シニアの愛猫に最適なフードを選ぶ

執筆:
所要時間:

シニア猫の栄養ニーズ

猫の栄養ニーズは加齢とともに変わるので、飼い主にとっても猫にとっても食事を考えることが難しくなることもあります。人と同じように猫も歳を重ねて大きな身体的変化が起きるからです。シニア猫の変化を理解してフードも変えていくことが体重と健康の維持に役立ちます。

体重管理

猫が最も肥満になりやすいのは中年期です。愛猫の食べる量は減っているのに体重が増え続けていることに気づいたら、代謝や活動レベルの低下が原因として考えられるかもしれません。猫のライフスタイルは基本的に省エネなので、栄養価の高いキャットフードを食べ続けていると、カロリーの摂りすぎになって体重が増えてしまいます。特に高齢の猫での体重増加は、心臓、呼吸器、皮膚、関節などの慢性疾患につながるリスクがあります。フードの量を減らしたり、低カロリーのフードに変えたりすることで体重を減らせるかもしれません。

体重はときとして老化現象の一つとして減っていくことがありますが、何らかの基礎疾患が原因で痩せるケースも少なくありません。もしシニアの愛猫が食欲旺盛なのに体重が減っているときは、心臓病や甲状腺機能障害、がん、糖尿病などの徴候がないか、動物病院で診察を受けましょう。食欲減退は歯周病(歯肉と歯の問題)のような口腔疾患や味覚障害のほか、消化器疾患、腎臓病、疼痛など体の不調の原因となるどんなことでも起こる可能性があります。

シニア猫の健康維持

シニアの愛猫に与えるフードの量を決めるときには、以下のシニア猫適正栄養ガイドライン を参考にしましょう。

  • 身体的条件(体調や基礎疾患の有無)と環境条件(室内飼いと屋外飼育、避妊・去勢手術の有無など)に合わせてカロリー摂取量をゆっくりと調節していく。
  • 猫が活動的になれるように猫にとって無理なく楽しめる環境を整える。
  • シニア向けにカロリーが調整されたフード(低脂肪または高繊維質)に切り替える。
  • 食事量を適正に管理する。1日の食事の量を決めて、複数回に分けて与える。
  • 自動給餌器や知育玩具(フードを入れるおもちゃ)を導入する。
  • フードは猫が入れない部屋や開けられないケースで管理する。

飼い主にできるサポート

最良のキャットフードを選ぶことは、シニア猫の生活の質の向上につながります。猫の健康には、抗酸化物質、脂肪酸、プレバイオティクスを加えた フードが有益であることが示されています。良質な原材料で作られたサイエンス・ダイエット シニア 11歳以上 高齢猫用ドライ製品は、抗酸化物質、オメガ-3脂肪酸、その他の栄養素の独自の配合と消化しやすい設計で、以下のような健康に役立つ特徴を備えています。

  • 健やかなエイジングをサポート
  • 高齢猫の敏捷性、注意力、社交性の維持を助ける独自のマルチビタミン配合
  • 脳、心臓、腎臓の健康を支える重要な栄養素を最適なレベルで含有
  • 高品質で消化しやすく、風味も栄養も豊富な原材料を使用(人工の着色料、着香料、保存料不使用)

愛猫をサイエンス・ダイエット シニア 11歳以上 高齢猫用ドライ製品 に移行する方法を詳しく調べてみましょう。

室内飼育の高齢猫のために栄養バランスを整えた、サイエンス・ダイエット 室内猫の毛玉・体重ケア シニア 7歳以上 高齢猫用ドライ製品 もあります。このシニア猫用フードはバランスの取れた栄養素を含んでいて、以下のような健康に役立つ特徴を備えています。

  • 眼、心臓、腎臓の健康を支える重要な栄養素を最適なレベルで含有
  • 高品質の原材料と食物繊維が健康的な消化と便通をサポート
  • 免疫系の健康を支える抗酸化物質と、ビタミンCおよびEを配合
  • 高品質で消化しやすく、風味も栄養も豊富な原材料を使用(人工の着色料、着香料、保存料不使用)

最適なフードを選ぶことが、シニア猫に健康的に長生きしてもらうためのサポートになることは間違いありません。シニアの愛猫のニーズを満たす最良のフードについて、獣医師に相談しましょう。

Contributor Bio

高橋智司

編集責任者: 高橋智司
アソシエイト ディレクター  獣医師
プロフェッショナル獣医学術部
日本ヒルズ・コルゲート株式会社

関連記事