ペットに嫌われた?犬や猫がなつかない理由と絆を深めるコツ

執筆: エリン・オリラ
所要時間:

※参照リンク先は英語になります。

「愛犬が私を嫌っている」とか「なぜうちの猫はこんなによそよそしいのだろう」とか、感じたことがありますか?もし、あったとしても心配する必要はありません。同じように感じている飼い主はほかにもたくさんいるようです。実際のところ犬と猫はときどき素っ気なく見えることがありますが、それはペットとの絆が結べていないとか、ましてやペットがあなたを嫌っているという意味でもありません。

愛犬が私を嫌っている ─ どうしたらいいの?

いよいよ犬を家に迎えるときが来たら、ぎゅっと抱きしめるシーンや、ゲームのような楽しいトレーニング、たくさんの遊び時間など、いろいろ想像してしまうかもしれません。でもあいにくそのすべてが実現するとは限りません。犬にも人にも適応する期間が必要なのです。「愛犬が私を嫌っている」と感じることがあったとしても、それは単に犬があなたを知るのに時間がかかっているだけ、ということを思い出して下さい。信頼を得るためには忍耐が必要です。辛抱強く群れのリーダーとしての役割を果たしていれば、犬はきっとあなたのことを受け入れてくれるはずです。

これまで何の問題もなく愛犬と一緒に暮らしてきて、とくにずっと強い絆で結ばれていたのに、「多分この子はもう私を好きじゃないんだわ」と、突然感じることがあった場合には要注意です。そのような行動の変化は健康問題の現れかもしれないので、愛犬を獣医師のところに連れて行くことが重要です。さらに犬の行動が変化する理由は健康面だけとは限りません。突然群れに関心を示さなくなった犬は、嫉妬、不安、抑うつなど、さまざまな感情を抱いている可能性があります。最近、誰かが引っ越してきて家族に加わった(または出て行った)とか、いつもより散歩に連れ出す頻度が減っていたとか等、家庭環境に何か変化はありませんでしたか?ルーティーンの変化は、人にとってはほんの些細なことでも、犬があなたに関心がないように振る舞う原因になります。

常に犬の個性を尊重するように心がけてみましょう。期待どおりの個性ではなかったとしても、「多分この子は私を好きじゃない」などと決めつけないようにしてください。参考になる例がVetstreetに掲載されていたので、ご紹介しましょう:「喜んでくっつかれたり抱かれたりする犬もいれば、ちょっと触れるぐらいしか許してくれない犬もいます。なでられるのを喜んでいない犬を触り続けようとしたら、ほぼ確実に、犬に避けられるようになってしまいます」

犬の年齢が無関心さと関係している場合もあります。遊び好きな子犬もやがて関節炎に悩む老犬になリます。起き上がってボールを追いかけるよりもベッドでゴロゴロするようになるでしょう。そんな行動の変化は、あなたと過ごす時間が好きではなくなったということではなく、老化による変化なのです。

愛犬と心を通わせるためのヒント

愛犬と絆を結んだり、信頼関係を再構築するための方法はたくさんあります。すぐに試せる例をいくつかご紹介しましょう。

  • 毎日散歩に連れ出す。
  • 毎日決まった時刻に食事を与える。
  • 「取って来い」などのゲームや犬用アスレチックコースで一緒に遊ぶ。
  • 毎晩、犬をなでたりグルーミングしたりする。
  • 訓練中や良い行いをしたときにおやつを与える。

素っ気ない猫の扱い方Cat with bright blue eyes hides in red wood drawers.

いくらでも抱っこさせてくれるような友好的で愛情深い猫もいますが、種全体としては独立心が強いことで知られているので、自分の猫が素っ気ないタイプだと思っている飼い主が多くいます。猫は単独行動を好むことが多く、飼い主との1対1の時間を犬ほど多く必要としません。でも、独立心が強いとはいえ、猫が日課としてのトレーニングに向いていないというわけではありません。実際、愛猫をトレーニングする時間は信頼関係の構築に役立ちます。なかなか思うようにはいかないかもしれませんが、焦らずゆっくりやりましょう。しばらくすると、猫はあなたが食べ物、おもちゃ、キャットタワーなどを提供してくれる人だと認識して、愛着を持ち始めてくれるでしょう。

ただし、猫が突然素っ気なくなったときは、動物病院で健康に問題がないことを確認してもらわなければなりません。猫は、具合が悪いと感じたときや、何かがおかしいときには、引きこもって飼い主への興味を失いますPetMDでは、高齢猫に多い7つの病気に含まれる関節炎、糖尿病、腎臓病などの健康問題を除外してもらうよう勧めています。

若くて健康なのに、あるいは健康診断で異常がなかったのに、素っ気ないように思うなら、まずはわざと無礼な振る舞いをしている訳ではないことを理解してあげてください。猫の愛情表現はさまざまです。PetMDは、猫の愛情表現の方法だと思われている一つを紹介しています。「頭をこすりつけるのは猫の挨拶の一つです。あなたを自分と同じ猫とみなして、耳の前にある皮脂腺を使って挨拶し、自分の匂いをあなたに付けるのです。あなたは同じ仲間の一員と思われています。すぐに匂い付けのお返しをしてあげましょう」

愛猫と心を通わせるためのヒント

あなたが愛猫に愛情を示すことができる方法は、たくさんあります。絆を再構築したり新たな信頼関係をうまくスタートさせたりするのに役立つ、すぐに試せる例をいくつかご紹介しましょう。

  • 毎日決まった時刻に食事を与える。
  • 先端に羽根の付いた棒を振ったり、おもちゃのネズミを投げたりして一緒に遊ぶ。
  • 毎晩、猫をなでたりグルーミングしたりする。
  • 遊んでいるときや触れようとするときにおやつ(数粒のドライフードが役立ちます)を与える。
  • 鳴きまねや、のどを鳴らすまねをして会話する。

ワンちゃんや猫ちゃんの行動が素っ気なく見えたとしても、それはあなたのことを好きではないという意味ではないことを覚えておいてください。原因になりうる健康の問題や生活環境の変化に向き合って、取り組みながら一緒に過ごしていくことで、幸せで愛情一杯の関係を築ける(取り戻せる)はずです。

筆者紹介

Erin Ollila

エリン・オリラ

 

エリン・オリラは、メッセージが持つ言葉の力は受け手に伝わり、時に大きな変化をもたらしうると信じる、熱狂的なペット好きです。インターネット、出版物と活動の場は広く、ツイッターは@ReinventingErin、さらに詳しい情報はホームページのhttp://erinollila.comで入手可能です。

 

関連記事

  • 子犬が吠える理由とは?適切なしつけで対策しよう

    吠えることは犬にとって自然な行動でり、子犬も吠えながら大人へと成長していくものです。でももし吠えるのをコントロールできるとしたら、飼い主や犬だけでなく周りの人達もより幸せになることでしょう。吠える子犬のしつけ・対策についてご紹介します。
  • 噛みぐせの正しいしつけの方法は?

    犬の口は、人間の手と非常に似た役割を果たします。周囲の環境を探るために使うのです。つまり愛犬は、何か面白そうなものをみつけると噛んだり味見したりする行動を取る、ということです。
  • 犬の食糞やあくび・穴掘りなど、愛犬の12の行動に隠れた意味

    犬の行動には意味があります。「犬語」が分からなくても犬の行動の原因を探ることは大切です。たとえば「噛む」という行動が深刻な問題になることもあります。行動に注意を払えば、問題を解決できるかもしれません。
  • 子犬のトイレのトレーニング

    おうちの中で一緒に暮らし、トイレもおうちの中でするようにしつけたいご家庭が多いのではないでしょうか?そんなあなたに、子犬の頃からできるおうちでのトイレのトレーニング方法をご紹介します。