愛犬にフードを与えすぎることにひそむ、健康上のリスク

愛犬に、フードを与えすぎると…
我々人間と同様に、犬も必須ビタミンや栄養素、ミネラルなどの適切なバランスがとれた食生活を必要とします。アメリカのMSPCA Angell Shalit-Glazer クリニックの獣医師であるサラ・カーター先生によれば、バランスのとれたペットフードを与えられていない犬は、骨の異常や、カルシウムとリン不足による骨粗鬆など、様々な健康上の問題を抱えてしまう可能性があります。愛犬に適切な量のフードを給与しているかどうか、確認してください。フードの与えすぎは、多くの問題をひき起こしてしまいます-そして、それは肥満に繋がります。肥満状態というのは、管理が難しい状態なのです。
「肥満の犬というのは、健康な犬ではありません。肥満の犬の多くは、活発ではなく、お散歩に行ったり階段を上り下りしたりすることを嫌がります」と、カーター先生。「走ったりジャンプしたりすることが出来る犬の方が幸せだし、精神的にも身体的にもより良好な健康状態を保てます」。
肥満は、糖尿病や関節炎などの炎症症状を引き起こす可能性があります。カーター先生によれば、整形外科系や神経系の病気は、肥満の場合、より治療が難しくなる可能性があるそうです。たとえば、骨盤がずれていたり骨折した時、体重が平均より重いと回復や動き回ったりすることがより大変になる、と、先生は説明します。どのような犬であっても肥満になる可能性がありますが、あまり動かず、より多くのカロリー量を摂取する犬たちが一番肥満となるリスクが高くなります。残念ながら、犬種と関係なく、多くの犬は現在太り気味や肥満です。
正確な診断、そして治療方法の種類を知るために、必ずかかりつけの動物病院にご相談ください。愛犬の現在の症状に最も適切なフードを紹介してもらいましょう。

関連するペットケア情報