猫のフケと皮膚トラブル

執筆: クリッシー・クリンガー
所要時間:

猫のフケが気になったことはありませんか?フケは不要になった皮膚が剥がれ落ちたもので、そのものが悪いというものではありません。ただし、全身がフケだらけだったり、今まで目立たなかったのが急に増えたりしたときには、何らかの皮膚トラブルの可能性もあります。また猫でも、寒冷地域など乾燥しやすい環境だったり、加齢や体質といった条件が重なった場合、冬場に人間の肌が乾燥して粉をふくことがあるように、猫も乾燥肌になってフケがでることがあります。

猫のフケが気になったら

猫のフケが気になったら、皮膚の様子を観察すると同時に、フケ以外の他に気になる症状がないか、猫をよく見てみましょう。同じ場所をしきりに噛んだり舐めたりしていないか、もしくは通常の猫の毛繕いとは言えないほど身体を痒がっていないか、などです。全身にフケが見られる、皮膚が赤くなっているなど異常が見られる、体を痒がる、異常に気にするということであれば、皮膚トラブルの可能性があるので、動物病院を受診しましょう。皮膚の病気というわけではなくても、加齢や体質によって肌が乾燥しがちになってフケが増えたり、全身に痒みを起こしたりすることがあります。

Cornell Feline Health Center によると、猫が乾燥肌になってしまう理由のひとつに、食事が関係している場合があるとのことです。健康な皮膚と被毛をキープするには、脂肪酸を豊富に(ただし多すぎない程度に)含む栄養バランスのいい食事が必要です。かかりつけの獣医師に相談して、キャットフードを別のものに切り替える、もしくは魚油などのサプリメントを試す必要があるか尋ねてみましょう。ただし、こういった食事管理によって皮膚に良い影響が現れるには、少なくとも1か月くらいかかることがあることを覚えておきましょう。

乾燥肌のような症状がでているのが、背中の真ん中あたりに集中している場合、問題の原因は太り過ぎかもしれません。The Happy Cat Site は、肥満になると舌が届きにくい場所ができ毛繕いが不十分になることで、皮膚が乾燥したり毛並みが悪くなったりすると説明しています。また、加齢により関節などに痛みがあって毛繕いの回数が減ることでも、同じようなことが起きることもあります。

猫の皮膚トラブル:アレルギー性皮膚炎

フケや痒みを伴う猫の皮膚疾患の主な原因には、細菌や真菌、寄生虫のほか、環境中のアレルゲンや食物などによるアレルギーがあります。フケや痒みを伴う皮膚炎があって、次のような状況に思い当たることがある場合、何らかの環境中のアレルゲンによるアレルギー性皮膚炎が関係しているかもしれません。

  • 床や家具、空間用に新しい家庭用洗剤を使った。
  • 今まで使っている物とは違う洗剤で毛布や衣類を洗った。
  • 家の中にある医薬品を猫が食べてしまった可能性がある。
  • 新しく飼い始めた動物がいる。

この中で思い当たることがあれば、動物病院で診察を受けるときに、申告しておくと診断に役立つことがあります。獣医師には、症状と猫が接触したと思われるものについて説明しましょう。また、同居する家族や友人全員に事情を話して、猫が痒がるようになる直前に、新たに家に持ち込んだ洗剤や化粧品をリストアップするといいでしょう。猫はまた、花粉やホコリ、カビに反応することもあります。さらに、アレルギー反応は痒み等の皮膚症状だけではない場合もあり、重度の場合、体を掻いたと思ったら、そのあと突然元気がなくなったり、吐いたり、けいれんを起こしたりする場合があります。異変に気づいたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。

庭の籐の椅子に猫を引っ掻く縞模様の灰色の猫

猫の皮膚トラブル:ほかのペットに感染するもの

猫のフケが目立つ皮膚トラブルの原因には、寄生虫や真菌など別のペットにもうつるものが複数含まれます。もっとも頻繁に起こるのはノミの寄生です。ノミは寄生していても、全く無症状な個体もいれば、皮膚炎になったり脱毛したりなど明らかな皮膚トラブルが起きる個体もいます。ノミは動きが早くて寄生しても見つけられないことも多く、ノミ以外のペットに寄生する可能性のある寄生虫についても、目で見えないからと言って寄生していないとは言い切れないと、The Spruce Pets は注意を呼びかけます。獣医師は、こういったノミやマダニの駆除を定期的に行うことで、結果的に寄生を予防することを勧めています。複数ペットを飼っている場合には、必ずすべてのペットに対して予防を行うようにしましょう。また、こういった寄生虫のほかにペット同士でうつるものには、白癬などの真菌症があります。こういったペット同士でうつる感染症は、その個体の治療以外にも、隔離するなどの管理や、環境中の消毒など気を付けなければいけないことが多くあります。

まずは動物病院に受診を

乾燥による皮膚トラブルだった場合、ついついインターネットで、家庭でできる治療方法や自然療法について検索したくなるかもしれませんが、そういったオイルやスプレーなどのグッズの中には、人間には安全でも猫にとっては有毒なものもあると、アメリカ動物虐待防止協会 は警告しています。猫に試す前に、かならず獣医師に相談するようにしましょう。

また、食物アレルギーによって皮膚トラブルが起きている可能性がある場合には、獣医師より食事管理を勧められる場合もあります。食物アレルギーでは、原因となる食物を摂取しないようにする必要がありますから、必ず決まった期間、そのフードのみを与えるようにします。また、原因いかんにかかわらず、皮膚トラブルが起きているときには、乾燥が悪化要因にもなるため、冬場など環境中の乾燥が気になるときには加湿器を使用したりするのもよいでしょう。

いずれにしても、猫のフケが目立ったり、痒がったりしているときには、まずは動物病院を受診し、皮膚の状態を確認してもらって、どういった皮膚トラブルが起きているのかを確認してもらいましょう。猫の生体はまだ未知な部分も多く、使用できる薬剤や製品が限られているため、自己判断で対処しようとすることは大変危険です。日頃からブラッシングなどのケアを行い、気になることがあれば獣医師に相談しましょう。

Contributor Bio

クリスシー・クリンガー

筆者紹介
クリッシー・クリンガー

クリッシー・クリンガーは、教師であり、作家であり、2人の子供、そして3匹の犬と3匹の猫の母でもあります。アクティブでエコフレンドリーなライフスタイルを楽しんでいます。

関連記事