シャム(サイアミーズ)とは-性格と特徴

この上なく美しいシャム(サイアミーズ)は、非常に忠実で思いやりがあり、飼い主の愛情を必要とする猫です。

 

シャムの特徴
The Siamese Cat Breed

シャムは、シャム(現在のタイ)国王の寺院で飼われていたという歴史ある猫です。

体重:

雄:中型:約3.6~5.4 kg
雌:小型:約2.6~3.5 kg

目の色:

ブルー

寿命:12~15年

L社会的欲求/注目欲求:中~高い
S抜け毛:少ない

 

被毛:

長さ:短毛
特性:スムース
色:チョコレート、シール、ライラック、ブルー、レッド、クリーム、フォーン、シナモン パターン:ポイント
グルーミングの必要性:低い

公認:

猫種登録団体:
CFA、ACFA、FIFe、TICA

シャムは身体の長いエレガントな猫です。長い胴体、長い首、長い四肢と尾を持っています。

この猫種は小型ながらも筋肉がよく発達しています。

シャムは極めて特徴的な風貌を持つ猫種です。大きな耳とくさび型の頭が三角形の輪郭を形作っています。鼻は長くてまっすぐ、目はアーモンド形で明るいブルーです。引き締まった胴からは長くてスマートな脚が伸び、尾も長く先に向かって細くなっています。

シャムの被毛は短くて光沢があり、身体にぴったりと沿っています。シャムの見た目の美しさは、ほっそりとした身体、青い目、そして胴の色と末端部分にある暗めの色のコントラストにあります。これはカラー・リストリクションで、一般的にはポインティング(ポインテッド、ポイント)と呼ばれています。耳、尾および脚の先端が最も濃く、胴に近づくごとに薄くなって明るめの色と徐々に混ざり合います。顔面にも暗めのポイントカラーのマスクがあり、濃い色が目を取り囲み、ひげ袋(ウィスカーパッド)を覆っています。このマスクは子猫では小さく、成長とともに徐々に大きくなります。

性格:

シャムは美しいだけでなく非常に利口でもあり、たとえば犬のようにリードを付けて歩くようトレーニングすることもできます。ただし飼い主が望むあらゆることをさせるように訓練できるという意味ではありません。他の猫種と同様、シャムにも生まれ持った気質や欲求があるので尊重してあげましょう。

シャムは愛情深い猫で、飼い主に対して忠実です。家族にも同じくらい愛情を求める甘えん坊な一面もあります。シャムを迎えたらコミュニケーションを心がけ、一緒に遊ぶ時間を多めにつくりましょう。また、よく鳴く猫としても知られています。

シャムと暮らす:

元々スマートで筋肉質の身体を持つシャムは、体重が増えるとお腹がぼてっとなるのが目立って、太ったことがわかりやすいかもしれません。肥満を防ぐためには注意深い栄養管理が必要です。ほっそりした長い脚は太った身体を支えるようにはできていません。

シャムは高いところが大好きな天性のジャンパーなので、キャットウォークやキャットタワーを備えてあげる必要があります。遊び好きの一面もあるため、家のあちこちにおもちゃを置いてあげればきっと喜んでくれるでしょう。被毛はシングルコートで、お手入れはほとんど必要ありませんが、スキンシップを兼ねてケアをすることで、お手入れの時間を楽しみにしてくれるようになるかもしれません。暖かい国の出身で、寒がりなので温度管理には注意するようにしましょう。

見た目どおりの優雅さを持つだけでなく、膝に乗せたり抱っこしたりしてかわいがることもできる甘えん坊です。家族とのコミュニケーションを求めて話しかけるように鳴くこともあります。この上ない愛情深さで、飼い主に寄り添ってくれることでしょう。

歴史:

美しいシャムは、シャム国王の寺院で飼われていたという伝説的な猫です。洗練された美しさに加え、勇敢な護衛としての役目も果たしていました。王座の周りの高い柱の上に陣取って、王を脅かす者をめがけて柱から飛びかかったという話も伝わっています。危害を加えようとする人物の顔に爪を立てたのかもしれません。シャムの大きさ、強さ、そして高所から飛び降りる能力を考えたら、真実味を帯びて聞こえますね。

シャムの歴史には謎めいた部分もありますが、1700年代にドイツの博物学者で探検家のピーター・サイモン・パラスが、シャムらしき猫を目撃していたようです。カスピ海探検に関するパラスの報告書に、「真っ黒の…耳、足および尾を持ち、体格は中型で、脚が一般的な猫よりも幾分小さく、頭が鼻に向かって長く伸びている」と記されています。

ヨーロッパにおける最初のシャム猫は、1800年代後半にシャム国王からバンコクの英国総領事館に贈られた2匹でした。西洋の愛猫家たちの前に現れたこの最初のシャム猫は、フォーとミアと名付けられたのです。1884年にオーウェン・ゴールドによって繁殖目的のつがいとして英国に持ち込まれました。やがてフォーとミアの子猫たちが生まれ、1885年にクリスタル・パレスで開催されたロンドンのキャットショーに、ゴールド氏のきょうだいによって出陳されました。米国における最初のシャム猫も、シャム国王から友人に贈られたものでした。1890年代後半から1900年代初頭にかけて、シャム猫は原産国のシャムだけでなく、英国、フランス、日本を通じて北米にも広がりました。シャムは第二次世界大戦後までは比較的珍しい猫でしたが、独特の美しい風貌で人気になり、登録数で第一位を獲得したことも。現在も世界中で愛されている猫種です。

Contributor Bio

高橋智司

編集責任者: 高橋智司
アソシエイト ディレクター  獣医師
プロフェッショナル獣医学術部
日本ヒルズ・コルゲート株式会社

関連するペットケア情報

ペットケアセンター