高齢猫の健康維持に重要な10のヒント

執筆:
所要時間:

ネコと人たくさん笑って、泣いて、心を通わせて…。きっとお家の猫ちゃんとはこれまで多くのことを一緒に経験したことでしょう。長く一緒に暮らしていると、私たちは人生にペットがいてくれることの価値を大切に思いながらも、その存在をいつしか当たり前のものと思ってしまいがちです。でも高齢になれば、日々の習慣や食事、健康トラブルなど、今まで以上に健康維持のための配慮が必要になってくるのは、人間も猫も同じです。以下に高齢猫のための健康に特化したヒントをご紹介します。

  1. 少なくとも年に2回は健康診断を受けさせてください。高齢になればなるほど健康を維持するための注意や配慮が必要になります。
  2. 高齢の愛猫の健康チェックを怠らず、状態を把握しておきましょう。病気の可能性のある症状が現れたらすぐに気づけるように、まめに猫を観察するようにしましょう。
  3. 消化しやすいように、食事は1回量があまり多くならないように、数回に分けて与えることを検討してください。
  4. 食事の与えすぎに注意しましょう-肥満は多くの健康問題につながり、寿命にも影響する可能性があります。
  5. 筋肉量や骨や関節の機能や動きを維持するために、適度な遊びを取り入れて、定期的に運動させる時間を設けましょう。
  6. 口の中のチェックも忘れず、歯の健康についても見過ごさないようにしましょう。獣医師のアドバイスに従って動物病院で歯のクリーニングを受けたり、お家でも定期的に歯磨きなどのケアをしましょう。
  7. 獣医師と相談し、必要なワクチンをきちんと接種してください。
  8. 猫の寝床を含め、猫のいる環境を清潔に保ちましょう。ノミの駆除は定期的に行うようにしましょう。
  9. 高齢の猫は爪とぎが不十分になることがあります。爪を定期的にチェックして、必要なら切ってあげてください。
  10. そして最後に、たっぷりの愛情を降り注ぐことと同時に、猫の様子に注意を払うことを忘れないでください-どんなケアも気づかなければ、そして愛情がなければ十分にしてあげられることができません。長く一緒に暮らしていくための鍵となるのです!

Contributor Bio

高橋智司

高橋智司

編集責任者: 高橋智司
アソシエイト ディレクター  獣医師
プロフェッショナル獣医学術部
日本ヒルズ・コルゲート株式会社

関連記事

関連商品