お家でできる猫の健康チェック

執筆:
所要時間:

Cat healthcare starts at homeお家でのケアは子猫の健康にとって動物病院と同じくらい重要です

子猫の健康は、まず家庭における日々の日常的なケアから始まります。予防が治療に優るというのは人間と同じです。普段から子猫の様子をよく観察しましょう。いざというとき、に情報を伝えられるのは、子猫のことを一番よく知っている飼い主さんにほかなりません。

 

最大のポイントは慣れること

動物の医療とヒトの医療で大きく違うことは、動物は具合が悪いからと言って訴えたり、積極的に診察や治療をさせてくれるわけではないということです。そのため、普段からお手入れされたり、体のあちこちをチェックされたりすることに慣れておいてもらうことがとても重要になります。また、健康チェックで注意すべき点をいくつか挙げておきます。

 

体重変化に気をつける

子猫は成長とともに体重も増えてくるものですが、必要以上に太ったり、あるいは痩せてきている等の変化はないでしょうか。そのような場合、何らかの異常の兆候である可能性もあります。子猫の体重と成長の記録を付けておくと、そういった変化に気づきやすく、成長が順調かどうかを確認することができます。子猫の成長の追跡方法を獣医師に尋ねておくのもいいことです。

子猫の体重について心配なことがあるときは、獣医師に相談しましょう。

 

被毛に異常がないか


健康な子猫の被毛はツヤツヤとしています。カサブタやフケが目立つ、あるいは、毛が薄くなったりしていないか、切れ毛がないか等もチェックしてください。ノミやノミの糞は付いてませんか。被毛がパサついてツヤがなかったり、毛がもつれたりしていませんか-もしこういったことがあれば、栄養不足、あるいは何らかの寄生虫や感染症などの病気のサインかもしれません。心配なときは獣医師に相談しましょう。

目と耳のチェック

子猫の目をよく観察し、目の充血がないか、目やにが出ていないかチェックしましょう。瞼の内側の粘膜の色も忘れずにチェックしましょう。きれいなピンク色で腫れたりしていないのが正常です。

次に耳を見てみましょう。目立つ汚れや強い匂いはありませんか。また頻繁に掻いたりして耳にひっかき傷があったりしませんか。正常でも多少の耳垢がつくことはありますが、通常は一度拭けば頻繁に汚れることはありません。子猫では(場合によっては成猫でも)耳ダニの感染症がみられることがあります。耳を痒がる、耳垢が多いなどの場合にはすぐに動物病院に受診しましょう。

子猫の目や耳について心配なことがあるときは、獣医師に相談しましょう。

 

歯と歯茎のチェック

片方の手で頭を優しくおさえて、もう片方の手で下顎を押すようにして口を開きます。歯や歯茎を観察し、歯茎がピンク色で健康に見えるか、歯に歯石(黄色または茶色に見えます)が蓄積していないかチェックします。子猫の歯には歯石が付いていないのが普通です。併せて、舌の様子もよく観察し、口臭がないかもチェックしましょう。

猫では後々歯の問題がよく見られます。週3回、子猫の歯磨きを習慣にしておくと予防に大いに役立ちます。猫が好む味の歯磨き用ペーストやジェルのほか、猫向けに作られた猫用歯ブラシなども市販されていますので、動物病院で相談してみましょう。

成猫用のキャットフードの中には、歯垢や歯石のコントロールに役立つように設計されているものもあります。動物病院で相談してみましょう。

子猫の爪と肉球も忘れずにチェックしましょう。
肉球に切り傷やひび割れはありませんか。
また爪が伸びていて爪切りが必要ではありませんか。

子猫の正常な状態を知っておきましょう。

いかがでしたか。おそらく、家庭での健康チェックの一番大事なことは、子猫の「正常」がどんな状態かを知っておくことの一言につきるでしょう。例えば、今までは気づかなかった腫れやしこりを見つけたりしたことはありませんか。何か心配なことが見つかったときは、すぐに獣医師に連絡するようにしてください。

Contributor Bio

高橋智司

編集責任者: 高橋智司
アソシエイト ディレクター  獣医師
プロフェッショナル獣医学術部
日本ヒルズ・コルゲート株式会社

関連記事