猫の尿路疾患とストレスの関係。尿結石や血尿の予防はストレスケアが大切。

執筆:
所要時間:

猫は気楽な暮らしを送っているように見えて、実はストレスに弱い動物です。尿路系の問題は、愛猫が何らかのストレスを感じている時に最初に現れるサインかもしれません。飼い主はどのような症状が現れ、何をしてあげられるのか知っておくことが大切です。

いつもとちがう排尿行動

猫は幸せで健康な時はトイレできちんと排尿と排便を行います。でも、次のような行動が見られたら、ストレス性の尿路問題(猫の下部尿路疾患)を起こしているかもしれません。

  • 排尿時に力む
  • 尿失禁(尿もれ)がある
  • トイレの外で排尿する
  • 排尿時または排尿しようとしている時に鳴き声を上げる
  • 隠部をなめている
  • 食欲が低下している

これらの症状は、ストレスの限界に達した猫や何らかの病気がある猫でよく認められます。ストレスの初期には、隠れることが多くなった、愛情を示さなくなった、食事の際の行動に変化が現れる、トイレでうんちまたはおしっこのどちらかしかしない、といったサインが現れることがあります。ただし、特に前兆を示さずに排尿問題を起こすこともあります。尿路系のストレスサインが現れたら、かかりつけの獣医師に連絡し、受診が必要かどうか、何か自宅でできることはないか確認してみましょう。

ストレスの原因を見つける

排尿時にいつもと違う行動が見られた場合や常にトイレの外で排尿するようになった場合、愛猫が感じているかもしれないストレスの原因を特定することが大切です。動物病院に症状について問い合わせると、ストレスがないか確認するために次のような質問を受けることがあります。

  • いつ頃から排尿問題が始まりましたか?
  • 最近、食事やトイレを変えませんでしたか?
  • 排尿問題以外にいつもと違う行動はみられませんか?
  • 改築した、新しい家族(ペットや赤ちゃん)が増えた、家族の誰かが亡くなったなど、家庭内で何か大きな変化はありませんでしたか?

もう一つ考慮に入れておきたいことは、自分自身の状態です。猫は飼い主の感情に敏感なため、ご自分についても確認してみましょう。最近、ストレスを感じていませんか?ストレスが日常習慣に支障をきたし始めていませんか?あなた自身の日常習慣に変化があった場合、おそらく猫の日常習慣にも何か変化があるでしょう。人のストレスでは、過眠や不眠といった症状がよくみられます。こういった飼い主の変化に気づいた猫は自分もストレスを感じるようになり、排尿問題として現れることがあります。

短期と長期のストレス

引っ越し、新しいペットといった大きな変化は一時的なストレスの原因になります。多くの猫はある程度の時間が経てば自然と慣れていきますが、ストレスが長引き、排尿問題を起こすようになる猫もいます。ストレスの原因をすぐに特定し、必要なケアを行ってあげれば、排尿問題も速やかに解消していくでしょう。

問題は、簡単に解決できないストレス状態が長期の間続き、それが排尿問題を起こしている場合です。科学サイト Live Scienceによると、もっとも多い長期的なストレスは同居猫との相性が合わないことだと研究者によって報告されているそうです。新しいペットを迎えるにあたっては、慣れるまでに時間がかかり、一時的なストレスを生じることが予想されますが、緊張関係が続くとストレス性の排尿問題を起こすようになり、誰にとっても不衛生な環境になりかねません。

愛猫のためにできること

排尿問題を起こすようになったら、動物病院に連れていく必要があるかもしれません。ストレスの原因に合わせて、排尿問題を緩和し、再び調子を取り戻すのに役立つ薬剤や療法食が処方されることがあります。処方薬や処方食に加えて、すべての猫が穏やかに過ごせるよう飼育環境を改善する方法をアドバイスしてもらえるかもしれません。仲の悪い猫がいる場合は、食事を別々に与え、トイレや寝床も別にし、ストレスを感じた時に隠れる場所を作ってあげることができます。

そこまでしなくても、愛猫と過ごす時間をもう少し増やし、温かい気持ちで接して安心感を与えるだけで十分なこともあります。トイレや家の中を清潔に保ち、水分をたっぷりと摂取させることも、ストレスを緩和し、排尿問題を軽減・解決するのに重要です。残念ながら、排尿問題が緩和されるまでに数週間から数ヶ月かかることもよくあります。

排尿問題の原因になっているストレスを特定し、ストレスの原因を減らすことができたら、ストレスにうまく対処できるようケアしていくことも大切です。自分自身のストレス対策も忘れずに!あなたと猫のストレスを同時に解決するクリエイティブな方法の1つは、一緒にヨガを行うことです。ペットのための総合サイトPupcycledによると、大都市圏ではペットヨガ教室を開催していることがあり、他の猫や犬とうまくやっていける猫ならとても良いアイデアでしょう。独りが好きな猫なら、家庭で一緒に楽しめるペットヨガの動画をインターネットでも探すことができます。

愛猫のストレス管理においてもう一つ非常に大切なことは、一貫性を維持することです。日常習慣の変更や生活の大きな変化(引っ越し、新しい家族や動物など)を予定している場合は、好きな道具やおもちゃを探し、来る変化に対して準備しましょう。いつもより少し可愛がってあげることで、安心感を与えるのに役立ち、変化から気を逸らしやすくなることがあります。また、トイレをいつも清潔に保ち、リラックスできる静かな場所を作ってあげるようにしましょう。

ストレス状況に事前に備え、初期のストレスサインを見逃さないようにすれば、排尿問題を未然に防ぎ、より健康で幸せな生活を送ってもらうことができるでしょう。

筆者紹介

クリッシー・クリンガー

クリッシー・クリンガー

 

クリッシー・クリンガーは、2人の子供を持つ母親であり、犬3頭および猫1頭と一緒に暮らしながら、家族とペットの絆を深めより楽しく一緒に暮らしていくための記事を執筆しています。教育活動や執筆を行っていない時は、家族との時間を大切にし、旅行を楽しんでいます。

 

関連記事