オス犬の発情とは?

執筆: エリン・オリラ
所要時間:

メス犬が発情することはよく知られていることかと思いますが、オス犬についてはどうでしょうか。犬の発情期にメスとオスとの違いがあるのでしょうか。ここでは、飼い主が知っておくべき犬の発情周期についてご紹介します。

オス犬の発情とは?

オス犬も発情するのでしょうか。答えは、 「いいえ」です。「発情(期)」というのは、メス犬の発情周期(発情から発情まで)のうちオス犬との交尾を受け入れるようになる時期を指します。アメリカンケネルクラブ によると、オス犬には発情期というものはなく、生後6か月頃に生殖可能となった後のオス犬は年中いつでも交尾することができます。

Dog sniffing the hind quarters of another dog.

メス犬が初めて発情する時期は犬種や体格によって異なりますが、一般に多くの犬は生後6か月頃に性成熟に達すると言われています ― 生後4か月という早い時期に発情を迎える犬もいる一方で、大型犬と超大型犬は最初の発情周期を迎えるまでに2年近くを要することもあります。犬の発情周期は犬種や個体差もありますが、概ね6~8か月ごとに訪れ、約3週間程度続きます。発情中のメス犬には、外陰部の腫れ、膣からの出血、いつもより頻繁に排尿したり、全体的に落ち着きがない様子が見られます。そして、オス犬を引きつけやすくなります。

発情中のメス犬が周囲にいる場合のオス犬のケア

オス犬が発情することはないというのは前述のとおりですが、メス犬が発情すると、それはオス犬に大きな影響を与えます。

発情中のメス犬は、メチルp-ヒドロキシベンゾエートと呼ばれるフェロモンを放出します。これはオス犬が嗅ぐと、性的に興奮することが示されている物質です。このフェロモンに対する反応は個体差があり、そこまで反応しない個体もいるかもしれませんが、一般的には去勢されていないオス犬が、発情中のメス犬の匂いを察知すると、もうそれしか考えられなくなり、そのメスが発情している間中、オスは食べることをやめ、マーキングを増やし、どんどん攻撃的になり、メスを徹底的に追いかけるというような行動がみられます。具体的には、どんなにしつけがされている犬でも、脱走を繰り返したり、食欲不振になったり、遠吠えしたりすることがあります。これは犬の本能であり、生理学的にどうしようもないことなのです。

未去勢のオス犬を飼っていて、近くに避妊処置されていないメス犬がいる場合、繁殖を考えていない限り、その犬の発情中にはできるだけ遠ざけて、脱走できないようにしっかりと管理しなければなりません。また、ストレスが発散できるように、愛犬だけでできる運動や活動をたっぷりさせて、できるだけ気をそらしておくように工夫します。

去勢手術の効果

Jack Russell Parson dog runs in a field of grass.
オス犬の去勢手術は、マーキング、マウンティング、放浪といった多くの性ホルモンにまつわる好ましくない行動を抑えるのに役立つと言われています。ある種の攻撃性を減らせる場合もあります。去勢手術 はまた、前立腺肥大、肛門周囲の腫瘍や会陰ヘルニア、精巣腫瘍といった疾患のリスク減少にも役立ちます。

いかがでしたか。オス犬に発情というものは無く、メス犬によって反応することがご理解いただけたでしょうか。未去勢のオス犬の行動には、性ホルモンに関係していることも多く、問題となる行動を改善するのにはしつけやトレーニングだけでは難しいこともあります。困ったり気になったりすることがあれば、獣医師に相談するようにしましょう。

Contributor Bio

筆者紹介

エリン・オリラ メッセージが持つ言葉の力は受け手に伝わり、時に大きな変化をもたらしうると信じる、ペットに夢中のライター。インターネット、出版物と活動の場は広く、執筆内容はインタビュー、代筆、ブログ、独創的なノンフィクションなど、多岐にわたります。SEO(検索エンジン最適化)、ソーシャルメディア全般にも詳しく、フェアフィールド大学でクリエイティブ・ライティングのMFA(美術学修士)を取得しています。ツイッターは@ReinventingErin。さらに詳しい情報はホームページのhttp://erinollila.comで入手可能です。

関連記事

  • 子犬が吠える理由とは?適切なしつけで対策しよう

    吠えることは犬にとって自然な行動でり、子犬も吠えながら大人へと成長していくものです。でももし吠えるのをコントロールできるとしたら、飼い主や犬だけでなく周りの人達もより幸せになることでしょう。吠える子犬のしつけ・対策についてご紹介します。
  • 子犬の成長カルテ:子犬が成犬に成長するまで

    子犬は、いつ固形のフードを食べ始めて、いつワクチン接種が必要になるでしょうか。子犬の成長過程を知って、愛犬が今どの発達段階にいるかを確認してみましょう。
  • 子犬の健康チェック

    子犬を健康的に育てるために、自宅でチェックできるさまざまな不調のサインを知っておきましょう。異常が見られたら早めに動物病院を受診してください。
  • 犬の気持ちがわかる12の行動とは?食糞やあくび・穴掘りなどの意味

    犬の行動には意味があります。「犬語」が分からなくても犬の行動の原因を探ることは大切です。たとえば「噛む」という行動が深刻な問題になることもあります。行動に注意を払えば、問題を解決できるかもしれません。