愛犬は食物アレルギー?

執筆: ジーン・マリー・バウハウス
所要時間:

市販されている多くのドッグフードはアレルギーに良いと謳っていますが、どれほど信憑性があるのでしょうか。犬の食物アレルギーはどのくらい一般的?低アレルゲンのドッグフードは愛犬に適している?この記事を読んで、犬の食物アレルギーについての真実と低アレルゲンドッグフードの本当の意味を知りましょう。

犬の食物アレルギーのせい?

人は犬の皮膚の問題を食べ物のせいにすることがよくありますが、タフツ大学のカミングス獣医センターによると、実際のところは、犬の食物アレルギーはそれほど一般的ではないようです。ペットのアレルギーにおいて最も一般的な原因は、ノミ、ハウスダストマイト、草、花粉、その他の環境要因を含む環境要素です。愛犬のアレルギーが冬の間は解消したり、ノミの季節の最盛期に悪化したりする傾向がある場合、そのアレルギーは環境アレルギーの可能性があります。しかし、実際に食物アレルギーは、環境アレルギーと同様に皮膚や耳の問題を引き起こすことがあるため、フードが原因であるかどうかを判断する前に、他の種類のアレルギーを確実に除外できるよう獣医師にサポートしてもらいましょう。

Hand of woman holding a bowl with food for dog waiting for meal食物アレルギーと食物不耐性

アレルギーと不耐性の違いに注意することも重要です。乳糖などの特定の種類の食物に耐えられない場合、その食物を適切に消化するために必要な消化酵素が不足していることを意味し、嘔吐や下痢などの胃腸の問題が発生する可能性があります。一方、アレルギーは免疫反応です。犬がアレルギーのあるものと接触すると、免疫系はアレルゲンを攻撃する過剰反応状態になり、皮膚の問題、かゆみ、脱毛を引き起こします。犬が食物アレルギーではなく食物不耐性に苦しんでいる場合は、低アレルゲンの犬用フードが役立つ可能性は低いでしょう。ペットに最適な解決策を見つけられるよう、獣医師に診てもらうことをお勧めします。

食物アレルギーの原因は?

タフツ大学によるとによると、「食物アレルギーは、動物の免疫系が食物からのたんぱく質を食物ではなく侵入者と誤認した場合に発生する。この反応の結末として、皮膚のかゆみ、耳や皮膚の感染症になるペットや、嘔吐や下痢が生じるペットもいる」 とのことです。免疫反応が引き起こされると、そのタイプのたんぱく質が体内に入るたびに反応が強くなります。つまり、犬がその特定の食物を食べるたびにアレルギーが悪化する可能性があるのです。

ドッグフードに含まれる一般的なアレルゲン

タフツ大学によると、犬のアレルギー反応を引き起こす最も一般的な食品は、牛肉、乳製品などの動物性たんぱく質とのこと。ラム、豚肉、魚はアレルギーを引き起こす可能性はあるものの、それほど高くありません。一部の犬は、小麦やトウモロコシにアレルギーがあることが証明されていますが、実際には一般的に信じられている定説よりもはるかに少なく、オーツ麦や米などの他の穀物がアレルギーを引き起こす例は非常にまれです。

犬の食物アレルギーの診断

French bulldog eating food out of blue dog food bowl.残念ながら、食物アレルギーについて犬をテストする信頼性の高い方法はありません。愛犬がどの食物にアレルギーがあるかを決定する唯一の方法は、除去食試験になります。一般的に、犬の通常の食事には含まれていない種類の肉や炭水化物を含む特別な限定成分のドッグフードが獣医師から処方され、犬の様子を確認します。この特別な食事プランで症状が解消された場合、しばらくしてから、従来のフードに戻してアレルギー症状が再発するかどうかを確認するよう、獣医師から指示されます。もし再発したら、食物アレルギーであることが確定されます。

次のステップは、アレルギー反応を引き起こしている成分を特定することです。そのために、限られた成分のフードに再び戻す必要があります。犬の症状が治まったら、獣医師の指示にしたがって、アレルギー反応を引き起こす成分を特定するために、従来のフードの成分を一度に一つずつ戻していき、結果を観察します。

除去食試験の間は、推奨されたフードだけを与えることが非常に重要となります。除去食試験でアレルギーの判定に失敗する最もよくある理由は、「家族の非協力」。つまり、犬のおやつ、食べ物のくず、違うドッグフードなど、獣医師が直接推奨しなかったドッグフードを与えてしまうことです。アレルギーの診断が有効になるようにするためには、試験中にこれら1つでも犬に食べさせてはいけません。人間の場合で言うと、ナッツアレルギーのある人はピーナッツを一個でも食べることはできませんよね?同じことが犬にも当てはまります。犬の食物アレルギーの原因を完全に特定するには(存在する場合)、できるだけ厳しくする必要があるということ。家族全員が協力しなければならないのです。愛犬がクリクリとした目で懇願するように座っているのを見るとつらいですが、アレルギーの原因が特定できれば辛抱する価値があるでしょう。除去食試験にかかるのは通常​​約12週間。その後、獣医師は以前のアレルギー兆候が出ていないことを確認します。

自己診断

愛犬が食物アレルギーや環境アレルギーなど、なんらかの種類のアレルギーを発症していると感じた場合は、最善の診断ができるようにかかりつけの獣医師に確認することが重要です。自己診断は役に立たないか、場合によっては危険な場合もあります。食物アレルギーと環境問題は同じ兆候を示す場合があるため、適切なテストなしではどちらが原因であるかを知ることは困難です。人間の場合とは異なり、犬のアレルギー検査の信頼性がはるかに低いのが現状。そのため、健康問題の具体的原因を特定するために、犬を何に触れさせるか、また犬の健康状態を観察する方法を、獣医師から具体的に指示されることが多いでしょう。

獣医師にたよらず、自分自身で成分限定食(LID)を選んで試してみようと思うかもしれませんが、これもいくつかの理由でお勧めできません。1つ目に、不耐性とアレルギーの違いがあります。適切なテストを実施できなければ、本当の原因を知ることは困難です。2つ目の理由は、成分限定食でもアレルゲンのコンタミネーションが生じる可能性があるためです。たとえば、犬が鶏肉にアレルギーがあると思われ、ラム肉や鹿肉に切り替えると、犬の調子が良くなる可能性もありますが、多くのペットフード会社は同じ機械を使用して鶏肉製品の犬用フードを製造しているため、ラム肉入りフードに鶏のアレルゲンが混在している可能性があるのです。前述したように、たとえ少量であってもアレルゲンを摂取すると、犬の全身に影響を及ぼす場合があります。アレルギーについて尋ねるときは、獣医師の厳格な指示に従うことが最善である理由はこのためです。

低アレルゲンドッグフード

食物アレルギーが確認された場合、獣医師は低アレルゲンのドッグフードを推奨します。このような種類のフードは、クロスコンタミネーションを避けるために特別な措置がとられています。また、低アレルゲンのドッグフードは加水分解されます。つまり、犬の身体がアレルゲンとして認識できない小さな分子レベルにたんぱく質を分解するのです。このようなフードは獣医師に相談する必要があります。たんぱく質に配慮した食物アレルギー用のドックフードを始め、健康状態に合わせた様々なドックフードをご用意しております。商品詳細はヒルズのドッグフードのページをご覧ください。

市販フードの中にはアレルギーに良いと謳ったものや、環境アレルギーの抑制に役立つというサプリメントが含まれているフードもありますが、これらのフードは食物アレルギーの治療には理想的ではありません。成分限定食の場合と同様、将来それらにアレルギーを起こさないことを保証するものは何もないからです。これらのドッグフードは、療法食よりも規制が緩いため、アレルギー反応を引き起こす物質が混入している可能性があります。また、市販のグレインフリーのドッグフードによる低アレルゲンの謳い文句にも注意したほうがよいでしょう。犬の食物アレルギーを引き起こす可能性が最も高いのは、穀物ではなく動物性たんぱく質であることを覚えておいてください。

ドッグフードアレルギーは一筋縄ではいきません。しかし幸いなことに、ドッグフードアレルギーは犬が苦しむ可能性が最も低いタイプのアレルギーでもあります。犬がアレルギーの兆候を示している場合は、フードを変える前に獣医師に相談してください。食物アレルギーがあることが判明したとしても、獣医師の指導なしにフードを変えると診断が難しくなる場合があります。

Contributor Bio

Jean Marie Bauhaus

ジーン・マリー・バウハウス

オクラホマ州タルサでペットを飼う、ペットブロガー兼小説家。いつもペットたちに見守られながら執筆活動に勤しんでいる。

関連記事