愛猫の腎臓病を管理するためのヒント

猫の腎臓病の可能性を示す危険サイン、病状、治療方法について、また腎臓病が健康にどのような影響を与えるかについて学習しましょう。

腎臓は生命を維持するために必須の器官です。血流から老廃物を取り去り、身体内の体液を管理します。もし、腎臓が機能していなければ、致命的な状況になりかねません。

うちの子、腎臓病なのかしら?
腎臓病の兆候は糖尿病や甲状腺機能亢進症に似ており、特定しにくいものです。以下に挙げる症状が愛猫に見られた場合、腎臓病の可能性があります。一つでもあてはまる場合には、検査をしてもらうため、かかりつけの動物病院に相談しましょう。

 

  • 食欲がない
  • 水をよく飲む
  • 頻繁に排尿している、あるいは排尿をしない
  • 嘔吐や下痢をする
  • 毛づやが悪くなった
  • 元気がない
  • 体重の減少
  • 息が臭い
  • 口に痛みを感じている

弱っている
活動の減少や睡眠量の増加
腎臓病の症状としてよく見られる兆候
重要:腎臓病の初期段階の場合、通常症状は現れません。水をよく飲むようになるというのが、腎臓病の一番最初に見られる兆候です。この兆候や、上記症状のうち1つでも認められた場合には、すぐにかかりつけの動物病院にご相談ください。
腎臓病と診断された場合、獣医師は「急性」あるいは「慢性」と表現するかもしれません。
急性腎臓病:急性あるいは突然発症する腎臓の障害は以下が原因として考えられます:
失血
ショック
手術によるストレス
外傷
重度の脱水症状
毒物
薬物
尿の排泄に障害がある場合
感染症
慢性的あるいは長期に渡る腎臓病は、上記の要因だけでなく、品種や遺伝的要因が栄養状態や免疫異常と共に起因となり生じる場合もあります。
残念ながら、通常、腎臓病の兆候は腎機能のうち75%が失われないと現れません。いったん慢性的な腎臓病が生じた後は、元の状態に戻すことは出来ません。
重要:初期段階の腎臓病は、ほとんど兆候や症状が現れません。水を良く飲むようになる傾向が、腎不全の最初の症状かもしれません。この場合、あるいは上記の兆候が一つでも見られた場合、すぐにかかりつけの動物病院に相談しましょう。

 

 

Related Pet Care Articles