長い胴体を持つ大型猫のラグドールは、おとなしく人との生活によく馴染み、集合住宅に暮らす人も多い現在のライフスタイルにもフィットしやすく飼いやすい種類です。

 


ラグドールの特徴
The Ragdoll Cat Breed

柔らかくてシルキーな被毛は、セミロングからロングまで様々な長さがあります。

体重:

雄:6〜9 kg
雌:4.5〜6 kg     ※10kgぐらいまで成長する場合もあります。

目の色:

ブルー

寿命: 14~16年

社会性/注目の必要性: 中程度.
抜け毛:多い

被毛:

長さ:長毛
特性:シルキー
色:フロスト、ブルー、チョコレート、シール、レッド、ライラック、ブルークリーム、クリーム
パターン:バイカラー、ポイント、ミテッド
グルーミングの必要性:中~高い

公認:

猫種登録団体:
CFA、ACFA、FIFe、TICA

胴体が長い大型の猫です。がっしりした骨格、長い尾、フサフサ、フワフワの被毛が特徴的です。

フサフサ、フワフワの毛並みから、実際よりもずっと大きく見えます。

頭部は中くらいのサイズですが、顔は被毛で大きく見えます。耳も中くらいのサイズで、頭の端の方に付いていてつながっているため顔が三角形に見えます。脚は長くて頑丈です。顎はよく発達している必要があり、目は楕円形でブルーであるべきとされています。

いくつかのカラーパターンがあります。ラグドールのカラーポイントは、胴体が淡い色で、それとは対照的に四肢、顔面、耳が濃色になっていること。バイカラー・ラグドールは、濃色のポイントになっている点は同じですが、額に逆V字型のホワイトがあり、さらに腹部、四肢のすべて、首回りもホワイトです。ミテッド・ラグドールもポイントを示します。このカラーパターンでは足がホワイト(ソックス)で、顎もホワイトです。

長さはセミロングからロングまで様々で、柔らかくてフサフサでシルキーです。

性格:

ラグドールは"布製のぬいぐるみ"の意味で、名前の通り抱きかかえられるとその体を預けるようにリラックスしてしまうほど、抱かれることが好きな猫だといわれています。おとなしく穏やかな気性で、家族の全員とうまく付き合っていくことができます。遊び方もあまり激しくないことが多いので、集合住宅で暮らす人も多い現在のライフスタイルにもフィットしやすいといえるでしょう。

ラグドールと暮らす:

下腹部に脂肪が溜まる傾向があります。まるで詰め物かのようなこの脂肪は、この品種では許容されるものですが、体重が増え過ぎたり、ボディ・コンディションを不良にしたりしていいということではありません。適切な栄養が摂取できるように食事は慎重に管理する必要があります。

ラグドールの体型を保つためには、遊び場所に加えて飼い主との双方向的な運動も必要です。飼い主は、ラグドールと遊ぶためだけの時間を毎日作るぐらいの意識が必要です。

ゴージャスで見事な被毛をしていますが、その見かけによらず、お手入れはそれほど難しくありません。被毛のもつれを防ぐため、また毛球症の予防のために毎日のブラッシングは怠らないようにしましょう。

歴史:

ラグドールの起源をひもとくと、あり得ないと思われるような伝説に行き当たることもありますが、それらの伝説の中で確認することができるのは、カリフォルニア州で1960年代に始まったということです。ラグドールは、おそらくバーミーズ、バーマン、ペルシャンのミックスだと思われていて、ラグドールの起源とされている猫はジョセフィン(ジョセフィーヌ)という名の白猫です。そのため、ラグドールはジョセフィンの娘たちとも呼ばれています。

作出者であるアン・ベイカーは、ジョセフィンの中に、抱き上げられるとだらりと動かなくなるほどおとなしい性質が宿っていると感じました。この特徴が猫種名称の由来です。この名前はアン・ベイカーによって商標登録されたため、この猫種にしか使うことができません。

ラグドールにはカラーパターンに極めて厳しい基準があり、同種以外との交配は許されていません。ただし、この品種にも新しいカラーが導入されつつあるので、いま目にするラグドールは、かつてよりもずっとカラフルになっています。

千葉 路子 『月刊WAN』編集長、『DOG FAN』編集長など、愛犬雑誌の編集に約30年携わってきました。現在は老犬2匹と暮らしながら、ペットのためのフィットネスを研究しています。ads@ka3.so-net.ne.jp

関連するペットケア情報

ペットケアセンター