猫の肝臓病:原因、徴候と症状

Published by
所要時間:

肝臓病とは何?

肝臓は、栄養素の代謝や合成、血液によって運ばれてくる有害物質の無毒化、ビタミンやミネラルの貯蔵など様々な機能をもつ重要な臓器です。肝臓はさまざまな物質の除去に関わるため、色々な原因物質の影響を受けやすくなります。肝臓病は肝炎と呼ばれる炎症を起こします。治療されなければ、健康な肝細胞が瘢痕組織へと移行していくことによって、肝機能の低下が引き起こされます。体の他の部分で発生している病気も肝臓の機能に影響を与えます。

幸い肝臓病は効果的にコントロールすることができ、進行を抑制することができます。診断を受けた後も何年も幸せに生活をしている猫はたくさんいます。適切な栄養補給と継続した通院が肝疾患をうまくコントロールする鍵となります。

肝臓病の原因は?

肝臓病を発症する可能性を高めるリスクファクターには以下のようなものがあります:

年齢: 肝機能不全などのいくつかの病気は高齢猫に多くみられます。.

猫種: シャム猫などの特定の猫種では、先天的もしくは後天的な肝疾患を発症する傾向があります。

肥満: 極端に太っている猫は、肝臓病を発症する可能性が高くなります。

薬剤や化学薬品: アセトアミノフェンを含有する薬剤は、猫の肝臓に損傷を与えることがあります。

うちの猫は肝臓病?

肝臓病の徴候は、他の病気の徴候とよく似ています。以下のような徴候に気付いたら、動物病院に連れていき、精密検査を受けさせてください。

気を付けるべき徴候:

  • 食欲減退または廃絶
  • 急な体重減少
  • 体重減少
  • 黄疸(歯茎、白目の部分または皮膚の黄変)
  • のどの渇き
  • 嘔吐や下痢
  • 行動の変化
  • 過度の流涎
  • 元気消失や沈うつ

他には、褐色尿、青白い歯茎、急な体重増加と間違われやすい腹水などが肝臓障害の徴候として挙げられます。獣医師は、他にも検査を行って肝臓病を診断します。

Common signs of liver disease

主な徴候:食欲減退、体重減少、黄疸(肌や白目の部分の黄変)、のどの乾き、嘔吐や下痢、行動の変化、過度の流涎

重要事項:肝臓病の徴候はあまりその病気に特定のものではないため、認識することが難しくなります。肥満猫が食事をしなくなってしまうと、致命的な合併症を引き起こすことがあります。 2〜3日絶食すると、肝リピドーシスを発症する危険性があります。肝リピドーシスは、肝機能を低下させる脂肪が肝臓に危険なほど蓄積する病態です。もしあなたの猫がしばらくの間、何も食べていないのであれば、今すぐ獣医師に連絡してください。

栄養の重要性

愛猫が肝臓病と診断された場合、どのようにケアをすればいいのか悩んでいる方がいるかもしれません。肝臓病への対処は、まず肝臓を休ませます。脂質、タンパク質、炭水化物や薬物の代謝機能を最低限に抑えることが第一です。肝臓病の猫に対しては、正しいキャットフードを選ぶことがますます大切になります。肝障害の進行をコントロールし肝機能を改善するために、消化しやすいタンパク質高品質の脂質、または低塩分のフードを与えてください。

正確な診断と治療の選択肢については常に獣医師と相談してみましょう。

  1. 人間の食事内容で、避けるべき食品はありますか?
    • 人間の食事が猫にどのような影響を与えるのか、聞いてみましょう。
  2. どれ位の期間で愛猫の病状の改善を実感することができるでしょうか?
  3. 愛猫の肝臓病に関する、指導書や小冊子をもらうことはできますか?
  4. 質問があって先生や動物病院に連絡したいとき、どの方法(メール/電話)がベストですか?
    • 再診の予約が必要か、聞いてみましょう。
    • リマインダーのメールや連絡が来るか、聞いてみましょう。

関連記事