愛犬に合った訓練の方法は?性格に合わせてドッグトレーナーを選ぶ

所要時間:

犬の訓練には色々な種類があります。事前にどの訓練が、あなたと愛犬にどの方法が一番合うかを知っておくべきです。そうすれば最初に子犬を家に連れ帰ったときから、あなたと子犬が問題行動に悩むことがなくなります。できるだけ長く幸せな、年月を送れるようにしてくれるドッグトレーナーを選ばなければなりません。訓練内容には家の内外の行動が含まれます。同時に人と犬の間の信頼と尊敬の基礎を築くものでもあります。でも、あなたと愛犬に一番合うトレーナーを見つけるにはどうしたらいいのでしょう。また、もっと重要なこととして、どんなスタイルの訓練があなたと愛犬に一番効果があるのでしょう。

リサーチする

ドッグトレーナーとレッスンスタイルを選ぶ第一歩は、あなたにとって可能な選択肢のすべてを考えることです。レッスンといえばほとんどの人がグループでのレッスンを思い浮かべるでしょう。しかし個別訓練という選択肢もあります。その主な違いは、グループレッスンは犬の社会化にも役立つこと、個別授業はあなたの犬だけに集中してもらえることです。シット(座れ)、ステイ(待て)、ヒール(つけ)といった基本的なコマンド(指示)など、基礎を教えるという点はどちらも同じです。犬は、扱われ方や指示への従い方を学び、条件反射的行動を身に付けます。その前に子犬を迎えたときに、真っ先に考慮しなければならないプログラムがあります。その基本的な訓練プログラムとは、トイレトレーニングです。特に家の中での粗相が多いときにはこれを考えた方がいいでしょう。

基本的なコマンドを習得した後に受けられる訓練は多種多様です。たとえば、ドッグスポーツやアジリティに参加するための訓練、セラピー犬になるための訓練、ショードッグになるためのマナーに磨きをかける訓練などがあります。あなたの子犬が犬仲間との付き合い方を学ぶのに少し助けが必要なら、社会化に特化した訓練もあります。

訓練の選択肢を確認できたら、愛犬とあなた自身の性格を考えて、遊び好きの子犬を、訓練された素晴らしい犬に変貌させてくれるトレーナーを探しましょう。

愛犬の性格を知るYoung woman holds out a treat while a border collie sits looking up outdoors.

愛犬の行動特性と全体的な性格を知ることは、訓練にどんな方法を用いるかを決めるのに役立ちます。たとえば、とても臆病な犬、興奮しやすい犬、不安を抱いている犬は、賑やかなグループレッスンで学ぶのが難しいかもしれません。これは、グループから切り離しておくべきという意味ではありません。実際、社会化されることと他の犬と友だちになる機会を持つことはすべての子犬に必要です。このような場合は、まずトレーナーに個別授業をしてもらってから、グループ活動を学ばせるようにするといいでしょう。

子犬をやる気にさせるものを知っておくことも重要です。トリーツのためなら何でもする、といった食いしん坊ならしめたものです。トリーツを隠し持って、お利口にできたときのごほうびとして使いましょう。でも、ごほうびとして食べ物を必要としない犬もいます。そんな犬は、飼い主に思いっきりほめてもらうことが喜びなのです。また、中にはあなたと同じくらいまじめに訓練に取り組む犬もいます。彼らは、トリーツやほめ言葉があろうとなかろうと、一所懸命頑張ります。それがやるべき仕事だと思っているのです。訓練を始める前に、あなたの犬がどのように振る舞うかを知っておきましょう。

あなた自身の性格を知る

どんな訓練を受けさせるかを決めるときは、どうしたらあなたの犬が訓練にうまく反応してくれるかを知らなければなりません。しかし、重要なのは、あなた自身の性格を考慮すること。あなたは、どんなことが心地良くて、どんなことが心地良くないですか。最良の結果を生むためには、あなたがきちんと練習スケジュールを守って、最後まで変わらず訓練に取り組むことが必要です。そのためには、トレーナーを決める前にまず自分自身と向き合っておかなければなりません。そして、あなたと愛犬を導いてくれるほかの誰かにコントロールを任せる心の準備はできていますか。それとも、あまり人任せにはしたくないですか。あなたが出席する授業のタイプやトレーナーを選ぶ前に、心地良く取り組める訓練のタイプをはっきりさせておきましょう。犬は飼い主の微妙な心の動きを敏感に感じ取ります。あなたに不安があると犬も不安になってしまうかもしれません。逆にあなたが心地良ければ、犬もそう思ってくれている可能性が高いのです。

トレーナーを知る

得体のしれない人に、自分の子どもを預けようとは思いませんよね。それはドッグトレーナーについても同じです。近くのペットショップのクラスに予約を入れたり、家に来てくれるトレーナーを雇ったりする前に、まずトレーナーの候補者をたくさん見ましょう。ウェブサイトやソーシャルメディアで利用者の声を探し、過去のクライアントがその経験に満足しているかどうかを調べます。そのトレーナーがどのぐらいのトレーニング歴を持っているかどうかは、もっと重要です。誰でもドッグトレーナーを名乗ることはできますが、これからお金と時間をかけて、トレーニングを受けます。きちんとしたプロフィールを持っている人を選ぶようにしましょう。

犬のやる気を維持するために何を使うのかを、必ずトレーナーに尋ねてください。クリッカーを使った訓練 を好む人もいれば、トリーツを用いる人もいます。どんな種類のスキル(引き綱訓練、フェッチ(取って来い)、スピーク(吠えろ)などをあなたが犬に教えるのを手伝ってもらえるのかについても尋ねましょう。また、配偶者、ルームメイト、子ども達などの同居人がいる場合は、彼らを訓練に参加させてもいいかどうかも、トレーナーに確認しておきます。犬は、複数の人からコマンドを与えられることに慣れている方が、家で色々な人に耳を傾けやすくなります。

近くにドッグトレーナーを見つけるのが難しいときは、獣医師に相談してみましょう。ほかの飼い主がほめていた、スキルと資格を持つトレーナーを教えてくれるかもしれません。また、訓練の開始を待つ間にできる、犬をしつけるコツも教えてくれるかもしれません。トリマーや犬を飼っている友人が、過去にいい経験をさせてくれた誰かを教えてくれることもあります。

子犬の訓練についてもっと知りたいときは、子犬の訓練の基礎 という私たちの総合的な記事をご覧ください。

Contributor Bio

エリン・オリラ

エリン・オリラ

 

メッセージが持つ言葉の力は受け手に伝わり、時に大きな変化をもたらしうると信じるライター。インターネット、出版物と活動の場は広く、執筆内容はインタビュー、代筆、ブログ、独創的なノンフィクションなど、多岐にわたります。SEO(検索エンジン最適化)、ソーシャルメディア全般にも詳しく、フェアフィールド大学でクリエイティブ・ライティングのMFA(美術学修士)を取得しています。ツイッターは@ReinventingErin。さらに詳しい情報はホームページのhttp://erinollila.comで入手可能です。