ぴったりな猫と出会うために知っておきたいこと

執筆: クリスティーン・オブライエン
所要時間:

ついに猫の飼い主になることを決心したら、まずは猫とどんな暮らしがしたいか考えてみましょう。まだ幼い子猫でもそれぞれ大きな個性を持っているので、どんなタイプの子猫が(特に成猫に成長したときに)自分のライフスタイルに合うのかを考えなければなりません。また、猫は20年近く、あるいはそれ以上生きることもあります。それを踏まえて、迎い入れる猫の年齢、つまり子猫なのか、成猫あるいは老猫なのかも考えなければなりません-ずっと長い間、お互いに楽しく暮らしていきたいものです。

では、家族を必要としている多くの可愛い子猫たちの中から、どうやって自分にぴったりの猫を選べばよいのでしょうか。そのポイントをご紹介します。

子猫の年齢について

子猫でも、生まれたばかりの子猫と少し育って大きくなった子猫がいます。お世話するのにどんな違いがあるのでしょうか。

生まれたばかりの子猫(4週齢未満)を育てることは、かなりの労力と注意を必要とします。そして、人工哺乳で子猫を無事に育てることは、体調を崩しやすく、感染症にもかかりやすいため、そう簡単なことではありません。それでも、何事にも代えがたい非常に大きな充実感を得られる経験でもあります。保護施設での子猫の譲渡は、そういったリスクのある時期が過ぎて、離乳して自分でフードが食べられて、トイレで用を足せるようになる8~12週齢頃以降がほとんどのため、そういった施設からの譲渡であれば、実際に哺乳する機会はないでしょう。

性格や相性を確認する

ペットにも人との相性というものがあります。保護施設または譲渡元の飼い主に、その子の気質や性格、他の犬猫や人との接し方や態度、うまくやっていけそうかどうか等について尋ねてみましょう。可能であれば、対面には家族全員で出向くようにしてください。対面の際には、猫が怖がったり緊張していないか確認して、嫌がらなければ撫でたり、触ったりしてみましょう。

最初からおとなしく、積極的に触れせてくれるようなタイプの猫もいれば、おびえたり怖がって威嚇したりするタイプの猫もいます。でも決して無理強いしてはいけません。このようなタイプの子でも、ゆっくり焦らず時間をかけて状況を理解してもらうことで、慣れてくれるようになります。

子猫の愛くるしい表情や姿は本当に可愛いものですが、よく観察すると、活発で飛び回るようなエネルギッシュな性格の子もいれば、おとなしくおっとりのんびりした性格の子もいます。保護施設のスタッフやブリーダーのアドバイスを参考に、ご自身の好みや家族構成、ライフスタイルに合うような猫を探しましょう。一般的に子猫は元気いっぱいで、活発で、いたずらもいっぱいします。一方、大人の猫は落ち着いていて、ある程度性格が固定しわかりやすいという利点があります。

家に先住のペットや子どもたちがいる場合は、そのような環境が選んだ子猫の飼育に向いているかどうか、保護施設のスタッフやブリーダーのアドバイスを聞いておきましょう。できるだけ一旦引き取った猫を、返さざる得ない状況にならないように、事前に確認できることはしておきましょう。

Close-up of striped gray kitten with blue eyes.

子猫の健康状態と医療記録を確認する

子猫を選ぶ際には、現在の健康状態、および避妊・去勢手術の有無、ワクチン接種状況、過去に病気の治療歴があるか等の確認をしっかりと行いましょう。猫カゼやそのほかの感染症等の病気の兆候がないか、眼や鼻、耳や被毛、体全体をよくチェックしましょう。現時点で健康上で気になることがないか確認し、もしあれば、今後起こりうる症状や、注意事項などを事前に確認ししておきましょう。

子猫を家に連れて来る

子猫を家に連れて来る 前に、必ず確認して準備しておかなければならないことがあります。それは、猫にとって危険なもの、状況を排除しておくことです。電源コードやブラインドの紐を猫が届かない場所に移す、網戸を固定する、猫にとって安全ではない部屋を閉め切るなどが代表的な実例です。また、必須の準備としては、新鮮な水、清潔なトイレ、予備の猫砂を用意しなければなりません。

そして、猫の狩猟本能を刺激し、行動の欲求を満たしリラックスしてもらうために、爪とぎポール や猫用のおもちゃ、多くの猫が大好きな段ボール箱を準備してあげましょう。
また、子猫の健康を維持するには、食事選びも重要になります。最良の子猫用フードを選ぶことは、生涯にわたる健康的な食習慣を確立するためのスタートです。

子猫を引き取ったら、特別体調に異常がなければ数日様子をみて、落ち着いたら動物病院に健康診断に連れて行きましょう。動物病院では、必要な検査をしてくれるとともに、ワクチンのスケジュールについても説明してくれます。また、マイクロチップの埋め込みを勧められることもあります。これは、シカゴ・キャット・クリニック が、猫が迷子になってしまった時のベストな方法であると推奨しています。

子猫に少しずつ慣れてもらう

アメリカ動物病院協会 は、「子猫にはこれから遭遇したり経験したりする様々な刺激や物事、例えば人間の子どもや、犬、爪切りやブラッシング、歯磨きなどのケア、車での移動等に、できるだけ早く、適切な方法で徐々に慣れさせていくことが必要です。」といわゆる"子猫の社会化"を推奨しています。連れてきたばかりのときには、緊張してビクビクしているかもしれませんが、子猫であればあっという間にその環境に慣れていきます。慣れてしまえば、むしろ遊びやイタズラに日々驚かされるようになることでしょう。

子猫を環境に慣れさせるには、少しずつ行うことがポイントです。最初はケージで過ごしてもらいますが、一日のうち一定時間、ケージから解放して遊ばせたり、トイレの場所を覚えてもらうようにします。時間をかけて遊ばせるスペースを徐々に広げるようにして、最終的には家中を活動できるスペースにします。ただし、窓やドアの開閉には十分注意して、脱走したり猫に入られては困る場所へ侵入されたりしないようにしましょう。

いかがでしたか。猫も性格がそれぞれ違い、個性があります。最初の出会いのインスピレーションも大事ですが、ご自身の暮らしに合うかどうか良く検討してみてください。また、猫を迎い入れるときは、猫が安全に楽しく暮らせるように事前準備をしっかり整えておきましょう。

Contributor Bio

Christine O'Brien

筆者紹介

クリスティーン・オブライエン
クリスティーン・オブライエンは、ライターであり母であり、家の中を取り仕切るロシアン・ブルー2頭と暮らす長年の愛猫家でもあります。Care.com、What to Expect、Fit Pregnancyでも、ペット、妊娠そして家庭生活について記事を書いています。InstagramとTwitter(@brovelliobrien)でも彼女をフォローすることができます。

関連記事

  • 子猫のトイレのしつけ

    子猫のトイレのしつけを成功させるために簡単にできる、やってよいこと、悪いことをご説明します。
  • 子猫のしつけにオビディエンス・トレーニングの考え方を導入しよう。

    オビディエンス・トレーニングは省略して「オビ」もしくは「オビディエンス」と言われることが多いです。しつけを一歩進ませた考え方で、叱るのではなく楽しませて覚えさせることに特徴があります。子犬のトレーニングで有名なオビディエンスですが、子猫のしつけにも応用できる考え方です。
  • ぴったりな子猫と出会うために:子猫を迎え入れる準備と入手方法

    子猫を迎い入れるには、その心構えから始まって様々な準備を整える必要があります。新たに子猫を迎い入れることを検討しているなら、しっかりと準備を整えたうえで、入手方法についても情報を集めてしっかりと比較検討しましょう。
  • 子猫の社会化のためのヒント

    発達段階の早いうちからの、子どもを含め様々な人や動物との出会いの経験は、猫の性格に大きく影響します。精神的に落ち着いた、社交的な性格形成には社会化期の過ごし方が重要です。