メインクーンという猫の品種について、その魅力的な特徴や歴史などの情報をご紹介します。

 


メインクーンの特徴
The Maine Coon Cat Breed

アメリカ原産の長毛種と言われています。

体重:

雄:6〜8kg.
雌:4〜6kg
※10kgぐらいまで成長する場合もあります。

目の色:

カッパー、グリーン、ゴールド、オッドアイ

寿命:9~13年

社会性/注目の必要性:中~高
適応力があります。セラピーキャットとして活躍している猫もいます。 抜け毛:多い

被毛:

長さ:長毛
特性:直毛
色: ホワイト、ブラック、ブルー、レッド、クリーム、ブラウン、シルバー、トーティシェル、ブルークリーム、ゴールデン
パターン:ソリッドカラー、トーティシェル、バイカラー、トライカラー/キャリコ、タビー、スモーク、シェーデッド
グルーミングの必要性:高い

公認:

猫種登録団体:
CFA, ACFA , FIFe, TICA

メインクーンは中型から大型の猫で、雄の方が雌よりも時間をかけて大きくなります。体型は長めの長方形で、尾も長めです。そのため、実際の体長よりも長く見えることがあります。

がっしりした骨格を持つ筋肉質の体型をしています。野外で生活していた猫が、やがて農場や家庭でネズミ退治をする働く品種となりました。頭は大きく、耳は高く立っています。横顔を見ると、大きな目の下にわずかなくぼみがあります。胸幅は広く、脚は太めです。

被毛は厚くて密ですが滑らかなシルキー・コートです。メインクーンの被毛で代表的な特徴は、腹部と脚の後ろではふさふさして長く垂れ下がっている(ズボンと呼ばれます)一方で、肩の上の被毛は短めになっているところです。

性格:

このがっしりした見た目や凛々しい表情とは対照的に、優しくて穏やかな気質を持っています。飼い主にとてもなつきますし、少し運動できる場所さえあれば、どんな環境にも順応します。体が大きいので走るとかなり大きな音を立てることもありますが、鳴き声はこのライオンのような見た目からは想像できないほど穏やかです。

メインクーンと暮らす:

栄養のバランスを考えて食事は慎重に管理する必要があります。体型に締まりがなくなったり、体重が増え過ぎないように日頃から注意して猫を観察するようにしましょう。

十分な運動が必要です。キャットツリーやキャットウォークのように猫が楽しんで遊べるグッズはもちろん、十分に走り回れる場所も必要でしょう。人と一緒に遊ぶことが大好きですから、家族の誰とでも楽しく遊んでくれるでしょう。大きく重くなっていくにつれて、そのつもりはなくても大きな体で家具などをひっくり返してしまうことがあるかもしれません。部屋の家具等が猫の体重で倒れたりしないかどうか確認しておきましょう。

長毛種であるメインクーンの被毛は毎日のお手入れが必要です。毛が絡まって毛玉になるのを防ぐブラッシングと、被毛を滑らかにするコーミング(クシで梳く)が欠かせません。小さい時から慣れてもらってグルーミングは楽しいものだと思ってもらい習慣化できるようにしましょう。

歴史:

アメリカ原産の長毛種と言われていますが、実はその起源はニューイングランド地方に入港した船の乗組員によって持ち込まれたものと思われます。これらの船に乗っていた猫が船を降りて、現地の先住猫と交配して、最終的にこの品種ができあがったと考えられています。

ショーの経歴は1895年のニューヨークに始まります。その年のベストキャット賞は、レオという名のタビー模様のメインクーンに与えられました。レオはその後、自身の息子に敗れる1900年まで、ボストンキャットショーで勝利し続けました。

この後、人々はペルシャン(ペルシャ猫)に熱狂し始め、メインクーンは人気の点では2番目に甘んじるようになりました。しかし近年、順位は再び逆転し、今やメインクーンは再び「アメリカズ・キャット(アメリカの猫)」の座に着いています。

千葉 路子

『月刊WAN』編集長、『DOG FAN』編集長など、愛犬雑誌の編集に約30年携わってきました。現在は老犬2匹と暮らしながら、ペットのためのフィットネスを研究しています。ads@ka3.so-net.ne.jp

関連するペットケア情報

ペットケアセンター