犬の腎臓病について、知っておくべきこと。

Girl and dog

腎臓病が、犬にとって死に至る病であるということ….そしてそれは阻止出来る、ということ。
たいていの方は癌が犬にとって致死的な病である、と認識しています。しかし、腎臓病も、命を予期せぬ形で奪う病気である、ということをご存じでしたか?実は、慢性的な腎臓病(CKD)は、癌に次いで米国における犬の死因第2位です。このつらい病気から愛犬を守るため、腎臓病が犬に与える影響について学習しましょう。

1. 腎臓は、必須器官です。
ワシントン州立大学獣医学部によれば、犬の腎臓は:「血液から食べ物や古い細胞、毒物や、他の病気の治療のため投与された薬品などの分解によって生じた老廃物を除去してくれる、複雑なフィルターの役割を果たす」と説明されます。愛犬の2つの腎臓は、血圧やカルシウムとビタミンDの代謝を調整し、新しい赤血球を生み出すための役割も果たします。腎臓が様々な機能を果たす器官であるために、腎臓病を抱えた犬には、複数の症状が見られることがあります。しかしすぐにこれらの兆候が明確に表れない場合もあります。


2. 腎臓病の症状がわかりやすい形で現れるのには、時間がかかる場合もあります。

腎臓は、非常に小さいネフロンから構成されています。愛犬が高齢になるにつれ、あるいはその腎臓が損傷した場合には、ネフロンの一部が消滅し、他のネフロンがその代わりに機能するようになります。いったんネフロンが全て消費されれば、愛犬の身体に兆候が表れる場合もあります-食欲の減退、体重の減少、水をよく飲むようになる、また貧血の症状など。ただし、これらの症状は、腎機能の75%(腎単位の2/3)が失われた場合に現れます。だからこそ、1年に1回は必ず愛犬をかかりつけの動物病院に連れて行き、いつもとは異なる行動をしていないかどうか、注意を払う必要があるのです。愛犬が腎臓病になることを予防出来るかも知れません。

関連するペットケア情報