室内飼育の猫のための栄養ニーズ

執筆:
所要時間:

室内飼育の猫のライフスタイルは、外で暮らす猫とはまったく異なります。例をあげると、多くの場合で、何よりも室内猫は外で暮らす猫よりも運動量が少ないですし、毛づくろいの時間がたくさんあるので、毛玉(ヘアボール)ができやすくなるといったことがあげられるでしょう。

ですから、室内猫の体型や健康を維持するには、室内でできる何かしらの運動を促す事が必要です。身体的な活動が増えて精神的な刺激も増えることで、過剰な毛づくろいを含む猫の様々な健康トラブルを予防することに役立ちます。さらに、長毛の猫なら毎日、短毛の猫なら週に1回はブラッシングするなどのケアと、猫にとって好ましく豊かな環境を整えることでも、精神的な刺激を与えて、毛玉問題の予防に役立ちます。

また、栄養面で、猫が健康で豊かな生活を楽しめるようにすることも、もちろん重要な事です。室内猫のために特別に設計された ヒルズ サイエンス・ダイエット インドアキャット シリーズには、ヘアボールコントロールを含めて、あらゆるライフステージとニーズに応えるバラエティ豊かな処方の製品が揃っています。

猫専用フード

ヒルズ サイエンス・ダイエット 室内猫の毛玉・体重ケア アダルト 1~6歳 成猫用 チキン(インドアキャット アダルト)-1~6歳の猫用

  • ヒルズ サイエンス・ダイエット 室内猫の毛玉・体重ケア シニア 7歳以上 高齢猫用 チキン(インドアキャット シニア)-7歳以上の猫用
  • ヒルズ サイエンス・ダイエット キトン 12ヶ月まで 子猫用 チキン / 妊娠・授乳期の母猫にも-1歳未満の子猫用
  • ヒルズ サイエンス・ダイエット〈プロ〉猫用【健康ガード 便通・毛玉】 1~6歳 -適度な食物繊維の量が健康的な便通を助け、毛玉を軽減。
  • ヒルズ サイエンス・ダイエット〈プロ〉猫用【健康ガード 便通・毛玉】 7歳~ -適度な食物繊維の量が健康的な便通を助け、毛玉を軽減。
  •  

    サイエンス・ダイエット®」。
    獣医師がもっとも推奨するヒルズ サイエンス・ダイエット シリーズ

    Contributor Bio

    高橋智司

    高橋智司

    編集責任者: 高橋智司
    アソシエイト ディレクター  獣医師
    プロフェッショナル獣医学術部
    日本ヒルズ・コルゲート株式会社

    関連記事