あなたの猫はかゆがっていませんか。皮膚は乾燥していませんか。

 

猫の被毛は、清潔でフワフワしていて、手ざわりが柔らかく滑らかなのが理想です。なでた時に、赤み、しこり、フケ、その他の炎症の徴候が見られたら、治療が必要な皮膚疾患にかかっている可能性があります。普段よりも多く掻いたり、舐めたり、かゆがったりしている部分がないか、注意深く観察してください。

 

 

かゆみの原因は何でしょう

 

皮膚のかゆみや乾燥には、様々な原因が考えられます。炎症の兆候が見られる場合は、獣医師に相談してください。正確な原因を突き止めるために検査を勧められるかもしれません。よくある原因として、次のようなものがあります。

 

食物不耐症

フードに含まれるある種のタンパク質に対する反応として起こることがあります。

その他のアレルギー

ほこり、花粉、カビなどの「吸入」アレルゲンに対するアレルギーかもしれません。またノミ治療薬が「接触」アレルギーを起こすこともあります。

寄生虫

ノミ、シラミ、ダニは、どれも皮膚に刺激を与えます。寄生虫に噛まれると、それが刺激となって、猫は自分を噛んだり引っ掻いたりして、皮膚を傷つけます。

ホルモンバランスの異常

ある種のホルモンが多すぎたり少なすぎたりすると、皮膚の問題を起こしやすくなることがあります。これらのバランス異常は、専門的な治療が必要な深刻な疾病から来ている可能性もあります。

感染症

細菌感染は皮膚の問題を引き起こすことがあります。

 

しっかりチェック。皮膚の問題

 

 

猫を飼っている方なら、猫がいつも自分の被毛を清潔に保とうと励んでいることをご存知でしょう。外見はきれいに毛づくろいされているため、愛猫を悩ませる皮膚状態になかなか気づくことができないかもしれません。実際、次の症状のどれかを目にするまで、皮膚の問題に気づかない場合も多くあります。

  • 紅斑、発疹、吹き出物
  • かさぶた、角化、皮膚の肥厚
  • 乾燥した、粉を吹いた、またはうろこ状の斑
  • 脱毛
  • 皮膚がにおう
  • かゆがる、引っ掻く、よくなめる、こすりつける

 

かゆがっているとき何ができるでしょう

 

害虫の検査をする

 

マダニ、ノミ、ダニ、シラミ、その他の寄生虫について被毛と皮膚をよく調べてください。どれかが見つかったら、獣医師に相談して、適切な治療を受けてください。

アレルギーを考慮する

 

害虫が見つからず、かゆがる以外は健康なら、花粉、ほこり、カビといった環境内の何かに対するアレルギー反応が原因かもしれません。アレルギー性皮膚炎で、皮膚の炎症がなめることや掻くこと、脱毛や乾燥してかさついた皮膚の原因になっているのかもしれません。

良質な食事を与える

 

愛猫の皮膚状態の原因が栄養とは無関係でも、皮膚過敏症用の高品質の食事はきっと役に立ちます。皮膚の管理と保護に役立つ良質のタンパク質、必須脂肪酸、抗酸化成分を含んだ食事を探してください。

 

獣医師に相談する

 

皮膚疾患の原因は、寄生虫、アレルギー、ホルモンバランスの異常、細菌感染、ストレスなど多種多様です。あなたの愛猫にはどんな健康管理や治療方法があるのか、その選択肢について獣医師に相談し、食事の切り替えが役立つかどうか尋ねるようにしてください。

anchor

猫との暮らし

お役立ち情報

ペットケアセンター