ペットのボディ・コンディション・スコアとは?- ペットの体型チェックをしてみましょう!

執筆:
所要時間:

ペットの体型を知る意義

ペットの体重が理想的に維持できれば、起こる可能性のある健康問題をひと足はやく解決できます。特に、長期間にわたって体重が緩やかに変化するような場合は、なかなか気づきにくいものです。だからこそ、簡単なボディ・コンディション・スコア(BCS)のチェックを時々実施することは、ペットの体型の現状を知り、肥満に関わる病気になってしまう前に、注意する事やしておいた方がよい事などを理解するために役立ちます。

ボディ・コンディション・スコアとは?

ボディ・コンディション・スコアは、ペットの体型をわかりやすく評価できるツールです。ペットの体格の変動度合および食事の量が適正かどうかを判定することに役立ちます。体型と体重をモニタリングすることは、肥満の予防はもちろんですが、反対に急激な体重減少にも、いち早く気づくことができます。

ボディ・コンディション・スコアの測り方

診察のたびに獣医師はペットの体重を測定します。1~5の5段階で評価します。1は削痩、5は肥満を意味します。必要に応じて、獣医師はペットが最適BCSの3に到達できるように、与える食事の量を調節するようアドバイスしてくれます。

ボディ・コンディション・スコアの分類:

•5 – 肥満
肋骨は厚い脂肪に覆われ、触ることは非常に難しい。膝のような比較的骨張った部分も中程度から厚めの脂肪に覆われている。

•4 – 体重過剰
脂肪が厚く、肋骨や比較的骨張った部分の骨に触れるのが難しい。

•3 – 理想体重
薄い脂肪に覆われ、肋骨に容易に触ることができる。骨の突起もごくわずかな脂肪で覆われている。

•2 – 体重不足
肋骨はごく薄い脂肪に覆われ、触れなくても目で見て肋骨の存在が分かる。

•1 – 削痩
肋骨は脂肪に覆われず、目で見てはっきりと肋骨が分かる。骨の突起も目で見て分かり、脂肪は認められない。

自宅でスコアを測れる?

BCSのスケールが理解できれば、診察と診察の間に自宅でBCSをチェックすることができます。

BCSを改善する方法

推奨量のフードを与えているのに痩せてきていることに気づいたら、できるだけ早く獣医師に診てもらうのがいいでしょう。体重減少は、より深刻な健康問題のサインのこともあるからです。一方、体重増加は、一般的には食べ過ぎと運動不足の問題です。ペットが太ってきていることに気づいたら、獣医師にフードの量を相談するこれまで以上に遊んだり活動したりする機会を与える、場合によってペットフードを変更するなどの対応が必要かもしれません。

ペットの正しい運動のさせ方のヒントについてはペットケアセンターをご覧ください。

さらに、ヒルズの猫用フード には、猫が健康体重を維持するためにぴったりのフードがそろっています。是非チェックしてみてください!

 
 

Contributor Bio

高橋智司

高橋智司

 

高橋智司 アソシエイト ディレクター  獣医師 プロフェッショナル獣医学術部 日本ヒルズ・コルゲート株式会社

 

関連記事