犬の血尿:飼い主ができること

執筆:
所要時間:

犬を飼っていると、ときには愛犬の血尿を経験することがあるかもしれません。血尿というとなんだか恐ろしく聞こえますが、多くは治療が可能です。単純な尿路感染症や良性の前立腺疾患が原因だったということもあります。

血尿は尿に血液が混じっていることを意味する用語です。とはいっても、程度によって見え方は様々でうっすらピンク色の様に見えるものから赤やオレンジ色に見えるものもあります。血尿の原因の多くは、上部尿路と下部尿路を含む泌尿器の炎症あるいは感染です。いずれにしても尿や排尿の様子に異常を感じたら、獣医師に確認してもらう必要があります。

では、犬の血尿の一般的な原因、愛犬に血尿が見られたときに飼い主がするべきこと、そして獣医師が勧める可能性のある治療法について見ていきましょう。

上部尿路の原因

人と同じく犬でも上部尿路には2つの腎臓が含まれます。尿中の血液が上部尿路のこの部分に由来しているときは腎臓に問題がある傾向があります。上部尿路の出血原因としては、以下のようなものが考えられます:

  • 特発性腎出血:これは、尿中の血液が腎臓に由来していて、その理由が不明のものを言います。医薬品、感染症、免疫系の問題などが原因の可能性があります。

  • 腎臓の感染症:犬に血尿が見られた場合、片側または両側の腎臓に感染が起こっている可能性があります。

  • 腎臓結石:多くはありませんが、片側または両側の腎臓に結石が生じて血尿を引き起こすことがあります。

  • 腎臓がん:多くはありませんが、犬の腎臓にがんができて血尿を引き起こすことがあります。このがんは、腎臓内に留まることもあれば身体の他の部分に広がることもあります。

  • 腎毛細血管拡張症:ウェルシュ・コーギーなどの一部の犬種には、血尿を起こすことがある自然発生の腎内血管拡張症の遺伝的素因があります。

Smiling Welsh corgi pembroke dog lying down in the green grass

下部尿路の原因

下部尿路には、膀胱と、膀胱と外界をつないでいる管である尿道が含まれます。この部分の出血の原因には以下のものがあります:

  • 膀胱の感染症:犬の血尿の圧倒的に多い原因は、下部尿路感染症(UTI)です。肛門のまわりや生殖器周辺の常在菌が膀胱に感染することが多く、一時的なものもあれば、何らかの基礎疾患のために繰り返すこともあります。尿が膀胱に残ったままになる状態が続くと感染が起きやすくなるため、泌尿器や生殖器の解剖学的構造の異常や避妊した雌のホルモンに関連して引き起こされることがあります。また、免疫を抑える作用のある薬剤を長期間使用した場合にも起こるケースがあります。
  • 膀胱結石:これは、水分摂取量の不足、遺伝的素因、栄養、感染症を含む様々な原因で形成されます。
  • 膀胱がん:犬の膀胱がんは症状が見かけ上UTIに似ていることが多く、家の中での粗相、排尿困難、血尿を引き起こすことがあります。
  • 前立腺の問題:去勢されていない雄犬に最も多く見られる前立腺の問題は、良性の前立腺肥大と前立腺の感染症です。

血尿の原因で上部尿路と下部尿路の両方に影響することがあるものには、交通事故や別の犬からの攻撃で起こり得る膀胱破裂、血液の凝固異常(血液凝固の問題を意味する専門用語)、および血管炎(血管の炎症)があります。

診断と治療

愛犬に血尿が見られたときは、できるだけ早く獣医師の診察を受けましょう。原則として、最初の血尿から24時間以内に獣医師に診てもらってください。受診する際には、血尿の際の状況や薬の投与の有無などを説明できるようにしておきましょう。

獣医師はまず尿検査を行って血尿の状況や尿の性状を確認します。細菌が問題に関係しているかを調べるための尿培養を勧められることもあります。また、併せて犬の身体検査、血液検査、X線検査、超音波検査も状況に応じて実施されるでしょう。

治療法は出血の具体的な原因によって異なります。問題が細菌に関連するものであれば抗生物質を処方されるでしょう。良性の前立腺肥大や前立腺腫瘍の場合は、おそらく去勢処置を勧められます。膀胱結石やその他の様々な問題による出血であることが判明した場合は、外科手術を提案される可能性もあります。症状によっては、犬の不快感を和らげるために抗炎症薬や鎮痛薬が処方されることもあります。

血尿の原因に応じて、獣医師からフードの変更を勧められることもあります。犬の尿路問題の管理では栄養が重要な要素になります。水分の多い食事は尿を希釈するのに役立ちますし、結石を形成しにくいように工夫してあったり尿pHを最適化したりする特別なフードもあります。

 

将来の泌尿器疾患の予防

愛犬の血尿やその他の泌尿器の問題を予防する一番の方法は、獣医師による定期健診を受けることです。検査を定期的に受けることによって、愛犬がたとえ泌尿器に関する病気になりやすい素因があったとしても、病院で定期的に尿検査を受けることで早期に対処でき、健康な状態を維持することに役立ちます。

また、排尿の様子を観察することも飼い主として必要なことの一つです。血尿などの問題を放置すると、もっと重大な問題につながってしまうこともあります。愛犬の健康を守る第一線にいるのは飼い主ですから、注意深く観察して、何か気になることがあれば獣医師に相談することが肝心です。愛犬の幸せと健康維持のためには、愛情はもちろんのこと、注意力も大事なのです!

 

Contributor Bio

パティ・クリー獣医師

パティ・クリー獣医師はウェルズリー大学とペンシルベニア州立大学獣医学部をともに優秀な成績で卒業しました。ウォートンビジネススクールのVMD/MBA二重学位制でMBAも取得しています。現在はフロリダ州マイアミのサンセットアニマルクリニックのオーナーですが、それに留まらず、底なしの読書家、熱烈な編み物好き、熱狂的なホットヨガマニア、音楽おたく、頑張り屋のランナー、飽くことを知らない美食家といった顔も持っています。住まいはサウスマイアミで、3頭の犬、数え切れないほどの猫たち、2頭の保護ヤギ、そして愉快な雌鶏たちと暮らしています。

彼女の執筆内容はDrPattyKhuly.comSunsetVets.comでフォローすることができます。

関連記事

  • 犬がフードを食べた後に吐き出す理由

    犬がフードを食べた後に吐き出す場合の一般的理由と、この問題の対処方法をご説明します。
  • 犬の胃腸・消化器疾患:種類と原因

    Dogs running 犬にとって辛い胃腸・消化器疾患についてご説明します。症状を見極める方法を学び、適切な治療の重要性を再認識しましょう。
  • 食物アレルギーの徴候

    Dogs running 特定の食物に対するアレルギーまたは不耐性が疑われる犬に見られるいくつかの一般的徴候と、その場合の必要栄養素の摂取方法をご説明します。
  • 注意すべき犬の鼻の乾燥

    犬の鼻は健康状態を示す指標の一つ。鼻が乾燥、ひび割れ、温かい、赤い、皮むけしている時、鼻水が出ている時の対処方法を学びましょう。