猫の避妊・去勢手術。手術後に猫の性格は変わってしまうの?

執筆:
所要時間:

避妊・去勢は、あなたにとっても最愛の動物たちにとっても好ましい恩恵があります。猫の場合にはどんな利点があるのでしょうか。まず、望まない繁殖をを防ぎぐことができ、ます。その結果、心配の種はきっと減軽減されることでしょう。

避妊・去勢手術とは、獣医師が手術を行い、猫に妊娠をさせないようにしますることです。雄の場合を去勢、雌の場合を避妊といいます(両方を合わせて避妊去勢といいます)。

受け入れがたいことですが、現在、里親が必要な猫を引き取る家庭の数はまったく足りていないのです。アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)によると、施設に保護される猫の頭数は年間で340万頭に上るそうです。自分の猫の避妊・去勢を行うことで、過剰に増えた猫をこれ以上増やさないようにすることができます。でももっと大切な点は、避妊・去勢により病気の心配が減り、健康な毎日を送ることができす。

避妊・去勢の利点

病気を予防

雌猫では、初回発情周期(繁殖できるようになること)が来る前に避妊を行うと、子宮頚がんになる確率が大きく低下します。また、卵巣を除去するこのですから、卵巣がんが発生する確率はゼロになります。さらに、がん細胞の増殖を促進するホルモンの濃度が低下するため、乳がんになるリスクも減ります。

交尾という猫の自然な行動によって伝播する病気もあります。VCA動物病院によると、猫白血病と猫エイズは咬傷を介して感染猫から他の猫に伝染する2種類の病気です(人のエイズや白血病とは異なり、猫から人に移ることはありません)。交尾や縄張り争いなど、猫同士がケンカする機会をなくすことで、これらの不治の病の感染を未然に防ぐことができます。

ケンカが減る

未去勢の雄猫は、ホルモンに突き動かされるまま交尾相手を探します。そのため侵入者からは、必要以上に縄張りを守ろうとします。その結果、同じ家に複数の未去勢雄が同居している場合は問題が発生しがちになります。特に発情中の雌猫が近くにいる場合、ケンカが起こりやすい傾向があります。去勢することによって、このような攻撃的な本能を抑制することができます。two cats, one mad,(some noise at full size)

徘徊しにくくなる

発情中の雌猫は、ホルモンの作用と本能にしたがって交尾相手を探し求めます。もし単頭飼育だとしたら、あなたがドアを開けるたびに外に逃げ交尾相手を探そうとするでしょう。雄も同様です。ホルモンと交尾本能に支配されているため、同じようになんとか逃げようします。屋外では、雄も雌も相手を探している最中に道路を渡ろうとして事故に遭う危険性もあります。避妊・去勢をしていれば、この徘徊癖を減らすことができるため、安全で心地のよいソファの上であなたにもたれて幸せに静かに時間を過ごしてくれるでしょう。

より清潔な住環境

雄猫は自分の縄張りを示すために壁や柱などの垂直面にマーキングを行います。未去勢猫のきつい尿臭は、ここが自分のテリトリーであることを他の雄猫に警告します。雌猫に対しては、待っているよと知らせる役割をます。果たしています。未去勢猫が家にいるとた場合、こういった臭いや汚れの問題が起こりやすくなるかもしれません。去勢をしていれば、マーキングしようとする本能が抑えられ、臭いも弱くなります。

雌猫も発情期に分泌液を出します。この分泌物には、交尾の準備が整った雌が近くにいることを雄猫に知らせる香りが含まれています。避妊をすることで、このような問題を解決することができます。

避妊・去勢はいつ行う?

かかりつけの獣医師が、避妊・去勢に最適な年齢を教えてくれます。一般的には、性成熟に達する頃に手術を行う獣医が多いようです。

どんなことが起こるの?

避妊・去勢手術は、動物病院にて全身麻酔下で行われます。そのため獣医師から術前および術後のケアについて説明と具体的な指示があります。手術前日の夜から食事と水を与えないようにし、予約時間に病院に連れて行きましょう。

手術中は麻酔をかけられているため、猫は自分に何が起こっているか感じることも知ることもありません。雄猫の場合は、陰嚢を小さく切開し、中にある精巣を取り除きます。術創は吸収性の縫合糸または外科用接着剤で閉じます。雄の場合は、何か合併症や問題が起こらない限り、手術当日の夜には帰宅することができます。その場合は、獣医師が夕方迎えに来るよう指示をくれるでしょう。

雌猫の場合は、卵巣を取り出すため(子宮も一緒に切除することがあります)、大きな切開が必要になります。腹腔を開けるため、通常は、様子見のために一晩入院が必要です。一般的に、翌日には退院することができます。

首の周りにエリザベスカラーというプラスチック製の円錐形の保護具を装着する場合があります。これは治りかけの術創を引っ掻いたり、かじったり、舐めたりしないよう保護するためのものです。特別な投薬や術後管理を必要とすることはほとんどありません。ただし、獣医師から術後チェックのため来院するよう指示を受けたら、予定日にきちんと連れて行ってあげましょう。

愛猫が変わってしまうことはある?

おそらくないでしょう。避妊・去勢後は、すぐ元通りに遊ぶようになるでしょう。ずっと一緒に暮らしてきた大好きな猫ちゃんと変わらないので安心してください。

避妊・去勢後の食事

避妊・去勢を行うと体重が急に増えやすくなることがあるため、十分な運動量を維持し、適切な食事を与える必要があります。ヒルズのサイエンス・ダイエット™ アダルト 避妊・去勢猫用には、最適な体重を維持するために必要な栄養素とカロリーが適切なバランスで配合されています。

猫の避妊・去勢は、問題よりも利点がはるかに上回ります。確かに愛猫に手術を受けさせることは不安かもしれませんが、望まない繁殖、迷子、他の動物とのトラブルといった、不安よりも大きいリスクを考えると、それだけの価値があるでしょう。もし、避妊・去勢をまだ行なっていないのなら、かかりつけの獣医師に相談してみてください。

筆者紹介

ジーン・グルナート

ジーン・グルナート

 

ジーン・グルナートは、バージニア州在住の作家・ブロガー・フリーランスライター。バージニア州にある7ヘクタールの農場で6頭の保護猫とシャドウという名前の保護犬1頭と暮らしています。

 

関連記事