子犬の行動の意味

執筆: ジーン・マリー・バウハウス
所要時間:

子犬は歩き方や遊び方を学んだり、他の犬の行動を真似たりするとき、同時に犬としての話し方も学んでいます。犬は言葉を使いませんが、ボディランゲージや、その他のしぐさ・行動を通じて、考えていることや感じていることを伝えようとします。子犬のボディランゲージを理解できれば、もっと簡単にコミュニケーションできるようになるはずです。

子犬のボディランゲージの読み取り方

飼い主さんは子犬の表情を見て笑ったり語りかけたりすることが多いのではないでしょうか。でも、彼らの表現力はモフモフの顔だけに留まりません。The Spruce Petsによると、犬は目から尻尾までの全身を使って意思を伝えます。子犬のハスキーは草の中を旋回しながら所有者を見上げます。

: 細めた目や垂れ下がったまぶたは幸福感や喜びを表しています。特になでられているときのような楽しい時間の最中に見られるのが特徴です。大きく見開いた目は警戒心を示します。目を逸らしたりアイコンタクトを避けたりするしぐさは、服従またはストレスのサインである一方、じっと見つめる場合は挑戦であり、自分が優位であることを主張しているサインです。瞳(瞳孔)にも注意してよく見てみましょう。敵意のある子犬の瞳は、まさに攻撃を仕掛けようとするときに散大します。

: 警戒心が高まっている子犬の耳は、直立して前方を向いています。頭の後方に平たく倒れた耳は、恐怖または服従のサインです。耳のボディランゲージのわかりやすさは、耳の大きさや形によって変わることもあります。

: 舌をだらりと垂らした半開きの口は、その子犬が幸せでリラックスしていることを示します。舌でなめたりペロペロと動かしたりするしぐさは、相手をなだめる行動です。他の犬の口やマズル(口吻)をくわえたり噛んだりする子犬は、優位性を主張しようとしています。これらのジェスチャーはかなり読み取りやすいものですが、子犬が歯をむき出しているときには少し複雑になります。唇を上に引っ張り上げて犬歯をむき出しにしている表情は優位性と攻撃性のサインですが、唇を引き離してにっこり笑うように歯を見せているのは服従のサインです。

姿勢: 子犬の姿勢は多くを語ります。自信に満ちた犬や優位性を主張している犬は、背筋を伸ばして歩き、体をまっすぐにしています。優位性を示す姿勢の種類には、他の犬や人などに体当たりをする、押す、寄りかかる、のしかかるなどがあります。不安を感じている子犬は、耳を平たく倒し、頭を下げ、尾をしまい込んで、自身を小さく見せようとします。また、足を上げたり、ゴロンと転がってお腹を見せたりする行動は、なだめや服従の意味があります。ただし、力を抜いてリラックスしていれば、心を許した相手と過ごす快適さの表現でもあります。

被毛:被毛も心の状態を示すことがあります。恐怖を感じたり攻撃的になったりして警戒心が高まっている犬は、逆毛(背骨に沿った毛)を立てます。

: 尾を振るのは幸福と友好のサインと思われるかもしれませんが、それ以外のボディランゲージによっては別の気分を表している場合もある、とThe Spruce Petsは言います。子犬の下半身または全身が尻尾と一緒に揺れているときは、親しい相手に会えて本当に興奮し、喜んでいるサインです。それに対して、もっとゆっくりと尾を振る場合は疑念やためらいを表していることがあります。また、高く掲げて素早く小刻みに尾を振る場合は、恐怖または敵意を表しています。

子犬の成長に伴う行動の変化

子犬のある種の行動は、子犬の現在の発達段階によって生じたものであることもあります。

乳歯と永久歯: 子犬が3週齢ころに物を噛んだりかじったりするとき、それは乳歯が生えてきているしるしです。その後、3〜6カ月齢のころに、攻撃性の高まりとともに激しくかじったり噛んだりするのは、永久歯が生えてきていることを意味する、とCutenessは言います。この時期になったら、子犬に噛むおもちゃを与え、靴やその他の大事な物は子犬の届かないところに片付けたほうがいいでしょう。茶色の子犬、黒い顔、草の中の白い靴を噛みます。

社会化: 4週齢くらいになると、子犬は母犬やきょうだいから離れて遠くまで探検に出向くといった大胆さや好奇心を示すようになります。子犬を初めての人、ペット、物事に慣れる経験を積ませる社会化に最適な時期です。

青少年期:12週齢頃には、優位性を主張してみたり、自分の縄張りを確立しようと試みたりすることが予想されます。飼い主はこの時期の子犬の行動に一喜一憂せず、落ち着いた態度をとると同時に、十分な安心感を与えることも大切です。子犬は6カ月齢までには家族の中の自分の居場所があることを認識するようになるでしょう。

性成熟: 犬種によって多少の違いはありますが、子犬は一般に約6カ月齢で人間と同じような思春期に到達します。メスは人の月経に似た身体徴候を示します。アメリカンケネルクラブによると、この時期のオスは縄張りにマーキングしたり、手当たり次第にマウンティングしたり、家から離れて放浪しようとしたりします。このような性ホルモンに関係する好ましくない行動を減らし、望まない妊娠を避けるための最も一般的な方法は、避妊手術または去勢手術です。今後繁殖の予定がないのであれば、獣医師と相談して検討してみてください。

子犬のしぐさや行動の背後にある意味を認識し、ボディランゲージを読み取れるスキルは、すべての飼い主が身につけたい重要なコミュニケーションの方法です。子犬の気持ちに寄り添い、精神的に落ち着いた犬に育てましょう。愛犬と心を通わせることができれば、生涯続く絆を結ぶためにも役立ちます

Contributor Bio

ジャン・マリー・バウハウス

筆者紹介
ジーン・マリー・バウハウス

 

オクラホマ州タルサ在住のペットオーナーでもあるペットブロガー兼小説家。いつもペットたちに見守られながら執筆活動に勤しんでいる。

関連記事

  • 子犬が吠える理由とは?適切なしつけで対策しよう

    吠えることは犬にとって自然な行動でり、子犬も吠えながら大人へと成長していくものです。でももし吠えるのをコントロールできるとしたら、飼い主や犬だけでなく周りの人達もより幸せになることでしょう。吠える子犬のしつけ・対策についてご紹介します。
  • 子犬の健康チェック

    子犬を健康的に育てるために、自宅でチェックできるさまざまな不調のサインを知っておきましょう。異常が見られたら早めに動物病院を受診してください。
  • 子犬が甘噛みする理由とやめさせる方法

    子犬の甘噛みは困りごとのひとつですが、その理由を理解して、やめさせる方法を学びましょう。
  • うちの子はいつおとなになるの?

    子犬が成犬になりつつある時期を判断する方法を知っていますか? 愛犬の発達と栄養ニーズを満たすためにサポートする方法を学びましょう。