愛犬が顔を舐めるのを止めるべき?

執筆: ジーン・マリー・バウハウス
所要時間:

犬は人の顔や口を舐めることがあります。ときにはしつこくペロペロと舐め続けるので、愛情表現としてもやや過剰に見えるかもしれません。スキンシップの一環としてうれしい反面、口臭や衛生面が気になることもあるでしょう。また、フレンドリーな犬は誰にでも飛びついて顔を舐めようとするので、犬が苦手な人を驚かせてしまうこともあります。犬に舐めさせてもいいのか止めるべきか、理解しておくことが大切です。

犬が舐める理由

Yellow lab puppy in green collar licks another lab puppy.
Animal Planet によると、犬の舐める行動は本能的に身につけていて、さらに生まれてすぐ学習も始まると考えられています。母犬は子犬が生まれるとすぐに顔を舐めて呼吸を促し、体を舐めてきれいにします。子犬も母犬にならって舐めることを学びます。舐める行為は幸福感をもたらして、ストレスの解消を助けるエンドルフィン(脳内の神経伝達物質)を放出させます。不安になったときに足などを舐め続ける犬がいるのはこの作用が理由です。また、犬の群れでは優位のメンバーを舐めることが服従の証しにもなります。一方、犬が人を舐める理由は愛情を表すスキンシップです。もしかしたら顔や口においしそうなにおいがついていたから舐めることもあるかもしれません。

犬に舐められても安全?

以前は人の口より犬の口のほうが清潔で、犬の唾液には傷を癒やす効果もあると信じられていたという話もあったようですが、この伝説は完全に否定されています。犬はおしりや排泄物を舐めることもあり、口の中にはさまざまな雑菌がいます。唾液にはサルモネラ菌や大腸菌のような細菌やジアルジアやクリプトスポリジウムのような寄生虫がいる可能性もあります。しかし大半の人に対しては危険をもたらすほどの量は存在せず、犬に舐められたからといって病気がうつるということはありません。

舐めさせてはいけない人

Yorkie in red collar licks a blonde woman on the face.
一般的に健康な人は、犬に顔を舐められたところで病気になるリスクは低いですが、中には注意が必要な人もいます。たとえば以下に当てはまる人たちは、愛犬であっても顔を舐めさせるのはやめましょう、とVetstreet は言います。

  • 乳幼児
  • 妊婦
  • 高齢者
  • 顔や口まわりの傷や病気を治療中の人(にきび、歯周病など)
  • 免疫力が低下している人(感染症、糖尿病、がんなどの病気の人)

衛生面に注意する

犬が人に病気をうつすリスクは、飼い主が愛犬の健康をしっかり管理することで減らすことができます。寄生虫(ノミやダニ)の駆除や予防、定期的な健康診断は、愛犬を病気から守り、人に感染症をうつす危険度を低くするために役立ちます。犬の排泄物を放置しないですぐ片付けること、掃除後によく手を洗うことも病気のリスクを小さくします。また、愛犬に与える食べ物の衛生状態も重要です。細菌感染の原因になりそうな生肉などを避け、十分に火を通したものを与えましょう。食べ終わるまでに時間がかかる噛むおやつ(骨やブタミミ)は、片付けるときによく洗い、冷蔵庫に保管するのも一案です。おやつの代わりに知育玩具などの噛むおもちゃを使うのも衛生的です。中に総合栄養食のドッグフードを入れれば、カロリーや栄養バランスの面でも安心です。口の健康を維持して細菌の繁殖を防ぐためにも、定期的に愛犬の歯を磨くことも必要です。

舐めるのをやめさせる方法

愛犬に顔や口をできれば舐められたくない場合は、舐めさせないように教えるのが一番です。ペットトレーナーのビクトリア・スティルウェルさんは、愛犬が舐めようとしたら無視して立ち上がり、離れてしまうのが一番いい、とAnimal Planetに話しています。舐められないうえ見返りも得られないので、やがてまったく舐めようとしなくなります。もし愛情表現として受け止めたい場合は、顔の代わりに手を舐めさせるのも一案です。

愛犬に舐められても気にならない、むしろ大好きという飼い主もいるでしょう。健康に問題がなければ多少舐めさせてもリスクは少ないものの、愛情とは別の問題として衛生面には注意が必要です。愛犬が舐めたがるから仕方がないと我慢して、終わった後に顔を洗いたくなるほど気になる場合も、感染症などのリスクを考えたら決して大げさではありません。犬に顔を舐めさせるかどうかは飼い主の体調や考え方によりますが、犬とのスキンシップの方法は他にもたくさんあるので、互いに安全で心地よいコミュニケーションを考えてみましょう。

Contributor Bio

Jean Marie Bauhaus

筆者紹介

ジーン・マリー・バウハウス
オクラホマ州タルサ在住のペットオーナーでもあり、ペットブロガー、兼小説家。いつもペットたちに見守られながら執筆活動に勤しんでいます。

関連記事

  • 犬の気持ちがわかる12の行動とは?食糞やあくび・穴掘りなどの意味

    犬の行動には意味があります。「犬語」が分からなくても犬の行動の原因を探ることは大切です。たとえば「噛む」という行動が深刻な問題になることもあります。行動に注意を払えば、問題を解決できるかもしれません。
  • 犬が飼い主の膝の上に乗りたがる理由:5つの可能性

    心地よいスペースがあるにもかかわらず、愛犬が飼い主の隣ではなく膝の上に乗りたがる理由と、座らせるのがお勧めの時、そうではない時をご説明します。
  • 子犬のトイレのトレーニング

    おうちの中で一緒に暮らし、トイレもおうちの中でするようにしつけたいご家庭が多いのではないでしょうか?そんなあなたに、子犬の頃からできるおうちでのトイレのトレーニング方法をご紹介します。
  • 子犬のあまがみどうしたらいいの?

    子犬はなぜ人をかんでしまうのでしょうか?子犬は興味があれば何でも噛んでみたいと思う動物です。「人をかんではいけない」と教えるための5つのステップをご紹介いたします。