • 口内炎がある
  • 力が入らない
  • 活力が低下し、眠ってばかりいる
  • 被毛につやがなくなった
  • 元気がない
Common signs of kidney disease

腎臓病と診断された場合、獣医師は急性慢性かを判断します。

急性腎臓病:急性的または突然起こる腎臓の障害で、次のような原因が考えられます。

  • 大量出血
  • ショック
  • 手術のストレス
  • 外傷
  • 重度の脱水
  • 中毒
  • 薬物
  • 排尿障害
  • 感染

慢性腎臓病:慢性的または長期の時間をかけて生じる腎臓の病気で、上述の原因に加えて、犬種や遺伝的素因に栄養因子、免疫系の障害が合わさって生じることがあります。慢性腎臓病は、進行性で不可逆的な疾患です。

困ったことに、腎臓病の症状の多くは、腎機能の75%以上が失われて初めて現れるようになります。一度慢性腎臓病になると、元の健康な状態に戻すことはできません。

重要:腎臓病の早期は、サインや症状が現れることがありません。水をよく飲むというのが腎臓病で一番早く現れる症状のときがあります。このサインまたは上記の症状のいずれかに気づいたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

治療:栄養管理の重要性

愛犬が食べる食事は、全体的な健康や幸福度に大切な役割を果たしています。愛犬が腎臓病と診断されたら、食事中のタンパク質、リンおよび食塩の量を制限することが病気の管理に役立ちます。特にリンの制限は、臨床症状の重症度と腎損傷の進行の緩和に大切です。また、タンパク質の制限は、酸塩基平衡の回復に役立つことがあります。バランスのとれた食事は、活発で健康的なライフスタイルに欠かせません。腎臓に問題がある場合は、正しい栄養が愛犬の生活の質にプラスの効果をもたらします。正確な診断と治療の選択肢については、必ず獣医師に相談し、腎臓の健康に最適なドッグフードを処方してもらうようにしましょう。

獣医師に確認しましょう:

  1. 腎臓病で避けるべき食事はありますか?
    • 人の食事が犬の健康にどう影響するか聞いてみましょう。
  2. 腎臓の健康にヒルズのプリスクリプション・ダイエットを勧めていますか?
    • 愛犬の食事で特に心配なことを聞いてみましょう。
    • 処方されたドッグフードの給与量と給与回数について確認しましょう。
    • どのようなおやつなら一緒に与えてもいいか聞いてみましょう。
  3. どのくらいで症状に改善が見られるようになりますか?
  4. 腎臓病に関するガイドブックやパンフレットはありますか?
  5. 質問があったらどのように連絡を取るのが一番ですか(メールまたは電話など)?
    • 経過観察のための受診が必要か確認しましょう。
    • 確認メールや通知を送ってくれるか聞いてみましょう。

関連記事

  • 犬や猫はインフルエンザにかかるのか?

    180680638 乾燥して寒い冬に気を付けたいのがインフルエンザです。このインフルエンザ、犬や猫にも感染するのでしょうか?
  • 犬って花粉症になるの?

    春に向け、暖かくなり始めると花粉症でくしゃみをする人が増えますね。 犬も人間と同じように「花粉症になるのでしょうか。」 アジア獣医皮膚科専門医 村山信雄先生にお話を伺いました。
  • トイプードルの病気

    トイプードルの病気について。「トイプードルの目の病気」「トイプードルのてんかん」「トイプードルの副腎皮質機能亢進症」など。
  • 犬の腎臓病について、知っておくべきこと。

    腎臓病や腎不全は、犬の死因となることがあります。犬の腎臓病について知っておきましょう。