子犬の避妊・去勢手術。手術時期は必ず獣医さんに相談を!

$authorText
所要時間:

Neutering puppyペットの避妊・去勢が健康上の利点になることをご存知ですか?

雌の子犬を飼っている方なら、避妊手術を行うと乳がんや子宮がん、卵巣がんにかかる可能性が少なくなると聞いて関心を持つのではないでしょうか。また、子宮の感染症を起こす確率も低下します。

雄の子犬を飼っている方でしたら、去勢によって精巣腫瘍を防ぎ、前立腺障害も予防できる可能性があることを知っておきましょう。さらに肛門周囲の腫瘍やヘルニアになる確率も減らすことができます。

タイミング

雌の場合は、初回発情前に避妊手術を行うことを推奨する獣医師と、そうでない獣医師がいます。雄の場合は、相談相手の考え方によって、勧められる時期が異なります。かかりつけの獣医師に適切な時期を相談するといいでしょう。

飼い主にとっての利点

あなたとあなたの家族にとって子犬の避妊・去勢をする一番の利点は、予期せぬ子犬の誕生に対処する心配がなくなることでしょう。もちろんこの他にも利点があります。若いうちに去勢した雄は、攻撃的になることが少なく、発情中の雌に気を取られることもなければ、縄張りをおしっこでマーキングすることもあまりありません。家具や飼い主の脚にマウントすることも少なくなるでしょう。

雌犬の避妊手術を行うと、雄犬からの興味が少なくなり、愛犬の徘徊癖や交尾欲も少なくなります。

社会的な効果

悲しいことに私たちの国では多くの犬が毎年安楽死されています。これらの犬の多くは、放し飼いの避妊・去勢を行なっていない犬が繁殖してしまったものです。避妊・去勢を行うことで、このような問題を未然に防ぐことができるでしょう。

避妊・去勢に抱く不安

避妊・去勢の利点を示すこれだけの証拠があっても、やはり不安を感じることがあるかもしれません。いくつかのよくある不安について考えてみましょう。

手術は安全?

避妊・去勢は単純な手術で、獣医師も何度となく行なっています。不安に思うのは当然のことですが、愛犬のために最善を尽くしているのだという自信も持ってください。

雄犬の去勢手術(精巣の摘出)は非常にシンプルです。雌犬の避妊手術(卵巣と子宮の摘出)はより大きな手術ですが、日常的に行われており、危険性も最小限です。

太ってしまいませんか?

避妊・去勢後に体重が増えることを心配する必要はまったくありません。運動量に合わせて食事の給与量を調節することだけ覚えておいてください。1歳になったらヒルズのサイエンス・ダイエット™ ライト 成犬用に切り替えてもよいでしょう。

性格が変わってしまいませんか?

変わることもありますが、よい方向に変わります。去勢した雄は、攻撃的になったり、徘徊したりすることが少なくなります。

他に知っておくべきことは?

手術には全身麻酔が必要です。手術の数時間前から食事と水を与えないよう獣医師から指示を受けるでしょう。

一般的には手術当日のうちに帰宅できますが、状況によっては、入院が必要になるかもしれません。

他にも相談したいことがある場合または不安がある場合は、動物病院で診察を予約しましょう。

関連記事