犬が飼い主の膝の上に乗りたがる理由:5つの可能性

「すぐ隣に快適なスペースがあるのに、うちの子はなぜ私の上に座りたがるんだろう?」と考えたことはありませんか?ただおもしろいなと思っていますか?それとも、自分の上に座ったり、寝そべろうとするのには何か本当の理由があるのかもしれないと思っていますか?その真実は、単におもしろいから乗りかかってくる犬もいますが、それ以外の場合、この行動には理由があります。これから、犬があなたの隣ではなく上に座ろうとする5つの理由と、膝の上に座らせるのがお勧めの時、止めさせた方がよい時のアドバイスをご説明しましょう。

においを広げたい

犬によっては、ソファーのあなたの定位置に座ったり、あるいはソファー全体で転げ回ったりします。これは自分のにおいを広げ、飼い主が自分のものであることを示すための方法です。それだけで満足しなければあなたの上に座ろうとします。多くの飼い主さんは最初はこうした行動をあまり重視しませんが、これがあるパターンで起きている場合はそれに気付くことが重要です。別の犬が自宅にやってきた後、または外から戻ってきた後にこの行動が見られる場合は、いつもより少し愛犬に注意してあげてください。ちょっと注意するだけで犬は自信を持ってあなたへの従属心を感じ、自宅内での困ったマーキングを防ぐことができます。

Black great dane sits on boy's lap at the park.
犬種ならでは

特定の犬種は特に愛情深く、常にあなたの場所にいたいと考えます。例えば、グレート・デーンは「優しい巨人」と言われ、子供好きなことで知られています。ですから、体の大きな犬が人間の子供の小さな膝の上に乗ろうとしても、それはおそらく仲良くなりたい、自分の遊び友達を守りたいというごく普通のことです。

優位性を主張したい

新しい犬と出会った時に、愛犬があなたの上に座ろうとするのは優位性の主張かなと考えてみてもよいかもしれません。すでに別の犬を飼っていて、最近新しい犬が仲間入りした場合、自分がトップの犬だと主張するために、あなたの上に乗ってくることもあります。人間の上に座ることによって、多くの場合、犬は自分が上位である、支配権があると感じます。犬があなたの膝の上で別のペットに吠えている、うなっているのに気付いたら、それは、自分の優位性を主張する必要があると犬が感じている表れかもしれません。そうした行為が増えたり、攻撃的になってきた場合は、かかりつけの獣医師へ相談することをお勧めします。ですが、大半の犬にとっては、たまに起きる行為ですので心配はいりません。

Brown dog sits on a lady's lap sitting on the floor.
ただおもしろいことがしたい

雄、雌を問わず、犬はただおもしろいので時々飼い主さんの上に座りたがります。座るだけでなく、膝の上でちょっと転げ回ったり、いたずら気な声を出すこともあるでしょう。この場合、愛犬とちょっとした取っ組み合いをして遊ぶ良い機会かもしれません。最後に愛犬にキスされて負けてしまうかもしれませんが。ですから、ぜひ膝の上に乗せてあげてください。そして一緒に楽しく遊びましょう。

抱擁の時間

飼い主さんは時々密かにこう考えるかもしれません。「膝の上に愛犬がいたらいいなあ」。忙しく働いたり、ストレスの多いイベントが終わった1日の終わり、多くの飼い主さんは犬を膝の上に乗せたり、抱っこして安らぎの時間を楽しみます。犬と人間は、ソファーの上の共有の場所で、絆で結ばれた上質な時間を過ごすことができます。ですから自分の隣や床の上に座らせるのではなく、しっかり抱きしめて一緒に時間を楽しみましょう。

犬はさまざまな理由であなたの上に座ることがありますが、一つ確かなことは、自分のそばに犬がいることは毎日をぐっと素敵にしてくれます。

 

執筆者のプロフィール

Chrissie Klinger

クリッシー・クリンガー

 

教育者、執筆者であり、2人の子供、3匹の犬、3匹の猫を育てる母親。飼い犬のジェイクは、チャンスあらば膝の上に乗ってくるのが大好き。ペンシルバニアの田舎で、環境にやさしく、活動的なライフスタイルを楽しんでいる。

 

関連するペットケア情報