犬の適切なシャンプーの頻度は?

Published by
min read

犬はどのくらいの頻度でシャンプーするのがベストなのでしょうか?一般的には月に1~2回程度と言われていますが、どの犬にも通用する共通の答えというのはありません。人間にも、汗っかきの人、乾燥肌の人など体質に個人差がありますが、犬は人以上に多くの種類があり、体質のバリエーションも豊富です。

犬のシャンプーの頻度を決めるポイントとは?

バブルバスでオレンジと白のチワワシャンプーをする、しないに関係する要素としてまずぱっと思いつくのは、被毛でしょうか。たとえば、一般に短毛のスムースコートの犬は、特別皮膚に問題がなく健康であれば、頻繁な入浴は必要ありません。とはいっても、どんなに長くても2か月に1回はシャンプーした方がいいでしょう。愛犬をシャンプーすることは、皮膚のトラブルが起きていないかどうか、場合によっては深刻な健康トラブルにもなり得るできものやしこりができていないかどうか、全身チェックをするとてもよい機会です。

状況によっては、やや頻繁にシャンプーが必要なこともあります。ここでは、犬のシャンプーの頻度を増やしたほうがいいかどうか判断するときのポイントをご紹介します。

犬の生活スタイル

犬が非常に活発で、屋外で過ごすことが多い場合は、当然のことながら汚れやすいですから、おそらく普通より多くシャンプーが必要になるでしょう。

被毛または皮膚のタイプ

アメリカンケネルクラブ(AKC)によると、一般的に長毛の犬種や毛が直毛ではなくカールあるいはウェーブしている犬種は、毛がもつれたり毛玉になってしまうのを防ぐために、シャンプーやグルーミング(全般的なお手入れ)が通常よりも多めに必要です。AKCはまた、これらの犬種の被毛を維持するためには、少なくとも4~6週間に1回はシャンプーして、その合間には定期的にブラッシングすることを勧めています。一方で、ラブラドール・レトリーバーのような短毛の犬種は、皮膚トラブルなどがない限り、そこまで頻繁なシャンプーは必要ないでしょう。

では、チャイニーズ・クレステッド・ドッグのような毛がない犬種は、どうでしょうか。この場合、被毛による皮膚の保護がなく、環境中に漂う小さな埃などが直に肌に当たることになり、汚れやすくなります。また、このような被毛のない犬種は、皮膚を保護するために皮脂の分泌も多い傾向があるため、1~2週間に一度はシャンプーすることが勧められます。ただし、同時に乾燥や紫外線にも弱いので、そのためのケアも忘れないようにします。コッカー・スパニエルやバセット・ハウンドのように、皮脂の分泌が多く皮膚が脂っぽくなりやすい犬の場合も、皮脂の過剰な蓄積を防ぐために頻繁なシャンプーをすることが勧められる、とCare.comは指摘しています。

皮膚トラブルがある場合

皮膚炎などの皮膚トラブルがある場合にも、通常よりも頻回にシャンプーが必要になることがあります。シャンプーによって皮膚を清潔に保つこと自体が、皮膚トラブルの治療に大いに役立ちます。その場合には、獣医師によって指示された適切なシャンプーを使用して、指示通りの頻度で洗うようにします。お家でのシャンプーが難しい場合には、動物病院やトリミングサロンにお願いするのも一案です。皮膚の体質や、皮膚トラブルの種類によって合うシャンプーは変わりますが、皮膚に痒みがある犬では、コロイド状オートミールのシャンプーが皮膚のケアに役立つことがあります。

人間にとっての意味

顔に泥と泥の水たまりに座っているゴールデンレトリバー人間と一緒に暮らしていくために、ペットを清潔に保つことは必須の条件です。また、ペットの被毛やフケは室内環境中のアレルゲンとなりやすいとされているので、家族の中にアレルギー体質の方がいる場合、できるだけ家の中に持ち込むアレルゲンを少なくする必要があります。そういった意味でも、犬を常にきれいに保っておくことは重要なことです。

洗いすぎに注意!

いくら清潔を保つことが大事だといっても、洗いすぎには注意する必要があります。シャンプーのし過ぎは、皮膚と被毛の健康のために必要な皮脂成分も洗い流してしまい、皮膚本来の免疫力を弱めてしまうことがある、とリーダーズ・ダイジェストは言います。このような状態だと、被毛はパサついて艶がなくなり、皮膚は乾燥して痒みが出ることもあります。また発疹などが出てしまうこともあります。愛犬に適切なシャンプーの頻度について、獣医師に確認し、乾燥しやすい時期には特に、保湿をするように心がけるようにしましょう。保湿の方法には、保湿成分があらかじめ含まれているシャンプー剤を使用するか、シャンプー後に保湿作用のあるスプレーや入浴剤などを使用する方法があります。

以上のように、生活スタイルや犬種、健康状態を含めた個体差によって、必要なシャンプーの頻度は異なります。最近では室内で飼育されることも多くなり、ニオイに敏感な飼い主さんの中には、数日おきにシャンプーしているということもあるかもしれません。洗いすぎになっていないか、あらためて獣医師に確認してみましょう。併せて、皮膚のコンディションに合ったシャンプー剤やケア製品を紹介してもらいましょう。

Contributor Bio

ジャン・マリー・バウハウス

筆者紹介
ジーン・マリー・バウハウス

 

オクラホマ州タルサ在住のペットオーナーでもあるペットブロガー兼小説家。いつもペットたちに見守られながら執筆活動に勤しんでいる。

関連記事