犬が食べてはいけない危険な食べ物ものとは?

所要時間:

Dog standing over metal food dish in the kitchen私たちにとって愛犬は大切な家族の一員です。だからといって食べる物も同じではありません。害になってしまう食べ物もあるのです。たとえば、犬は私たちのように油っこくて脂肪の多い食物に慣れていません。そのため、それらを食べると下痢や胃の不調を起こすおそれがあります。では、どのような食べ物が有害で避けるべきなのでしょうか。

チョコレートとカフェイン

チョコレートが犬に有害であるということはよく知られています。猫と違ってほとんどの犬は、食べ物に対する興味スイッチが常に『オン』になっていて、『オフボタン』を持ち合わせていません。もしチョコレートを食べてしまった場合、どうなるのでしょうか。現れる症状と毒性はチョコレートの種類と量によって異なります。主な症状としては、嘔吐、下痢、のどの渇きの増加、腹部不快感、元気消失、筋肉の振戦(ふるえ)、不整脈、高体温、痙攣発作、などがあります。状況によっては死に至ってしまう場合もあるのです。よりカカオ成分の濃度が濃いダークチョコレート(ケーキ用チョコレートやココアパウダーなど)ほど犬には危険です。チョコレートにはカフェインとテオブロミンが高濃度で含まれており、どちらも犬に中毒症を引き起こします。カフェイン入りの飲料についても犬の手の届くところにおいてはいけません。犬が人間の食べ物を食べることの危険性について、ここでもう少し詳しく学びましょう。

 

ぶどうとレーズン

ぶどうとレーズン(干しぶどう)は、食べても問題ない場合もありますが、腎不全を引き起こす犬もいるとされています。ではウチの犬はそのどちらなのか。見極めようとするなんていうリスクを冒す価値はありません!悪いケースでは、食べてから12時間以内に嘔吐、元気消失、下痢が起こります。症状に対する治療を実施しなければ、脱水、食欲減退、排尿増加とそれに続く排尿減少につながることもあります。犬がぶどうかレーズンを食べた後にこれらの症状が現れたときは、すぐに獣医師に診せてください。場合によっては慢性腎臓病になったり、急性腎不全で3〜4日で死んでしまうことさえあります。

アルコールと生のパン生地

飲料に含まれている少量のアルコール、シロップ、生のパン生地は、犬に有毒な場合があります。これらの製品はエタノールを含み、ビールにはホップも含まれていて、この2つはいずれも犬にアルコール中毒を引き起こす可能性があります。中毒症状には、嘔吐、見当識障害、高体温、情動不安、過剰なパンティング、筋肉の振戦、痙攣発作があります。アルコール中毒の症状を示している犬は、回復するまで獣医師に監視してもらう必要があります。臓器系の機能不全を起こし、死に至ることさえあるからです。生のパン生地に含まれている酵母は胃を拡張させることがあり、これは組織損傷や呼吸困難につながるおそれがあります。

キシリトール

キシリトールは、シュガーレスガム、砂糖不使用のキャンディや焼き菓子などの食品に使われる人工甘味料です。歯磨剤、マウスウォッシュ、噛むタイプのビタミン剤、咳止めシロップなどに使われていることもあります。犬が摂取すると命に関わるほどの血糖降下が起こる可能性があり、肝障害も起こる可能性があります。症状には嘔吐、痙攣発作、協調運動失調などがあります。発症までの時間には摂取の数分後から数時間後までと幅があります。アメリカのペット中毒相談室によると、約4.5キログラムの犬なら、たった1個のシュガーレスガムだけでも中毒量に達することがあるとのことです。キシリトールを大量に食べた犬は肝不全を起こすおそれがあります。キシリトールを含むものを食べたことが疑われるときは、直ちに獣医師に連絡しなければなりません。

タマネギとニンニク

タマネギの仲間は、ニンニクやエシャロット、ネギからアサツキまで、どれも有毒です。これらには、犬に胃腸炎、貧血、赤血球の深刻なダメージを引き起こす物質が含まれていて、ニンニクはタマネギの5倍強力と考えられています。玉ねぎあるいはニンニク中毒の症状には、元気消失、筋力低下、オレンジ色から暗赤色を帯びた尿などがありますが、これらは摂取してから数日間ははっきり症状が出ないことがしばしばあります。そのため摂食したと思われた後の観察はより重要です。秋田犬や柴犬などの日本犬は、ニンニクとタマネギに対する感受性がより高い傾向があるようです。

有害なその他の食品

乳製品は、下痢や食物アレルギー等の消化器系の不調を招くことがあります。また、マカダミアナッツは、ほんの数粒で筋力低下、麻痺、協調運動失調を引き起こすことがあります。アボカドには、軽い胃の不調を起こさせるペルシンが含まれています。加えて、肉(牛や豚、鶏肉など)や魚の骨についてもとても危険です。噛み砕いたときに裂けてのどに刺さったり、逆に硬すぎて歯を折ったり、腸を傷つけたりする可能性があります。

犬に与えてもよい食べ物かどうかわからないときは、まず獣医師に相談するようにしましょう。一般的な経験則として、人間の食べ物は犬に与えないのが一番です。食卓の隣であなたをジッと見つめる子犬のまなざしを無視するのは難しいかもしれません。しかし視線に負けて与えてしまうと、より深刻なほかの問題もさることながら、しばしば体重増加に至ります。愛犬を肥満の危険にさらさないためには、栄養ニーズを満たすように特別に設計されたドッグフードだけを与えるようにするのが一番いいでしょう。

筆者紹介

高橋智司

編集責任者: 高橋智司

アソシエイト ディレクター 獣医師
プロフェッショナル獣医学術部
日本ヒルズ・コルゲート株式会社

関連記事

  • ペットフードに重要な栄養素と原材料の最適なブレンド

    180680638 栄養素も、高品質な原材料も-ペットフードにおいては、これら両方の要素が大事です。栄養素、品質、そして味のために選ばれた原材料の最適なブレンドが必要です。
  • 愛犬にフードを与えすぎることにひそむ、健康上のリスク

    180680638 太り過ぎは、非常によく見られる問題です。愛犬にフードを与えすぎることの持つ危険性についてご紹介します。
  • グレインフリーはすべてのペットに最適でしょうか?

    最近パッケージに、「グレインフリー」と表記されたペットフードが多く販売されていますが、これらはグレイン=穀物を原材料に使用していないことを指しています。○○フリーと書いてあると何となく健康に良さそうなイメージがあるかもしれませんが、全てのペットがこのような食事を食べなければならないわけではありません。
  • ナチュラルペットフードの「ナチュラル」とは?

    ペットフード安全法では、化学的な合成物に属する添加物等について、仮に一生食べ続けたとしても大丈夫なように使用量の上限が定められていますので、「ナチュラル」な製品の方がそうでないものよりも安全であったり健康維持に役立ったりするという訳ではありません。

関連商品