犬の認知症の原因と症状とは?必要な対策と治療

所要時間:

犬を飼っていれば、愛犬が年齢を重ねるうちに、活発な感じがだんだん落ち着いてきて、そのうち走ったりジャンプしなく(できなく)なっていくことは、(敢えて言いたくはないですが)ある程度はわかっていることでしょう。でもこのような身体的な変化だけではなく、犬でも精神面に老化現象が起こり、日常の生活さえ忘れてしまうことがあることは、まだ広く知られていないかもしれません。この症状は、犬の認知機能不全(CCD)とも呼ばれる犬の認知症です。ペット医療の進歩によって寿命が延びたことにより、以前よりも一般的な問題になってきています。

脳の老化

Journal of Veterinary Behaviorによると、認知機能不全の犬の脳には、人のアルツハイマー病や認知症の患者と同じ病理学的変化が認められます。アルツハイマー病は広く知られていますが、犬の認知機能不全は従来メディアで注目されることがほとんどなく、シニア期に動物病院に来院しても見過ごされがちな領域だったかもしれません。それは、多くの飼い主は愛犬の行動の変化を、年齢による老化現象のせいだと考えてしまうため、たとえ新たに問題が生じていてもそれを獣医師に敢えて報告することがなかったからかもしれません。犬の認知症に伴う変化は微妙なもので、犬を飼うことに慣れている飼い主でも犬の行動の緩やかな変化には気付きにくいようです。

犬の認知症の症状をよく知っていれば、問題が生じたときに早期に発見して獣医師に伝えることができるので、先々を見越したケアができるようになります。そのため飼い主は、ペットのさまざまな老化の症状を熟知しておくことが大切です。

Older chocolate lab laying in a field.

認知症の症状

犬の認知機能不全を見逃さないためには、以下に挙げる犬の「DISH」を常に気をつけておく必要があります。

見当識障害(Disorientation)

  • 行ったり来たりする
  • あてもなくうろつき、歩き回る
  • ドアの陰や、家具の後ろで身動きが取れなくなる
  • よく知っていたはずの場所(庭等)で迷子になる、または外に出た目的を忘れる
  • よく知っているはずの人や、犬を認識できない
  • 名前を呼ばれたり、言葉で命令されたりしたときの反応が鈍くなる、あるいは反応しなくなる

家族とのかかわりの変化(Interaction with Family Members)

  • あまり注意を向けてもらいたがらなくなる(なでてもらう、お腹をさすってもらう、遊んでもらうことをあまり求めなくなる、あるいは避ける)
  • 知人たちを喜んで出迎えなくなる
  • 家族が帰宅しても出迎えなくなる

睡眠あるいは行動の変化(Sleep and Activity)

  • 眠っている時間(とくに日中)が長くなる
  • 夜間にあまり眠らなくなる
  • 日々の活動が減る
  • 周囲に興味を示さなくなる
  • 日没時(日暮れ時)に落ち着かない、歩き回る、ぐるぐる回る
  • 夜間に鳴く(吠える、遠吠えする)

トイレトレーニングの失敗(House Training)

  • トイレではない場所で、排尿または排便する
  • 散歩から帰ってすぐに、家の中で排尿または排便する
  • 排泄のために出かける、という意思表示をすることができない
  • 飼い主の目の前で粗相をする

同じく犬の認知症の症状である活動の変化(Altered activity)と不安(Anxiety)の2つのAを加えて、DISHAAという頭字語が使われることもあります。

認知症以外に考えられること

DISHの症状が、必ずしも犬の認知症の現れであるとは限りません。老犬に多いその他の病気でも、同じような症状が現れることがあります。たとえば、高齢の犬は視力や聴力が衰えてくることが多く、そのために混乱したり、家族との交流が減ったりすることがあります。糖尿病、クッシング症候群、腎臓病、失禁といった高齢犬に起こりやすい疾患や事象は、どれも結果的にトイレ以外での不適切な排尿につながることがあります。身体検査、血圧測定、尿検査、血液検査、詳しい病歴は、獣医師が犬の認知機能不全によく似た症状の別の健康問題を除外するのに役立ちます。

どんな変化が起ころうとも、たとえ能力が低下してきたとしても、今まで築いてきた愛犬との絆が壊れてしまうことはないはずです。加齢によってどのような行動変化が起こるのかを知っていれば、愛犬が日常生活をもっとしやすいように家具などの配置やトイレの場所を調整したり、もっと頻繁にコミュニケーションをとるようにするなどして犬に自分は愛されていると感じてもらえる工夫ができるでしょう。獣医師によって他の問題が除外され、その行動変化が犬の認知機能不全に当てはまるものだと確認されてからでも、愛犬の生活をより豊かに楽しくするために、できることがあります。

迷子への対策をしましょう

認知症になると、犬でも人でもしばしば睡眠・覚醒周期に乱れが生じます。「夕暮れ症候群」に陥った患者は、日中によく眠るようになります。逆に夜中ずっと起きていて、方角が分からなくなったり興奮したりします。人の認知機能障害の患者は、混乱しやすくなって迷子になる傾向がありますが、認知症の犬は、行ったり来たりしたり、庭や室内を徘徊したりします。こういった状況から、認知症の人やペットを、特に慣れない場所では付き添いなしに放置してはならないとされています。もし愛犬が迷子になったとしても、飼い主は、正しく身元確認ができるように、準備しておかなければなりませんし、家や敷地から逃げてしまうことがないように、細心の注意を払うようにします。

Older black dog with grayed muzzle sits at the beach, ocen in the background.

トイレの失敗が多くなったら

トイレの失敗は、犬と飼い主、家族のすべてにストレスになりやすいものです。カーペットを敷いてないフローリングの部屋や、掃除しやすい場所など、ワンちゃん専用のスペースを準備してゲートを取り付け、おもちゃや寝床もその専用スペースに置きます。おしっこシートやおねしょパッドを床に敷いておくと片付けやすく管理がしやすいでしょう。また、犬におむつなんて・・・と思われる方もいるかもしれませんが、おむつや腹巻きタイプのシーツを利用するのも1つの良い方法です。最初は気にしていても、だんだん気にしなくなります。定期的に取り換えて清潔に保つようにしましょう。

排泄のタイミングを見計らって、頻繁に犬を外に連れ出すこともトイレの失敗を最小限にすることに役立ちます。いずれにしても、犬が家の中で粗相をしてしまっても叱らないようにしましょう。老化によっておこる現象や行動変化は、人にとっても自覚することはショックですし、自覚することさえもできなくなることに恐怖を覚えるものですが、犬にとっても同じで混乱と恐怖を招くものなのです。老犬であることを受け入れて、ちょっとした創造力を働かせたり、お世話のためにスケジュールを調整したり、家族みんなで協力して愛犬も家族もみんなが快適に過ごせるようにしましょう。

認知機能不全の治療

家の中の排泄の問題に加えて、認知症の犬では、飼い主の普段の生活に支障をきたす安眠妨害という難しい問題にも直面させられます。夜間に徘徊するだけでなく、混乱してしょっちゅう吠えたり、遠吠えしたりすることがあります。昼間にできるだけ起きて活動させるようにする工夫(行動学的エンリッチメント)とともに、栄養学的なサポートも考えてみましょう。状況によっては犬の興奮を抑えてよく眠ることをサポートする薬剤などの対策について、獣医師に尋ねてみましょう。

行動学的(環境)エンリッチメントには、パズルのおもちゃやフードが出てくるボールなどを使って犬に精神的な刺激を与える方法などがあります。一緒に楽しめるゲームに犬を誘いましょう。また、運動も日中の睡眠の阻止に役立つだけでなく、精神的な刺激になります。栄養サポートとしては、オメガ-3脂肪酸が豊富なバランスの取れた食事は、健康な脳のために必要な栄養を供給することができます。犬の認知機能のサポートに役立つ可能性のある療法食のドッグフード について、獣医師に尋ねてみましょう。

獣医師は、療法食に加えて、状況や症状の程度に応じて犬の認知症の症状緩和に役立つ薬剤を勧めてくれるかもしれません。薬剤の使い方や起こり得る副作用についてよく話を聴き、指示に従って使用するようにしましょう。定期的に状況を獣医師に報告し、愛犬に合うかどうか相談しましょう。

犬の認知機能不全、いわゆる認知症は、唯一の解決策というものがない、複雑な病気です。できるだけ早い段階で気付いてできることから始めてみましょう。普段からよく愛犬を観察すること、定期的に健康診断を受けることは早期発見に役立ちますし、いろいろな相談をすることもできます。日々のケアは大変なこともありますが、ネガティブな感情は付き合いが長いほど犬には伝わります。笑顔で頑張りましょう!

筆者紹介

ミンディ・コーハン、 獣医師

ミンディ・コーハンは、ペンシルベニア大学獣医学部卒のフィラデルフィア地域の獣医師です。ジェムという名前の保護犬を飼っていて、ポッドキャストでアメリカ南北戦争とエイブラハム・リンカーンについて聴きながらジェムとのハイキングを楽しんでいます。

関連記事

  • 犬がフードを食べた後に吐き出す理由

    犬がフードを食べた後に吐き出す場合の一般的理由と、この問題の対処方法をご説明します。
  • 犬の胃腸・消化器疾患:種類と原因

    180680638 犬にとって辛い胃腸・消化器疾患についてご説明します。症状を見極める方法を学び、適切な治療の重要性を再認識しましょう。
  • 食物アレルギーの徴候

    180680638 特定の食物に対するアレルギーまたは不耐性が疑われる犬に見られるいくつかの一般的徴候と、その場合の必要栄養素の摂取方法をご説明します。
  • 注意すべき犬の鼻の乾燥

    犬の鼻は健康状態を示す指標の一つ。鼻が乾燥、ひび割れ、温かい、赤い、皮むけしている時、鼻水が出ている時の対処方法を学びましょう。

関連商品