ドッグフードを切り替える時の方法・アドバイス

Published by
所要時間:

ドッグフードを切り替える場合は、おなかのトラブルや消化系の不調を避けるために徐々に行うことが大切です。

切り替えの際は、これまでのフードに新しいフードを混ぜ、7日間以上をかけて徐々にこれまでのドッグフードの量を減らし新しいドッグフードの割合を増やしていってください。

 

 

以下の状況でペットフードを切り替えると思います。その時は上記の方法に従って変えてください。

  • 子犬は12ヶ月齢で成犬になります。従って成犬に適した栄養素を摂取できるよう成犬用ドッグフードに切り替える必要があります。
  • 大型犬の子犬と小型犬の子犬は、それぞれに必要な栄養素を摂取するために、大型犬向けまたは小型犬向け成犬用ドッグフードに切り替えてください。
  • 7歳前後以上の小型・中型犬は、高齢期に適した栄養素を摂取できるよう、高齢犬用ドッグフードに切り替える必要があります。
  • 5歳前後以上の大型犬は、この種の犬に適した栄養素を摂取できるよう、大型高齢犬用ドッグフードに切り替える必要があります。
  • 妊娠中または授乳中の犬には、カルシウムが通常よりも多く含まれる高カロリー食が必要で、また、この特別な期間の間に子犬用ドッグフードに切り替えてください。ただし、妊娠中や授乳中の大型犬は、大型犬子犬用フードではなくて、通常の子犬用ドッグフードに切り替えてください。
  • もし獣医師さんに特定の療法食を勧められるなら、必ず獣医師先生とペットフードの切り替えをご相談ください。切り替えを成功させるために特別な考慮や提案がもらえるかもしれません。

関連記事

  • ナチュラルペットフードの「ナチュラル」とは?

    ペットフード安全法では、化学的な合成物に属する添加物等について、仮に一生食べ続けたとしても大丈夫なように使用量の上限が定められていますので、「ナチュラル」な製品の方がそうでないものよりも安全であったり健康維持に役立ったりするという訳ではありません。
  • 高タンパクフード:愛犬にとって最適なタンパク量はどれくらい?

    高タンパクフードは愛犬の体に良さそうです。でも、犬って本来、肉食動物ですよね…違いますか?しばしば耳にする意見です。ここではどんな種類のタンパク質をどれくらい摂ることがベストなのかを学んでいきます。
  • グレインフリーはすべてのペットに最適でしょうか?

    最近パッケージに、「グレインフリー」と表記されたペットフードが多く販売されていますが、これらはグレイン=穀物を原材料に使用していないことを指しています。○○フリーと書いてあると何となく健康に良さそうなイメージがあるかもしれませんが、全てのペットがこのような食事を食べなければならないわけではありません。
  • ペットフードに重要な栄養素と原材料の最適なブレンド

    180680638 栄養素も、高品質な原材料も-ペットフードにおいては、これら両方の要素が大事です。栄養素、品質、そして味のために選ばれた原材料の最適なブレンドが必要です。