太り過ぎの猫によく見られる、健康上の懸念

愛猫がもしかして太っている?と考えてみたことはありますか。人間にとっては、最近ズボンがちょっとキツくなったなと感じるなど、体重がちょっとでも増えたことに気づきやすいものです。しかし、猫の場合、気づいてあげられるのは飼い主であるあなただけです。もし、愛猫が太っている事に気が付いたら、フードやケアについて以下のヒントを活用してください。

肥満


誰が見ても明らかに肥満とわかる猫もいます。その一方で、飼い主が、肥満に気づいていない場合もよくあります。最初の黄色信号は、何でしょうか?体重の過剰な変動です。信じられないかもしれませんが、愛猫が痩せていっている状態も、注意が必要です。これは特に、愛猫の体重が過剰に増えた後、何らかの健康上の問題を抱えた場合によく起こります。体重の増加に繋がる病気もありますし、体重の増加によって身体が重くなったことにより、体調不良をひきおこし結果として痩せてしまう、ということもあるのです。もし、愛猫が何らかの健康問題を抱えているようであれば、かかりつけの動物病院で必ずご相談ください。愛猫に本当にダイエットが必要であるかどうかを判断することが出来ます。
もう一つ、猫が肥満への道を辿っている兆候として、常にお腹をすかせているという場合です。そのような場合には、繊維質を多く含むフードを与えることによって、より長い間満腹感を与えることが出来ます。また高たんぱく質、低炭水化物の栄養組成は、猫のエネルギー代謝を変化させて減量できることも知られています。必要としている栄養素をきちんとバランス良く与えることによって、愛猫はより活動的になり、健康的な理想体重の維持につながります。


運動量の減少


もう1点、肥満の兆候として、以前に比べて活動量が減っている場合があります。去勢あるいは避妊された猫は手術前と比べて、身体の代謝のスピードが遅くなっています。活動量が減っているということは、必要なカロリーも減っているという意味です。このような場合、カロリー摂取量を調整しなければ体重は増え続け、肥満となるかも知れません。
活動量をモニタリングする際には、愛猫の年齢も考慮しなければなりません。通常、高齢猫は活動量が減るため、食べる量も少ない量で充分な可能性があります。最近去勢あるいは避妊した猫や、ずっと同じ量の食事を採り続けている猫であれば、現在の活動量が以前と比較してどうなのか、食事の量が多すぎるのか、判断するのに時間がかかるかもしれません。フードの給与量を調節し、与える回数や量を減らした結果、愛猫がイキイキと活発になったことに気がつく飼い主もいます。さらに、避妊・去勢猫用のキャットフードについて、かかりつけの動物病院で聞いてみてもよいかもしれません。避妊・去勢猫用のフードは、代謝のスピードが落ちていることを計算に入れた上で、健康的な体重管理をサポートできるよう作られています。

運動を通じて体重管理をサポート


愛猫の肥満を防ぐためには、食事の量を調整するだけでも効果的です。しかし、運動を組み合わせることをおすすめします。愛猫を散歩に連れていったり、一緒に走ったりすることは現実的ではありませんが、ご自宅内でも、簡単にできる運動がいくつもあります。猫は本能的に狩りを行う動物です。この本能を活かし、遊び心のある形で、愛猫がこの本能を活かせる「かくれんぼ」、あるいは「障害コースゲーム」など、クリエイティブなゲームを創り上げるのは、愛猫にとっても飼い主さんにとっても楽しいことです。新しいおもちゃで、より活動的になれるかも知れません。

まずは、1日5分ほど、遊びの時間を作りましょう。数週間後には、体重減量のため、1日少なくとも10分は運動をさせましょう。活動量の増加は、減量に繋がり、また、継続して健康的な体重を維持出来るようにもなるかもしれません。正しい食生活、そして継続的に運動するようになれば、クオリティ・オブ・ライフ(QOL,日々の生活の質)の向上につながります。

健康的な体重を維持するためのステップ


愛猫の健康的な体重を維持することは、ペットのQOLを向上させるだけではありません:それは、飼い主にとっても、余計なお金がかからない、という事になります。ペットの飼い主は、お金をかけて、肥満が引き起こす問題と戦っています。現在肥満である、あるいは肥満傾向の場合でも、フードの量を確認することは、大切なことです。愛猫が健康な体重を維持するため、活動量を常に確認し、かかりつけの動物病院で定期的に体重や栄養指導を受けましょう。


どんなにポッチャリしている猫でも、飼い主のサポート次第で、より健康的な生活を送るチャンスがあります。愛猫が肥満気味でも、あきらめないで!

 

執筆者 経歴

Chrissie Klinger

Chrissie Klinger

は、健康的で環境を意識したライフスタイルを送ることに情熱を抱く、教育者兼母親、そしてペットオーナーです。

 

関連するペットケア情報