犬の心臓病とは?慢性弁膜症や心筋症などの原因と症状

所要時間:

犬はその体の大きさにかかわらずビッグハートを持っています(これは文字通りの「大きな心臓」ではなく、「寛大な心」という意味です)。彼らはそれぞれ個性を持ち、忠実なコンパニオンでいてくれて、私たちに笑いが必要なときを知っているかのようです。でも、このビックハートが、「心臓の異常な拡大」という、真の心臓病のリスクになることもあるのです。

犬の心臓病とは?

心臓は犬の体の中で最も重要な臓器で、酸素と栄養を含んだ血液を血管を通じて全身の細胞に送り込みます。心臓病の多くは、血液の効果的な送り込みが低下することによって起こります。その結果、胸部や腹部への水分の貯留につながってしまうことがあるのです。心臓病には主に二つのタイプがあります。一つは心臓の弁膜に関わるもの、もう一つは心筋に関わるものです。どちらのタイプの病気も、栄養、運動、必要に応じた投薬によって、うまく管理することができます。適切なドッグフードと獣医師からの助言があれば、犬は幸せで活動的な生活を送り続けることができます。

Diagram of heart

二つの主な心臓病

慢性弁膜症: これは心臓の弁膜がうまく開かなかったり閉じなくなる状態で、全身に送り込まれる血液の量が減少します。

心筋症: この状態では心筋の筋力が低下または心筋が肥厚し、心臓のポンプ効率が低下します。

心臓病の原因は?

心臓病の原因はひとつとは限りません。その中で、栄養は問題の解決に大きな役割を果たすことがあります。また、心臓病になる理由として最も多いのは加齢ですが、フィラリア(犬糸状虫)などの他の因子も心臓病につながることがあります。他の因子には以下のものがあります。

ボディコンディション: 過体重の犬は心臓病を起こす可能性が高くなります。

年齢:犬の心臓病は年齢とともに発生率が高くなります。

品種: 犬の慢性弁膜症は、ミニチュア・プードル、ポメラニアン、ミニチュア・シュナウザーなどの小型品種に多く見られます。心筋症は、グレート・デーン、アイリッシュ・ウルフハウンドなどの大型または超大型品種に多く見られます。

私の犬は心臓病?

心臓病の症状は別の病気のものと似ていることがあるため、心臓病かどうかを知ることは難しい場合があります。獣医師の診察によって、以下の方法のいくつかを使って心臓病のチェックをしてもらうことができます。

  • 聴診器を使った検査では、雑音や肺に水が溜まっていることが分かります。
  • 触診では脈拍の異常が分かります。
  • レントゲン検査では心肥大が分かります。
  • 心電図検査では心肥大と不整脈が分かります。
  • 血液検査と尿検査ではフィラリアやその他の内臓疾患が分かります。

犬に以下の症状が見られたら、心臓に問題がある可能性があります。

  • 疲れやすい、元気がない
  • 失神する、虚脱
  • 頻繁に咳をする。時として吐き戻しにつながることがある、低い音の咳の場合があります。
  • 息切れを含む呼吸困難
  • 運動能力の低下
  • 食欲減退、目立った体重増加または減少
  • 腹部膨満
Common signs of heart disease

重要:初期の心臓病には明らかな症状がない場合があります。愛犬の心臓について心配なことがあるときは、獣医師に相談してください。

心臓病の管理:栄養の重要性

治療で心臓病を完全に治すことはできなくても、犬は比較的普通の生活を送ることができます。ドッグフードは、犬の全身の健康と幸福な生活に重要な役割を果たします。愛犬が心臓病と診断されたときは、正しいドッグフードを与えることがなおさら重要になります。

心臓病では心臓が肥大するのが典型的な症状です。この肥大がポンプ効率の低下を引き起こします。次に心臓は本来よりも多くの体液を保持し始めますが、こうなると具体的な問題が出始めます。そのため獣医師は、体液の貯留を減らすのを助け、心臓が効果的に働くのを容易にする低ナトリウム食を与えるよう勧めるのです。

正確な診断と治療を選択するため、常に獣医師に相談することを忘れないようにして、愛犬の心臓の健康にとって最良のフードを勧めてもらってください。

獣医師に尋ねるべき心臓病に関する質問:

  1. この病気のために犬に避けるべきの食べ物はありますか。
    • 人の食べ物が犬の健康にどのように影響するか尋ねましょう。
  2. 私の犬の心臓の健康に良いヒルズ  プリスクリプションダイエット ドッグフードを勧めていただけませんか。
    • あなたの犬のために、栄養面の心配について尋ねましょう。
    • 勧められたフードをあなたの犬に与える量と、頻度について尋ねましょう。
    • 勧められたフードと一緒に与えることができるトリーツについて相談しましょう。
  3. 私の犬の症状は、どのくらいで改善しますか。
  4. 私の犬の心臓病に関する指導書か説明書をいただけませんか。
  5. 質問をしたい時、先生か病院に連絡する方法は何が一番いいですか(eメール/電話)。
    • 経過観察のための診察が必要かどうか尋ねましょう。
    • 診察日を知らせるeメールか通知を送ってもらえるかどうか尋ねましょう。

関連記事

  • 食物アレルギーの徴候

    180680638 特定の食物に対するアレルギーまたは不耐性が疑われる犬に見られるいくつかの一般的徴候と、その場合の必要栄養素の摂取方法をご説明します。
  • トイプードルの病気

    トイプードルの病気について。「トイプードルの目の病気」「トイプードルのてんかん」「トイプードルの副腎皮質機能亢進症」など。
  • 犬の腎臓病について、知っておくべきこと。

    腎臓病や腎不全は、犬の死因となることがあります。犬の腎臓病について知っておきましょう。
  • チワワの病気

    チワワの病気について。「チワワの膝蓋骨脱臼」「チワワの水頭症」「チワワの尿路結石症」「チワワの低血糖症」など。

関連商品