犬がフードを食べた後に吐き出す理由

愛犬がフードを食べた後に嘔吐することはありますか?さっき食べたばかりのフードを吐き出したら、当然心配ですが、おなかのトラブルを引き起こしている原因がいくつかあります。

まず、基本を確認しましょう。最近、食事の栄養バランスを変えましたか?家で飼っている別の動物と食事を争っていませんか?最近、草を食べましたか?これらはすべて、食事の後におなかが騒ぎを起こし始める原因になります。フードによってなぜ具合が悪くなるのか、どのような場合に獣医師に相談すべきかを確認しましょう。

新しいドッグフードに変えた

フードを突然変えると、胃腸のトラブルを起こす場合があります。ですから、急激にドッグフードを変える(種類やブランド)と、犬のおなかがびっくりします。新しいドッグフードに切り替える場合は、何はさておき、徐々に行うことが大切です。典型的には7~10日かけてください。フードを変える前に、かかりつけの獣医師に相談しましょう。胃の不調の徴候が続く場合、嘔吐が止まらない場合は、できるだけ早く受診してください。アレルギーまたは食物不耐性である場合、あるいは胃の中の異物、全身性疾患などのより深刻な問題を抱えている場合があります。

ヒルズのドッグフードに切り替えたばかりの方は、最初は少量から始め、100%になるまで徐々に割合を増やしてください。

不安による早食い
Three dogs eat wet dog food off white plates on the patio of a beach villa.

多くの飼い主さんは、フードを食べた後の嘔吐は、その食べ物に対して敏感なせいだと考えますが、必ずしもそうではありません。不安や恐怖も吐き戻しの原因になる場合があります。自宅で一緒に飼われている別の犬と食事を争っていませんか?こうした縄張り意識が早食いを招くことがあり、その結果、 胃に過剰な負担をかけたり、緩衝材として食べ物を正常に飲み込むのに必要な唾液の分泌量が少なくなったりします。そして人間と同じように、緊張やストレスは吐き気を催させ、胃酸の分泌量を増やします。

早食いをすると、フードの大きな塊を時間をかけてきちんと咀嚼しなくなります。また、余分な空気を飲み込みます。このどちらも、吐き戻しまたは嘔吐による逆流の原因になります。不安感のある犬には、可能であれば、他の動物が周囲にいない静かな場所で食事をあげてください。少量のフードから始め、食事の都度、徐々に落ち着き、通常量になるまで、徐々に増やしていってください。

Woman holding a dog in a red collar.

犬の不安感に関係する別の根本的問題が、食べ物をうまく消化できない原因になっている場合もあります。最近、家の中で犬の日常の習慣の妨げになるような変化はありましたか?引っ越したばかりですか?最近、あなたの仕事のスケジュールが変わりましたか?こうした変化は、犬を不安にし、消化系に影響を与えることがあります。こうしたようなことが吐き戻しの原因ではないかと思う場合は、犬への愛情を示し続けてください。ほめてあげ、かわいがり、一緒に遊び、何も問題はないと安心させてください。犬は、時間の経過とともに徐々に変化に適応し、昔の自分を取り戻します。その場合も、もっと大きな問題が現れる前兆ではないことを確認するために、食事の習慣をしばらくよく観察してください。数週間に1度以上の頻度で吐き戻しが起きる場合は、獣医師に相談した方がよいでしょう。別の健康問題による嘔吐の方が不安による嘔吐よりもよく起きます。

味がお気に入り

不安を抱えながらの食事と同じように、フードの味が気に入っている場合にも欲するままに早食いをすることがあります。食事を楽しむのはまったく悪いことではありませんが、吐き戻しをせずに、食べた分の栄養をしっかり取ってほしいと思うのが飼い主心でしょう。

この傾向を抑える一つの方法は、早食いが治まり、自然なスピードに戻ってくるまで、フードを少量ずつ与えること。もう一つの方法は、フードを大きめの平皿やクッキーを焼く鉄板に広げて与えることです。こうすると、一つ一つのフードを探し出し、口に入れるのに時間がかかり、食べた後の吐き戻しの可能性を抑えることができます。フードを取り出すまでにちょっとした労力が必要になるフードやり用パズル玩具もあります。よい運動にもなり、早食いも抑えられます。ただし、与えたフードを全部食べたか、新しいフードのやり方をストレスに感じていないか、観察することをお忘れなく。

最近草を食べた

犬は特に有害作用がなくてもさまざまな理由で草を食べることがありますが、別の理由で体調の悪い犬が草を食べ、胃の内容物を吐く場合もあります。おそらく、不調の原因であろうものはすべて取り除かれているでしょう。犬が草とフードを一緒に吐いた場合、単なる胃の不調であった時はその後回復し、何らかの治療は必要ないはずです。ただし、犬に十分水分補給させ、注意深く観察して嘔吐が続かないこと、ほかに問題がないことを確認してください。

フードや草を食べた後の嘔吐が止まらない場合は、できるだけ早く獣医師か救急動物病院を受診してください。別の不調が存在している可能性があります。感染症や全身性疾患、あるいは胃の中に異物がある、ことによれば胃捻転を発症しているかもしれません。いずれにしろ、早く気付いてあげることで犬は楽になります。

執筆者のプロフィール

Erin Ollila

エリン・オリラ

 

大のペット愛好家。言葉の力を信じ、相手を元気づけ、場合によっては生まれ変わらせるメッセージの力を信じている。書籍またはインターネットで執筆作を発表。詳しい情報は、Twitter(@ReinventingErin) またはウェブサイト(http://erinollila.com)へ。

 

関連するペットケア情報