犬と一緒にダイエットしてみましょう!

執筆:
所要時間:

あなたはダイエットの経験をおもちですか? もしそうなら、"挫折しない一番の方法はダイエット仲間を見つけること!"なんていう話を耳にしたことがあるかもしれません。そんなフィットネス仲間に愛犬はうってつけです。愛犬の体重が気になってきているなら、なおさらぴったりです。 愛犬と一緒にトレーニングするために必要な知識を学んで、 飼い主も犬も共に理想的な健康体を目指しましょう!

犬のぽっちゃりサイン

愛犬の動きが鈍くなってきているようなら、それは太ってきているか、運動が足りないというサインかもしれません。ぽっちゃりワンちゃんのそのほかのサインには、首輪やハーネスをゆるめなければならなくなった、息切れしている、肋骨のうしろの『くびれ』がはっきりしなくなった、などがあります。ただし、愛犬の健康的な体重 については必ず獣医師に確認しましょう。愛犬が痩せなければならないかどうかの判断をインターネットや友人だけに頼ってはいけません。遺伝や環境など、犬が太ってしまう理由はいくつかありますので、日常生活に運動を取り入れたり、新しいフードの給与プランを始めたりすることが必要かどうかの判断は獣医師に任せるのが一番です。Wag! によると運動不耐性(疲れやすいなど)は心臓病などの健康問題の兆候のこともあります。愛犬の行動や症状にはいつも気をつけていなければなりません。

たとえ太って見えなかったり、活発に毎日を過ごしていたとしても、毎年の健康診断の時には健康的な体重が維持できているかどうか確認してもらうと良いでしょう。与えているフードのタイプ、量、回数を獣医師と一緒に見直すこともできます。健康的な体重か、あるいはちょっとぽっちゃりし始めているなら、まさに今、行動を始めるべきです。体重過剰や肥満になってしまうと、それに関連して起こる健康問題がもう治らないものになってしまうこともあるからです。

ペット肥満予防協会(APOP)によると、悲しいことに2016年には米国の54%もの犬が体重関連疾患のリスクにさらされていたとのことです。ほんの1~1.5 kg増えただけでも、腎臓病、関節問題、皮膚病、寿命の短縮といった健康リスクが生じます。一方で、前向きな考え方もあります。フィットネス習慣を身に付けようと努力することによって、愛犬が長生きし、より幸せな生活を送るのに役立つかもしれないということです。1キロ弱の体重過剰なんてたいしたことないと思われるかもしれませんが、小さなワンちゃんにとっては人間が10キロ近く太るのと同じだということを覚えておいてください。愛犬の体重をキロ数で考えるのではなく、ボディ・コンディション・スコア で考えるようにしましょう。そのほうが、愛犬が体重過剰かどうかを正確に判断できますし、品種の違いを考慮する必要もなくなります。

人間のダイエット活動に犬が参加できる方法を見つけよう

愛犬に、飼い主のダイエット活動に参加してもらうことは、目標を達成しようという飼い主自身のモチベーションを高めることに役立ちます。愛犬との運動を習慣化するためには、一緒に楽しめる場所や活動を見つけ出すといった準備のための努力や手間が必要になります。でもそのために、早めにトレーニング計画を練ろうという意欲につながるでしょう。運動を毎日のスケジュールに組み込むことは、運動を生活に欠かせないものとし、最後までやり通すことに役立つ、とShape は言っています。そのうちに愛犬のほうが飼い主の運動習慣を理解して、カロリーを燃やす時間が来たことをお知らせしてくれるようになるでしょう。

利点

Men's Health や、さまざまなフィットネスの権威は、トレーニングパートナーと一緒にモチベーションを維持する利点を唱えています。そのパートナーは必ずしも人間である必要はありません。愛犬と一緒に過ごす時間は、ウエストラインだけではなく心身全体に恩恵を施します。The Atlantic によると、犬は私たちにとても良い影響を与えてくれます。だから、目や耳が不自由な人や自由に動けない人、あるいは心的外傷後ストレス障害(PTSD)などで精神的な支えが必要な人に奉仕する、セラピー犬や介助犬がいるのです。あなたの犬が使役犬であろうと普通のペットであろうと、生涯の伴侶であることに違いはありません。体重を減らし、食生活を改善することに集中することで、よりエネルギッシュで健康的な飼い主になれると考えれば、大いにやる気も湧いてくるでしょう。

A chihuahua dog walking on the track with his owner

犬にとってはランニングやトレーニングも遊びの一つなので、遊びの時間を増ややすことで、飼い主も犬もその分のカロリーを燃やすことができます。しかもそれには、ストレス解消という素敵なおまけも付いてきます。ストレスは、内臓脂肪を貯めるように働くコルチゾールというホルモンを放出させる、とPrevention は言っています。ストレス解消には、体重がそもそも増えないようにする効果があるのです。

毎日の散歩を時間を増やす、飼い主と犬とが楽しめる障害物コースを庭に設置する、一緒に参加できる地元の愛犬グループを見つけるなど、ペアでの遊び時間を増やすことで、飼い主と犬の健康増進につながることでしょう。

ためらわずに、新しいことを試してみる

水泳、ヨガ、ランニングはどれも、カロリーを燃焼して筋肉を増やす素晴らしい方法です。愛犬と一緒にできるなら、やってみようという気持ちがもっと膨らむのではないでしょうか?最近米国では、ドッグプール、ドガ(犬と一緒にやるヨガ、Huffington Post参照)、犬と楽しむ5キロレースなどが各地で行われています。

食生活の改善についても考えているようであれば、犬と一緒に楽しめる健康的なスナックについて獣医師に尋ねてみてください(あなたにはリンゴ、愛犬にはチキンとリンゴのトリーツのように形態は違うかもしれませんが)。また、特に暖かい季節には、飼い主も犬も水分摂取をこまめに行い、水分不足にならないように注意しなければなりません。ストレスや退屈で間食しがちだな・・と思ったら、冷蔵庫に向かう前に愛犬に噛むおもちゃを投げてみましょう。そして1時間ほど一緒にふざけて遊んだ後に、まだ何かを口にしたいか確かめてみてください。

ダイエットに励んで正しい食生活を送ること(そして愛犬にも同じようにしてもらうこと)は、初めはちょっとつらいこともあるかもしれませんが、ダイエット仲間としてペットがそばにいてくれると、楽しみが増してモチベーションも目的意識も高まっていくでしょう。最高の結果を目指して、ウォーキングやランニング、レトリーブ遊びを楽しんでください!

Contributor Bio

クリッシー・クリンガー

クリッシー・クリンガー

 

クリッシー・クリンガーは、2人の子供、夫、そしてペットと暮らしています。授業中や、本やブログの執筆活動中を除いて、家族みんなで過ごす時間を楽しんでいます。飼い主とペットのアクティブで有意義な生活に役立つ記事の執筆に情熱を傾けています。

 

関連記事

  • 食物アレルギーの徴候

    Dogs running 特定の食物に対するアレルギーまたは不耐性が疑われる犬に見られるいくつかの一般的徴候と、その場合の必要栄養素の摂取方法をご説明します。
  • トイプードルの病気

    トイプードルの病気について。「トイプードルの目の病気」「トイプードルのてんかん」「トイプードルの副腎皮質機能亢進症」など。
  • チワワの病気

    チワワの病気について。「チワワの膝蓋骨脱臼」「チワワの水頭症」「チワワの尿路結石症」「チワワの低血糖症」など。
  • 犬の腎臓病について、知っておくべきこと。

    腎臓病や腎不全は、犬の死因となることがあります。犬の腎臓病について知っておきましょう。