トイプードルの飼い方

Published by
所要時間:

飼いやすい性格のトイ・プードル

トイ・プードルは、利口で活発な性格で、愛情深く従順、そして訓練性も優れている、非常に飼育しやすい犬です。抜け毛がないことや、体臭が少ないことから、トイ・プードルは室内飼いにぴったりの犬種といえます。多頭飼いにも向いているので、理想的な家族の一員となるでしょう。

 

トイ・プードルはまめなボディケアを

トイ・プードルの飼い方で、もっとも気をつけたいのは、ボディケアです。トイ・プードルは抜け毛が少ない代わりに、毛が伸びます。また巻き毛なので、お手入れを怠ると毛玉ができ、皮膚疾患を招きやすくなります。毎日のブラッシングが理想的です。

 

そして、トイ・プードルの成犬は1カ月に1度を目安に、定期的なトリミングを行います。家庭でも時折、シャンプーをして、毛のもつれを取ってあげるとよいでしょう。 また、トイ・プードルは涙やけが起こりやすい犬種ですが、その原因も状況にも個体差があります。治療については獣医師とよく相談するのがよいでしょう。家庭では眼の周囲を専用の洗浄液等を使用して、汚れや目ヤニをこまめにやさしく拭きとり、常に清潔に保つように心がけましょう。

 

さらにトイ・プードルは、耳のずっと奥まで、柔らかな毛がびっしりと生えていて、耳の中のケアがしにくい犬種です。耳の中はデリケートな部分ですので耳毛の処理についてはトリミングサロンや動物病院に任せるのがよいでしょう。家庭では定期的に耳をチェックし、目に見えるところに耳垢や汚れがあれば、専用の洗浄液やシートなどを使って優しくふき取りましょう。耳垢の量が急に増える、赤みがある、痒がる(頭を振る、耳を後ろ足で引っ掻く)、耳が臭う等に気づいたら、すぐに動物病院に受診しましょう。
愛犬の状態に合わせて獣医師に相談しながら、定期的なケアを施しましょう。

 

運動好きのトイ・プードル

小さな体に大きなパワーを秘めるトイ・プードルですから、活発な運動を好みます。子犬の頃はとくに、体力の限界以上に遊びすぎることもあるかもしれません。愛犬の体力を考慮しながら、日々の散歩やスポーツを一緒に楽しんであげるのが、トイ・プードルの飼い方のポイントです。トイ・プードルは全般的にフレンドリーな性格で、散歩中にほかの犬や人と触れあうことをとても喜びます。逆に、運動不足やコミュニケーション不足は、ストレスのもとになることもあります。 なお、トイ・プードルにかぎらず、高齢犬になると激しい気温差で体調を崩しやすくなります。寒さ対策は万全にし、家の中でもゆったりと落ちついて過ごせる暖かい場所を提供しましょう。

関連記事