犬の前庭疾患とは?ぐるぐる回る、よろけるなど症状と治療

執筆: ジーン・マリー・バウハウス

老犬に起こる症候群と聞くと、白髪が出て来た頃や若々しい活力を失い始めた頃に起こるものと思われるかもしれません。実際にこの現象が指しているのは、犬の生涯のどの時期にも起こり得る特定の病態です。この記事を読んで、正式には前庭疾患と呼ばれるこの病態と、愛犬がこれにかかったかもしれないときに注意するべき徴候について学んでください。

前庭疾患とは?

West highland white terrier lying on ground.米国前庭疾患協会 によると、『老犬の前庭症候群』は、一般的にイヌ特発性前庭疾患と呼ばれる平衡感覚異常を指す名称です。この病態はシニア犬に多く見られますが、あらゆる年齢の犬、猫、人、および複雑な内耳系を持つその他の種に起こり得ます。 メルク獣医学マニュアル の図に示されているとおり、前庭系は平衡感覚を制御する内耳の一部です。この器官に異常が生じると、犬はめまいを覚え、まっすぐ歩くことが難しくなります。Wag! は、この症候群の始まりに気付くことに役立ついくつかの徴候を教えてくれています。

  • 顕著な頭位傾斜(捻転斜頚)
  • つまずく、よろめく
  • 足を大きく広げて立つ
  • 飲食したがらない
  • 協調運動の欠如
  • 倒れる
  • 1方向にぐるぐる回る(旋回)
  • 悪心、嘔吐
  • 目が覚めているときの眼の小刻みな動き(眼振)
  • 床やその他の硬い面の上で眠ろうとする

これらの症状は、脳卒中や脳腫瘍といったより深刻な病気の徴候の可能性もあるので注意が必要です。そのため、平衡感覚に突然問題が生じたときは、できるだけ早く獣医師に相談しなければなりません。

犬の前庭疾患の原因

前庭疾患の原因は様々です。特発性という単語は、発生原因が分からないことを意味します。ほとんどのケースがこの特発性にあたります。しかしながら、アニマルウェルネス によると、この病態は、耳の感染症、鼓膜穿孔、または抗生物質の副作用等によっても引き起こされることがあります。Embraceペット保険
 は、ドーベルマン・ピンシャーやジャーマン・シェパードなどのいくつかの犬種は遺伝的にこの病態を起こしやすく、子犬のときから症状が現れることもあると報告しています。

幸いなことに、この病態が犬にとって危険なものではなく、痛みもありません。とはいえ、めまいは犬に多少の不快感や乗り物酔いをもたらすかもしれません。病態は2~3週間以内に自然に治まることが多く、そのため獣医師は多くの『経過観察』を勧める、とアニマルウェルネスは言っています。しかし同じ状態が長く続いたり、悪化するようであれば、より重篤な病態が症状を引き起こしているかどうかを調べなければなりません。そのためには精密検査を受ける必要があります。

予後と治療

Woman kissing yawning beagle on side of head.
悪心と嘔吐が続くような場合、獣医師は制吐薬(吐き気止め)を処方してくれます。犬が水飲みボウルにたどり着けず、自力で水を飲むことができないときは必要に応じて静脈内輸液も検討してくれるでしょう。残念ながら、前庭疾患への対処法には、犬が回復してくれるのを待つしかない面もあります。

Dogster は、家庭で役立つ、めまいの症状がある犬のためにヒントを教えてくれています。まず、頭を枕で支えるなど、快適に休める場所を用意して、届くところに水飲みボウルを置きましょう。また、ヨロヨロしている犬は倒れたり物にぶつかったりしやすいので、階段は閉鎖して、家具の鋭い縁にも当たらないようにしておきましょう。犬自身は自分に起こっているこの症状を理解できず、ただ恐ろしく感じてしまうこともあります。いつもより多くなでてあげたり、あるいはただそばにいるだけでも、必ず安心してくれるはずです。

前庭疾患協会は、犬を抱いて運びたい、という衝動は抑えるよう勧めています。それは病態を長引かせることになるからです。犬が自分で動き回ることが多いほど、内耳が自然に回復する機会も多くなります。犬が周りをよく見ることができるように十分な照明を施すことは、犬の回復に役立ちます。

重要なのは、愛犬が突然、年齢にも関わらずこの老犬に起こる症候群の症状を示したとしても、パニックにならないことです。もちろん獣医師に診せるべきではありますが、おそらく2~3日で良くなって、またいつもの元気で活発な自分を取り戻してくれることでしょう。

Contributor Bio

Jean Marie Bauhaus

筆者紹介

ジーン・マリー・バウハウス
オクラホマ州タルサ在住のペットブロガー、小説家。いつもペットたちに見守られながら執筆活動に勤しんでいます。

関連記事

  • 食物アレルギーの徴候

    180680638 特定の食物に対するアレルギーまたは不耐性が疑われる犬に見られるいくつかの一般的徴候と、その場合の必要栄養素の摂取方法をご説明します。
  • トイプードルの病気

    トイプードルの病気について。「トイプードルの目の病気」「トイプードルのてんかん」「トイプードルの副腎皮質機能亢進症」など。
  • 犬の腎臓病について、知っておくべきこと。

    腎臓病や腎不全は、犬の死因となることがあります。犬の腎臓病について知っておきましょう。
  • チワワの病気

    チワワの病気について。「チワワの膝蓋骨脱臼」「チワワの水頭症」「チワワの尿路結石症」「チワワの低血糖症」など。