犬が散歩中に拾い食いする理由と止めさせる方法

執筆: カーラ・マーフィー
所要時間:

子犬が散歩デビューをしてから、飼い主と楽しそうに並んで歩くこともできるようになり、他の犬とも堂々とあいさつ。社会化もしつけもトレーニングもすべてうまくいった~!っと油断していると、新たな困りごとが起きてしまうこともあります。

たとえば急にリードがピンと張ってグイッと引きずられ、バランスを崩してしまうこともあるでしょう。子犬に何があったのかと思って見れば、地面に落ちている得体の知れないものを食べようとしている瞬間かもしれません。

落ちているものを何でも口にしてしまう拾い食いは飼い主を悩ませる問題のひとつです。確認する間も止める間もなくガツガツと食べてしまいます。

では、どうすれば散歩中に犬の拾い食いを防ぐことができるでしょうか。そのアイデアをいくつか紹介します。

犬が何でも食べようとするわけ

犬が見つけたものを確認したり食べたりしたいと思うのは自然なことで、危険なものや気持ち悪いものであってもそれは関係ない、とジャーニードッグトレーニング のオーナー、ケイラ・フラットさんは言います。犬がウンチや生ゴミまでムシャムシャと食べてしまうのは、犬のDNAに組み込まれているからなのです。

「犬は自分の口を使って確認したいという最も基本的な衝動に従って行動しているので、見つけたものや気になったものをすべて口にしてしまうのです」とフラットさん。しかも「それは珍しいことではありません」とのこと。

フラットさんによれば、多くの子犬は成長に伴い、何でも口にする時期から脱していくそうです。しかし危険なものが落ちていることもあるため、おなかを壊すだけではすまず、動物病院に駆け込まなければならない事態になる可能性もあります。拾い食いによる誤飲の事故には要注意。犬が口に入れるべきではないものを避けるように、飼い主がトレーニングすることが大切です。

German shepherd puppy pulling on a rope toy

飼い主に集中するように愛犬をしつける

見つけたものを拾い食いするのをやめさせるための最初の重要なステップは、「ちょうだい」や「放して」という号令を教えることです。子犬の幼稚園 という犬のしつけ教室のオーナーであるサンディ・オットーさんは、飼い主に毎日練習をするようアドバイスしています。

この練習方法は家でも簡単に実践できます。

  • 犬の気を引けるもの(おもちゃなど)を片手に持ちます。
  • もう一方の手にごほうび(おやつ)を持って後ろに隠します(犬がそのにおいを嗅がないように注意しましょう)。
  • おもちゃを持った状態で犬が嚙みつかせます。
  • おやつを犬の鼻先に近づけて、そのにおいを嗅げるようにします。
  • 犬がおやつを食べようとしておもちゃから口を離したら、「ちょうだい」と号令を言って、おやつをごほうびとして与えます。

この練習を繰り返せば、犬は「ちょうだい」という号令でくわえたものを放すことを覚えてくれます。

もうひとつの役立つ方法は、犬の注意をそらすことです。犬と楽しく遊んだりおいしいフードをあげたりしていれば、飼い主を期待して見る習慣がつきます。散歩のときに犬の気を引けるおやつを持って行くのも良い方法です。

犬に待つ習慣を教える

子どもと同じように犬にも衝動(とっさの行動)を抑えるように教えることができます。フラットさんは犬が落ちているものや気になるにおいに鼻を近づける前に、飼い主に意識を向ける習慣をつけさせるゲームを提案しています。その一つは「相談」ゲームです。

このゲームは、犬が何かをしたくなったときに立ち止まって飼い主に相談するように教えられます。衝動的に拾い食いなどをする前に、一旦止まるしつけにもつながります。

  • おやつを手の中に隠して握りしめます。
  • 握りこぶしを犬に差し出して、においを嗅いだり噛んだり前足でかいたり自由にさせます。
  • そのまま握りこぶしの状態で待ちます。
  • 犬がおすわりしたら手を開きますが、犬がおやつに飛びついてきたら与えないようにすぐ握りしめます。犬がもう一度おすわりをして1〜2秒待てたら、手を開いておやつを1粒地面に置いて食べさせます。
  • 手を開いてからおやつを与えるまでの時間を徐々に伸ばしていけば、犬に衝動を抑える習慣を身につけさせることができます。

根気強く続ける

これらの方法は犬が拾い食いの衝動を抑えるために多少役立つかもしれません。とはいえ見つけたものを食べるのは犬の本能なので、根気強く練習することも大切。犬が拾い食いをしそうなものが落ちている道を歩かない、飼い主が先に見つけて迂回する、といった配慮も必要です。

もし愛犬の拾い食いの原因が好奇心や食欲だけではないと思ったら、動物病院に相談しましょう。犬が衝動的に食べ物以外のものを食べる原因についてWag! は、多くはないものの異食症と呼ばれる病気も報告されています。犬が目についたものを手当たり次第に食べる傾向を示す症状です。米国動物虐待防止協会(ASPCA)は、子犬が変わったものを噛むときは、歯が生えかけている、ストレスを感じている、といった他の原因にも注意することを勧めています。

愛犬と一緒にしつけやトレーニングに取り組み、一緒に楽しく勉強する習慣をつけましょう。散歩中にも飼い主に意識を向けたり、呼びかけに応えたりすることで、絆はいっそう強くなります。散歩をただ歩くだけのものではなく、自然に触れながら飼い主とのコミュニケーションを楽しむ時間に変えましょう。

Contributor Bio

Kara Murphy

筆者紹介

カーラ・マーフィー ペンシルバニア州エリー在住のフリーライター。ゴールデンドゥードゥルのマディーと暮らしています。

関連記事

  • 犬の気持ちがわかる12の行動とは?食糞やあくび・穴掘りなどの意味

    犬の行動には意味があります。「犬語」が分からなくても犬の行動の原因を探ることは大切です。たとえば「噛む」という行動が深刻な問題になることもあります。行動に注意を払えば、問題を解決できるかもしれません。
  • 犬が飼い主の膝の上に乗りたがる理由:5つの可能性

    心地よいスペースがあるにもかかわらず、愛犬が飼い主の隣ではなく膝の上に乗りたがる理由と、座らせるのがお勧めの時、そうではない時をご説明します。
  • 子犬のトイレのトレーニング

    おうちの中で一緒に暮らし、トイレもおうちの中でするようにしつけたいご家庭が多いのではないでしょうか?そんなあなたに、子犬の頃からできるおうちでのトイレのトレーニング方法をご紹介します。
  • 子犬のあまがみどうしたらいいの?

    子犬はなぜ人をかんでしまうのでしょうか?子犬は興味があれば何でも噛んでみたいと思う動物です。「人をかんではいけない」と教えるための5つのステップをご紹介いたします。