画像にカーソルを合わせて拡大する

ヒルズ プリスクリプション・ダイエット(特別療法食)〈犬用〉 c/d シーディー マルチケア 小粒 ドライ

米国の獣医師がNo.1*に推奨

*CM Research社調べ

満足保証はヒルズ製品を安心してお使いいただくための返金保証サービスです。ご満足いただけない場合には返金いたします。 詳しくは満足保証のページにてご確認ください。

膀胱結石は尿路内で複数のミネラルが結晶化することで発生します。不快感の原因、獣医師による管理が必要となる深刻な問題を引き起こすこともあります。

ヒルズの栄養学者と獣医師が開発したプリスクリプション・ダイエット〈犬用〉 c/d シーディーマルチケア 小粒は、ミネラル、尿pHの調整により、愛犬の下部尿路をケアし、ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石の再発リスクを低減する特別療法食です。

製品サイズ:1kg / 3kg / 7.5kg

製品の特長

  • マグネシウム、カルシウム、リンの含有量を調整し、クエン酸カリウム、オメガ-3脂肪酸、抗酸化成分を配合
  • 脂肪量を調整し、低ナトリウム
  • 科学的に証明された抗酸化成分

ペットにとってのメリット

  • ストルバイト尿石の溶解時の管理、およびストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石の形成に配慮しています。
  • 健康的な長期給与に適しています。
  • 健康をサポートし、免疫力を維持します。

その他の情報

ヒルズは、製品の酸化防止に自然派成分を使用しています。

原産国名:オランダ


トイ・プードル、 チワワ、 ミニチュア・ダックスフンド、 ポメラニアン、 ヨークシャー・テリア、 ミニチュア・シュナウザー シー・ズー パピヨン、柴、フレンチ・ブル





ストルバイト尿石とシュウ酸カルシウム尿石のリスクを軽減するためにミネラル等を調整しています

Made in the USA
with global ingredients you can trust

私たちの支援活動で、世界中の1100万もの保護犬や保護猫が新しい家族と出会えたことをヒルズは誇りに思っています。

 

原材料名: トウモロコシ、トリ肉(チキン、ターキー)、小麦、動物性油脂、トリ肉エキス、コーングルテン、亜麻仁、植物性油脂、ポークエキス、エンドウマメ、魚油、米、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、カルニチン

尿ケア

体重 グラム / カップ
2 kg 50 g / 0.6
4 kg 84 g / 1.0
6 kg 114 g / 1.3
8 kg 141 g / 1.6
10 kg 167 g / 1.9
15 kg 226 g / 2.6
20 kg 281 g / 3.2
30 kg 381 g / 4.3
40 kg 473 g / 5.4
50 kg 559 g / 6.3
代謝エネルギー100gあたり377kcal、200㏄カップ1杯で約88gです

  • この食事量は開始時の目安です。愛犬が適正な体重を維持できるように、必要に応じて量を調節してください。詳しくは獣医師にお問い合わせください。
  • 獣医師の許可があれば、徐々に今までの食事を減らしながら新しい食事を増やして7日間ほどで切り替えます。
  • 常に新鮮な水を飲めるようにしておいてください。
  • 獣医師の指導のもとに給与してください。

これまでのフード

新しいフード

1-2日目

3-4日目

5-6日目

7日目

1-2日目

3-4日目

5-6日目

7日目

1-2日目

3-4日目

5-6日目

7日目

3766 Kcal/kg (331 Kcal/cup)

成分 乾物量分析値(%)
たんぱく質 21.1 %
脂質 16.7 %
炭水化物(NFE) 55.3 %
粗繊維 2 %
灰分 4.8 %
カルシウム 0.66 %
リン 0.52 %
カリウム 0.75 %
ナトリウム 0.24 %
マグネシウム 0.099 %
タウリン 0.11 %
ビタミンA 11796 IU/kg
ビタミンC 0 ppm
ビタミンD 839 IU/kg
ビタミンE 649 IU/kg
DHA 0.038 %
EPA 0.054 %
オメガ‐3脂肪酸 0.78 %
オメガ‐6脂肪酸 3.82 %
ベータカロテン 3.09 ppm

参照

水分除去後の製品中に占める栄養素のパーセンテージです。水分含量の異なる製品を比較検討する場合、このパーセンテージで比較することが唯一の正確な方法です。