グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードについて知っておきたいこととは?

Published by

スーパーマーケットの売り場で、食品ラベルをじっくりと読む人が増えてきています。これは、何が、フリー(無か、不使用)かを確認しているのに他なりません。グルテンフリー、無脂肪、砂糖不使用など、何かを含まないことを表示するパッケージは日々増え続けています。そして、この選択は、人の食卓からペットのフードボウルにまで広がってきています。こだわりのある飼い主は、愛するフワフワの家族の食事にも同じ選択をしたいと思っています。これは家族に健康的で幸福な生活を送って欲しいと願っているからなのです。

ペットフード市場が、そんな飼い主のみなさんに反応するのも当然のことです。その結果、数年前からキャットフードにもグレインフリー(穀物不使用)製品が現れてきています。でも、猫にとって、果たしてグレインフリー・フードは正しい選択なのでしょうか。インターネット上で見つかる記事とは裏腹に、グレイン(穀物)は実際には猫のためになることもあります。グレインフリーのキャットフードに関してよくある質問とその答えをいくつかご紹介しますので、あなたの愛猫に考慮すべきかどうか、参考にして下さい。

グレインフリーのキャットフードとは?

グレインフリーのキャットフードとは、その名のとおり、穀物を使わないで作られたキャットフードです。キャットフードによく使われている穀物には、小麦、トウモロコシ、オーツ麦、大麦、米があります。

Woman playing with cat

ほとんどの猫はグレインフリーのフードを必要とはしません。実は穀物が原因とされるアレルギーと診断される猫は多くはないのです。Veterinary Dermatology(獣医皮膚科学)誌に発表されたある研究では、猫にとって、トウモロコシが食物アレルギーを起こしにくいフード原料の一つであることが明らかになりました。この研究の対象となった食物アレルギーを持つ猫56匹のうち、トウモロコシが原因となっていたのは4匹でした。その一方で、牛肉、乳製品、魚が関係するアレルギーと判明した猫は45匹でした。では、アレルギーかどうかは、どうやったら分かるのでしょうか。食物アレルギーかもしれない症状には次のようなものがあります:

  • かゆみ
  • 過剰な毛づくろい
  • 過剰な抜け毛
  • 部分的な脱毛症
  • 赤く腫れた皮膚
  • ヒリヒリ感とかさぶた
  • 「ホットスポット」(急性湿疹)

猫は、グルーミング製品、食物および環境内刺激物などに対してアレルギー反応を起こしますが、花粉またはノミアレルギーの方が食物アレルギーより多いとされています。猫ニキビ、ダニ、シラミ、皮膚の細菌感染や真菌感染は、どれも食物アレルギーに似た症状を引き起こすことがあります。動物病院で詳しく検査してもらうとアレルギーのタイプを絞り込むことができます。食物が疑われるときは除去食試験を獣医師から勧められるかもしれません。除去食試験は食物アレルギーの最も確実な診断方法で、猫の不快の原因を突き止めるのに役立ちます。少しでも疑問があるなら、獣医師に相談することが本当にアレルギーがあるかどうかを確かめる一番の方法です。

Two gray and white cats look up in anticipation.

グレインフリーとは、グルテンフリーや低炭水化物と同じ?

アメリカでは300万人以上がセリアック病に苦しんでいます。痛みを伴うこの病気は、グルテンフリー食で管理することができます。しかし幸いなことに、この病気が猫にもあることを示す科学的証拠は見つかっていません。ですから、猫ではグルテンを避ける必要はないということになります。

飼い主の多くは、穀物の代わりに何が使われているか考えるのを忘れがちです。グレインフリーのフードには、ジャガイモ、サツマイモ、タピオカ、レンズ豆、エンドウ豆といった原材料が使用されています。実際、グレインフリーのフードの中には、穀物を含むキャットフードと同じくらいか、それよりも多くの炭水化物を含んでいるものがあります。炭水化物ときくと、肥満を心配しがちですが、その心配の必要はありません。炭水化物よりもむしろ、あまり運動しないライフスタイル、避妊手術、食事の与えすぎ、人が食べ残したものを与えること、脂肪やカロリーが多すぎる食事などの方が、肥満の危険因子になります。全粒穀物由来の炭水化物は、健康の鍵となるバランスの良い完全な栄養を猫に与えるのに役立ちます。

グレインフリーのキャットフードは高タンパク?

ほかの多くの動物と違って、猫の主要エネルギー源はタンパク質です。キャットフードではタンパク質がとくに重要なのです。多くの人が知らないこと(PetMDの調査によると猫の飼い主の57%が知らないこと)ですが、猫は、確かに動物性タンパク質を多少必要とする一面があります。とはいっても良質の植物性成分の栄養素もとてもうまく消化吸収することができるのです。さらに炭水化物は、猫では、体内の筋肉保護に役立ちます。炭水化物によって十分なカロリーが供給されていれば、エネルギーを得るために筋肉などの体内のタンパク質を分解せずに済むからです。

実際のところ、タンパク源を肉だけに頼っているフードは、リンが高めになりがちです。リンは必須栄養素の一つですが、高リン食は犬と猫の腎臓病を進行させることがあります。野菜や穀物は、猫に必要な必須アミノ酸を含んだ低リン食材なので、健康維持に必要なタンパク質の供給源になります。

愛猫に合う正しいグレインフリーのフードの見つけ方

まずは利用できるいろいろな選択肢を調べてみてください。そして獣医師に相談し、猫が必要としているすべての栄養素を備えた(そして実際に喜んで食べてくれる)高品質のフードを選び出します。愛猫の現在の健康と将来も長く続く健康を確保するためには、あなたの努力が必要なのです。

関連記事